日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





約4年ぶりのジャームッシュ。

前作は「リミッツ・オブ・コントロール」(2009年09月08日当ブログで記事アップ)
<舞台がスペインのマドリッドで、各シーンで工夫はみられたものの、マジック度数が薄く、
<過去の作品に比べて「オーラ」を明らかに発していない。次に期待します。
ざっと上記のような感想だった。


さて今回。
相変わらずのノイジーなサウンドにのって登場するは、ティルダ・スウィントンとトム・ヒドルストン。
彼らはなんと吸血鬼!
ただし21世紀を生きる、「現代」の吸血鬼。
そしてこの2人が、この設定に凄~くハマっているのだ!

ティルダ・スウィントン(写真)も美しいが、特にいいのがトム・ヒドルストン。
彼はアメコミ映画化の「マイティソー」の兄役の印象しかなかったが、今後一気にブレイクしそう。
彼の醸し出す上品さが、何世紀も生きてきたインテリ吸血鬼の気品を説得力を持って表現している。


この吸血鬼たちがどう現代を生き延びているかは、観てのお楽しみだが、ひとつだけ。
彼らは、一般の世界に住む人間達を「ゾンビ」と呼んでいるのだ!

過去「高いレベルのインテリジェンスを、大衆が葬り去ったか」が彼らのトラウマになっている。
日々、この憐憫の気持ちを抱えて生き伸びているのだ。
元々、アウトサイダーを表現し続けているジャームッシュだけに、ズバリとハマっている!


年明け一発めとしては、おおいに満足した。
お勧め!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 14 )



« ボーンシリー... これはいいニ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (佐藤秀の徒然幻視録)
ヴァンパイアは量子力学を操る? 公式サイト。原題:Only Lovers Left Alive。ジム・ジャームッシュ監督、トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ、ジョン・ハー ...
 
 
 
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ/トム・ヒドルストン (カノンな日々)
『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュ監督が『リミッツ・オブ・コントロール』以来になるという最新作です。予告編は一度も目にする機会がありませんでしたが、 ...
 
 
 
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 2013年12月2日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 を試写会で鑑賞しました。 思えば長く生きたもんだという、ヴァンパイアの話(笑) 【ストーリー】  吸血鬼でありながら、どんな弦楽器でも弾くことができるミュージシャンとして活動中のアダム(トム・ヒドルストン)。ア...
 
 
 
ジム・ジャームッシュ監督『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(Only Lovers Left Alive)』トム・ヒドルストン、ティルダ・スウ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ブロークン・フラワーズ』『リミッツ・オブ・コントロール』のジム・ジャームッシュ監督約4年ぶりの新作『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(Only Lovers Left Alive)』出演はトム
 
 
 
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ONLY LOVERS LEFT ALIVE】 2013/12/20公開 アメリカ/イギリス/ドイツ 123分監督:ジム・ジャームッシュ出演:ティルダ・スウィントン、トム・ヒドルストン、ミア・ワシコウスカ、アントン・イェルチン、ジェフリー・ライト、スリマヌ・ダジ、ジョン・ハート 世紀を越...
 
 
 
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 (ラムの大通り)
(原題:Only Lovers Left Alive) ----ニャんだか、舌を噛みそうなタイトルだけど、 これって、ジム・ジャームッシュ監督の新作ニャんだって? 「そう。 それもドラキュラ映画なんだ」 ----へぇ~っ。 ドラキュラっていうと 映画では、 これまで耽美的に作られていた気が...
 
 
 
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ/ ONLY LOVERS LEFT ALIVE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「コーヒー&シガレッツ」「ブロークン・フラワーズ」など こだわりの楽曲と独自の世界観でジム・ジャームッシュ監督の4年ぶりの最新作は、 7年間温めていたというヴァンパイア ラヴ・ストーリー ジ....
 
 
 
映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-2.オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ■原題:Only Lovers Left Alive■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス・ドイツ■上映時間:123分■料金:0円(1カ月FP9本目)■観賞日:1月3日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督・脚本:ジム・ジ...
 
 
 
「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Only Lovers Left Alive」 2013 UK/ドイツ/フランス/キプロス/USA アダムに「戦火の馬/2011」「ミッドナイト・イン・パリ/2011」のトム・ヒドルストン。 イヴに「フィクサー/2007」「倫敦(ロンドン)から来た男/2007」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生...
 
 
 
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (とりあえず、コメントです)
現代に生きるヴァンパイアを描いたジム・ジャームッシュ監督の最新作です。 ティルダ・スウィントンとトム・ヒドルストンの映る予告編を観て、うわっ妖し過ぎる~と気になっていました。 気だるそうに夜の時を生きる彼らの姿とダークな音楽に、異世界に引き込まれるような...
 
 
 
眠たい、気だるい、でもなんかいい。(≧∇≦)b~「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」~ (ペパーミントの魔術師)
実際に映画鑑賞したのは1週間ほど前だし、 ぶっちゃけ、前日に3時間ほどしか眠れなくて所々オチた。 おまけに音楽がなんとも言えずかったるい。(わわわわわ) 別にヘビメタが聞きたかったわけでもないし、 クラシックはさらに辛かったりするひとなんだけども(え) ・...
 
 
 
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (心のままに映画の風景)
デトロイトのアンダーグラウンドで、カリスマ的な人気を誇るミュージシャンのアダム(トム・ヒドルストン)は、人間と共存している吸血鬼だった。 ある日、モロッコのタンジールに暮らす妻イヴ(ティルダ・スウィントン)がアダムに会いに来た。 2人は吸血鬼であり...
 
 
 
アダムとイヴ~『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 (真紅のthinkingdays)
 ONLY LOVERS LEFT ALIVE  タンジールに暮らすヴァンパイアのイヴ(ティルダ・スウィントン)は、デトロイト に住む夫・アダム(トム・ヒドルストン)の元へ飛ぶ。何世紀もの間、愛し合って きたふたり。  ジム・ジャームッシュ。オフビートな、独特...
 
 
 
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ ★★★ (パピとママ映画のblog)
『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュが、『リミッツ・オブ・コントロール』からおよそ4年ぶりに放つ監督作。何世紀も恋人同士として生きてきた吸血鬼の男女が、突如として現われた女の妹と対峙(たいじ)したことで生じる関係の変化を追い掛けていく。....
 
 


 
編集 編集