日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



3・11後、にわかに高まる原発廃絶の声を中心に、エネルギー論争が巷に溢れている。
この本では3・11を踏まえた上で、「歴史」と「データ」から、このエネルギー問題の本質を説き起こすという作業をしている。


前半の第1章から第2章までが、その部分にあたる。
エネルギーという視点からの「人類史」「文明史」になっていて、非常に読ませる。
この部分だけを抜き出して加筆強化し、上下刊のハードカバーで読みたい感じ。
(例えば「マネーの進化史」のように)
それくらい面白い。
その議論の上で第3章に入ると、エネルギー論争に入り込んでいる欺瞞をあぶり出している。
ここも読んでいて実に痛快!(本の論調はあくまでも冷静かつ論理的)

第4章からは、副書名:天然ガスと分散化が日本を救う、であるように、彼の結論としての天然ガスの話に。
世界的に進行している「ガス革命」に乗り遅れるな、という筆者の主張は、前半の議論が精緻なだけに非常に説得力があった。


上記のような感想になったので、自分的には、新書としては今年ベストワンの面白さかな、と。
(と言いつつ、あわてて自分の過去ログをチェックする私 → やっぱ、そうだ!)
オススメ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« タイガー復活... ドラえもんが... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


 
編集 編集