日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

「インターステラー」「ダラス・バイヤーズクラブ」でグッと男を上げた マシュー・マコノヒー 主演。

演じるは、アメリカの南北戦争時代、リンカーン大統領の奴隷解放宣言よりも早く、白人黒人の平等「自由州」を設立した実在の男。

その名は = ニュートン・ナイト。

(当ブログはこの人物について、この映画で初めて知った)

この組合せは期待できそう!

 

 

冒頭は、戦争シーン。

衛生兵だったニュートンは、戦死した甥の遺体を故郷に届けに軍を脱走。

終われる身となってしまう。そして酒屋のおばさんの手引きで、脱走黒人奴隷が住む沼に引き取られる。

そこでの生活を通し、ニュートンは白人黒人という視点よりも、南軍北軍の矛盾に目覚める。

そして…

 

というストーリーなのだけれど、大河ドラマのように長い(笑)

ニュートンの人生はこの後、苦闘に満ちたもので、その闘いが一生続く。

最初の妻は白人だったが、逃げられたあと2人目の妻は黒人で、その時代ではご法度。

黒人の自由への闘いでもあり、自分の家族を守らなければならない人生だったのだ!

 

 

このため、彼の人生のどこかのパートにフォーカスしないとやや長ったらしくなる。

この映画はそこが絞りきれなかったらしく、上映時間が 2時間20分 になってしまった。

(当ブログは2時間を超えた映画には急に厳しくなる傾向がある)

 

せっかく凄い人生を送ったニュートンという素晴らしい素材と、素晴らしいアクター(マコノヒー以外も良い)が揃えた。

にもかかわらず、当ブログは残念ながら煮え切らず、どこか「惜しい」印象が残ってしまった。

ある視点を軸にプロットを構成しているのだが、その軸がイマイチ弱く 締まらない。

製作・演出の力量が、この男のスケールに負けてしまったか ?


このためかアカデミー賞にからむと期待されていたようだが、ノミネーションはなかった… 

トランプが差別的な大統領令を出した完璧なタイミングでの公開にもかかわらず… 

う〜ん、惜しい1本 。。。


(でも初めてニュートンという凄いオトコを知ったのは収穫)



コメント ( 2 ) | Trackback ( 4 )



« NHK-BS:アス... ハドソン川の... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (atts1964)
2017-02-21 09:15:18
確かに戦争終結で終わるかな?と思いましたが、その先も、特にKKKまで出てきたところは引っ張りましたね。
でも初めて知ったニュートン・ナイトが知れた貴重な作品ではありました。
 
 
 
おっしゃる通り (onscreen)
2017-02-21 09:42:43
<初めて知ったニュートン・ナイトが知れた貴重な作品ではありました。

御意!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ショートレビュー「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
自由の民として、生きる。 南北戦争下のミシシッピ州、ジョーンズ郡。 
戦死した甥の遺体を母親に届けるために南軍を脱走し、やがて沼地の奥に脱走兵と逃亡奴隷のサンクチュア......
 
 
 
ニュートン・ナイト (映画的・絵画的・音楽的)
 『ニュートン・ナイト  自由の旗をかかげた男』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)『ダラス・バイヤーズクラブ』のマシュー・マコノヒーの主演作というので映画館......
 
 
 
ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男 (atts1964の映像雑記)
2016年作品、ゲイリー・ロス監督、マシュー・マコノヒー主演。 1862年、南北戦争の最中、南軍の衛生兵ニュートン・ナイト(マシュー・マコノヒー)は、負傷兵を陣地まで運び、......
 
 
 
ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男★★★ (パピとママ映画のblog)
「シービスケット」「ハンガー・ゲーム」のゲイリー・ロス監督が、南北戦争当時、自由のために立ち上がり、貧しい白人や逃亡した黒人奴隷たちを率いて南軍に反旗を翻し、“自由州......
 
 


 
編集 編集