日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

さて、アメリカの本格的音楽フェスへの初めての参戦で、面白かった出来事をシリーズでお届けしましたが、お楽しみいただけたでしょうか?

フェス気分、を出来るだけお伝えすべく、一気に駆け抜けました!(笑)

 

 

最後にもう一度、この Governors Ball NY について、まとめてみます。

 

まずアクセス。

Randall's Islandは、NYのマンハッタンの北側とクイーンズの間の島。

 

アクセス方法は3つ。

1.ハーレムから直通バス

2.ウイリアムスバーグから直通バス

3.直通フェリー

 

ハーレムからが何と言っても楽で、駅から直結でバスに乗れる。

あとで調べても、これほどアクセスが楽な音楽フェスは存在せず!

 

 

 

次にステージ。

 <ステージが4つあり、2つがペアでコンサート開始、終了を

<時間でシンクロさせコントロール。

 

<このため、お目当てのアーティストは、早めに前を切り上げること、

<かなりのいいポジションを確保出来てGood

(日本フェスでも、こうなのだろうか?)

 

あとで調べたら、このGovernors Ball ほど各ステージ間の移動が楽なフェスはアメリカだけでなく、フジロックも含め皆無!

よく出来てました。

 

 

<雑誌ロッキングオン、NY在住の中村明美ブログ「ニューヨーク通信」。

<全くと言っていいほど、注目しているアーティストが違う!

 

<中村明美ブログ= Chance the RapperLORDECHILDISH GAMBINO

<当ブログ = Beach House、CHARLES BRADLEY AND HIS EXTRAORDINAIRES、ROYAL BLOOD(この2人組はまた機会があったら...)

 

ほとんどカスってない(笑)

ここもフェスならでは?!

様々なアーティストをチェックするチャンスがあるって素敵!

 

<今回、ラップ・アーティストが随分出演していて、できるだけ積極的にみた。

<これもフェスの楽しみ方(それだけじゃ行かないし 笑)

 

ミニ・ライブがあったり、マサラムービー・ダンスがあったり、出演アーティスト以外にも面白いことが沢山。

また、メルティングポットNYならでは開放的な雰囲気があったように感じる。

今回、食べ物にはふれなかったが、意外にバラエティに富んでおり、まあ良かった。

 

 

結論:Governors Ball NY は、音楽フェス初心者にとって、アクセスは勿論、メルティングポットNYならではでお勧め!

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 初・音楽フェ... 映画:トリプ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


 
編集 編集