日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



28年ぶりの新作「トロン・レガシー」。
第一作(1982年)「トロン」は、会心の出来とは言いがたいが、ユニークさで記憶に残る映画だった。
「デジタル・ワールド」がまだ想像しにくい状況の中、その独特の、つるっとした世界を明確に提示していたのだけど、今回は?!
前回、このプロモーションをチェックしたときの「期待と不安」(2010-11-22 )をベースに。


<予告編を見る限りでは、「ちょっと微妙」
<戦闘シーンが技術のシンポによって、よりリアルになったことで
<逆に「その独特の、つるっとさ」がなくなっている。

この不安が的中。
バイクが分厚くなって、妙にリアルすぎ(笑)
妙に現実っぽくて残念。

逆の意味で気持ち悪いのが、×2役演じるジェフ・ブリッジス。
それは、(61歳の)現在のケヴィンと、30代のころのケヴィン。
CGによってこれを実現してしまった(驚き)
たた、よくできているのだけど、それでもまだゲームの主人公みたい。
最新の技術を使っても、やはりウソっぽいのだ!

このリアルっぽさとウソっぽさのバランシングが、個人的には真逆に悪くふれてしまった。


<さらに、ディズニーだから「奇想天外な展開・エンディング」というのも期待できないような

前作もそうだったが、前半はテンションが異様に高いのだが、どんどんと失速していく。
今回はいきあたりばったり(にしかみえない)主人公の行動に、シラケが超加速(笑)
キャラ設定自体も、旧作をみていないとついていけない内容だし。


<唯一の期待?は、音楽がDaft Punkなこと。
<これは実に「イマっぽい」し、実際ブースで流れていた音が、めっちゃカッコよかった!
<前回、音楽はほとんど印象がなかったからして。

そのカッコ良かったフレーズが登場するのは、ほんの一瞬(涙)
そんな音が、もっとブリブリと暴れまくると期待していただけに......
そりゃないだろ~....


結果、新年早々からワースト候補入り....
映画というより、「アトラクション」をみたとあきらめるしかない。
もともと3Dがあまり好きでないことも手伝い、こういう評価になってしまった。
アバター(2009-12-29)は良かったけど....

ソーシャルネットワーク評(2010-12-20)でも書いたが、
<2010年はズッカーバーグの年でもあり、映画ソーシャルネットワークの年だったのだ!
<(トロンは未見だが、あれが今年を代表する1作とはとても言えないだろう...)

この予感が確信となってしまった、新年早々の映画鑑賞だったのだ!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 43 )



« 「ブログでサ... 読後評:バイ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (リバー)
2011-01-07 00:15:56
TB ありがとうございます。

あらら、ダメでしたか
僕はエンタテイメント作品として かなり楽しめました

3Dもすごくて 世界観に引き込まれましたね
 
 
 
期待が高すぎました! (onscreen)
2011-01-07 08:03:11
その結果、こういう評価になってしまいました。
映画鑑賞も、むずかしいですね。
なるべく、まっさらな状態でみれたらいいな~って時々思います。

「アニーホール」がお気に入りとのこと、
「人生万歳!」もそうとうに笑えますよ~
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『トロン:レガシー』 | ほんとに3Dって必要? (23:30の雑記帳)
ひとことでいうと、もったいない傑作。 映画館で、本作の予告(2Dデジタル)が 流れるたびに興奮していました。 3Dが改良されたらしいということで 勇んで観に行ったので ...
 
 
 
トロン:レガシー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:TRON:LEGACY。ジョセフ・コシンスキー監督、ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド、ボー・ギャレット、ブルース・ボックスライトナー ...
 
 
 
映画「トロン:レガシー(3D 字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『トロン:レガシー(3D 字幕版)』(公式)を、本日(12/17)鑑賞。初日第1回目の上映で、観客は20名ほど。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら80点。 因みに、『トロン(1982)』は、当時劇場にて初日に鑑賞した。当時、高校生で進...
 
 
 
トロン:レガシー (Akira's VOICE)
没頭は,ほどほどに。
 
 
 
《 トロン:レガシー 》 (映画 - K'z films -)
「父が創ったこの世界は 人類の未来を変えるはずだった...」 [Official] 本格的にCGを取り入れた作品として注目された、1982年製作の映画『トロン』の続編となる本作。(どちらもウォルト・ディズニー・ピクチャーズ配給。)前作は観ずに観賞してみましたが、存分に楽...
 
 
 
トロン:レガシー (LOVE Cinemas 調布)
1982年にジェフ・ブリッジス主演で世界で始めてCGを本格的に使った作品として知られている『トロン』の続編。20年前に失踪した父の後を追い、電脳世界へと入り込んだ息子サムが、父と協力してプログラムたちと戦う姿を描き出したSFムービーだ。前作同様ジェフ・...
 
 
 
トロン:レガシー (とりあえず、コメントです)
1982年製作のSF映画「トロン」の続編です。 前作は未見ですけど、当時としては斬新な映像とストーリーで話題になったと聞いていました。 新たに創造された“トロン”には、ダークで地底の中のような世界が広がっていました。
 
 
 
トロン:レガシー (Memoirs_of_dai)
ブルー&オレンジ&ブラック 【Story】 デジタル業界のカリスマ、ケヴィン・フリン(ジェフ・ブリッジス)が謎の失踪を遂げてから20年たったある日、27歳に成長した息子サム(ギャレット・ヘドランド)...
 
 
 
[映画『トロン:レガシー(3D)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~ん、なかなか面白かったですね。  ポイントは五つ。  最新の技術で二昔前の電脳内世界(一種のモノクロ)を描いていて、新しいのにノスタルジックな雰囲気を持つ(レトロ・フューチャー)。  斬新な異世界造型(舞台・各種メカニック...
 
 
 
「トロン:レガシー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 1982年に公開され、世界初の本格CG技術導入で話題になったSF大作の正統続編。  まずなにより、ベクタースキャンを彷彿とさせる光のラインが特徴的な、サイバーチック全...
 
 
 
トロン・レガシー 3D日本語吹き替え版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
現実でないプログラムだけの世界の完成度がすばらしくて、ただ圧倒されるだけだった。ストーリーはいわゆる父親を踏み越えて大人になるスタンダードなものだけど、3Dで描かれた世界に引き込まれそうになった。
 
 
 
『トロン:レガシー』・・・作品の持つ世界観にようやく映像が追いついた (SOARのパストラーレ♪)
コンピュータ・システムの内部に創造された世界。人間の姿で存在しているのは皆プログラムたちという奇抜にして壮大なこの概念が、27年前に既に描かれていたことにまず驚かされる。本作が見せる世界観はまさに21世紀を生きる現代人なればこその発想ではないか。 恥ずかし...
 
 
 
トロン:レガシー 3D リメイクでなかったのだ・・・(゜_゜i)タラー・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=1 -0-】 1月1日元旦は映画の日、ファースト・ディ割引の日、初詣に行きがてら今年最初の映画を観に行く。 初詣に関しては失敗だった、梅田で映画を見終わって大阪天満宮までプラプラ歩いていったんだけど、8時半で閉門していた。 神社って24時間オ...
 
 
 
トロン:レガシー/TRON LEGACY (いい加減社長の映画日記)
最初、予告編を観たときは、「どうしようかなぁ」と迷ったんだけど。 ディズニーだし、はずれはないかな、と思って、「トロン:レガシー」を、公開日に鑑賞。 「
 
 
 
『トロン:レガシー』懐かしのバーチャル空間へ (コナのシネマ・ホリデー)
「これ、これ!この世界が見たかった!!」懐かしの『TRON』、その続編『トロン:レガシー』を観て来ました。すご~い。完璧な世界観。あの時出来なかったことが、ここまで表現できるようになったんだなぁ。しかも、3Dだし。もう、感無量。でも、
 
 
 
コンピューターの世界というよりは・・・。『トロン:レガシー』 (水曜日のシネマ日記)
20年前に失踪した父親が創造したコンピューターの世界へ挑む青年の物語です。
 
 
 
「トロン:レガシー」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「トロン:レガシー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジェフ・ブリッジス、ギャレット・ヘドランド、オリヴィア・ワイルド、マイケル・シーン、ボー・ガレット、ブルース・ボックスライトナー、他 *監督:ジョセフ・コシンスキー 感想...
 
 
 
トロン:レガシー IMAX 3D【吹替版】 (小部屋日記)
Tron: Legacy(2010/アメリカ)【劇場鑑賞】 ...
 
 
 
バーレスク (C'est joli~ここちいい毎日を~)
バーレスク'10:米◆原題:BURLESQUE◆監督:スティーブ・アンティン「告発の行方」◆出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリスティン・ベル、スタンリー・トゥッチ◆STORY◆成功 ...
 
 
 
トロン:レガシー (ハクナマタタ)
前作トロンをみたのは20年以上前 あやふやな記憶のまま、臨もう そんなどうでもいい決意をして観にいった わたしの嗜好 win95、98や2000 よくパソコンのデフラグをしました 規則正しく並んだ配列が赤になり緑になり薄水色に変わってゆく そ...
 
 
 
「トロン:レガシー」インプレッション  (net@valley)
 「トロン」は1980年代の作品で劇中のCGが話題になった。  ディズニーが実写に転向しだした頃の作品でそこも注目を浴びた点だったように思う。 話題になったがあ
 
 
 
『トロン:レガシー』 #namacine #TRONmoviejp  (kuemama's_webryblog)
【TRON: LEGACY】 2010年/ディズニー/分 【オフィシャルサイト】 監督:ジョセフ・コシンスキー 音楽:ダフト・パンク 出演:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド、マイケル・シーン、ボー・ガレット、ブルース・ボックスライト...
 
 
 
トロン:レガシー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
コンピューターの中に作りだされた究極の世界とは?3D映像表現の新たな可能性に挑むSFアクション!物語:1989年、デリンジャーからスペースパラノイドの権利を奪還し出世 ...
 
 
 
『トロン:レガシー 3D 』字幕版 (Matthewの映画日記?)
予告を見て楽しみにしていた『トロン:レガシー 3D 』を観てきました。 あらすじは、 デジタル業界のカリスマとして名...
 
 
 
トロン:レガシー 3D (そーれりぽーと)
3D映画ブームを映画の改革と意識しての企画なんでしょうか、今更『トロン』の続編の登場です。 どうせなら『アバター』より前のタイミングでCG映画革命に続いて3D映画革命的な役割でやって欲しかったんですけど。 『トロ...
 
 
 
これぞ、3Dの醍醐味 (笑う学生の生活)
23 日のことですが、映画「トロン:レガシー」を鑑賞しました。 3D作品 初めて IMAXにて鑑賞しました いやー、すごい まさに映像体験とはこのことで 正直
 
 
 
映画『トロン:レガシー』 (健康への長い道)
 独創的な映像が話題のVFX大作『トロン:レガシー』をTOHOシネマズ梅田にて。 Story 1989年。デジタル業界のカリスマにして、巨大企業エンコム社のCEOケヴィン・フリンが7歳の息子サムを残して失踪する。20年後、サムは27歳の若者に成長していたが、父に捨てられた哀し...
 
 
 
トロン:レガシー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:TRON: LEGACY) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 1982年に世界で初めてCGを本格導入して製作された「トロン」(原題:TRON)の続編。 失踪した父が創り上げたコンピュータの内部世界に入り込んだ青年が、人類の存亡を脅かす敵と死闘を繰り広げるSF...
 
 
 
シネトーク46『トロン:レガシー』●電脳バトルはグーッ! でもお話はブーッ! (ブルーレイ&シネマ一直線)
映画バカコンビ てるお と たくおの ぶっちゃけシネトーク 映画好きな2人が話題作を斬る!・・・・ほどでもないシネマトーク  シアター46/『トロン:レガシー』の回 監督:ジョセフ・コシンスキー 製作:スティーヴン・リズバーガー他 音楽:ダ...
 
 
 
シネトーク46『トロン:レガシー』●電脳バトルはグーッ! でもお話はブーッ! (ブルーレイ&シネマ一直線)
映画バカコンビ てるお と たくおの ぶっちゃけシネトーク 映画好きな2人が話題作を斬る!・・・・ほどでもないシネマトーク? シアター46/『トロン:レガシー』の回 監督:ジョセフ・コシンスキー 製作:スティーヴン・リズバーガー他 音楽:ダフト・
 
 
 
映画『トロン:レガシー/TRON: LEGACY』 (オタマ・レベルアップ)
映画『トロン:レガシー/TRON: LEGACY』を見たよぉ~ オフィシャル・サイト http://www.disney.co.jp/tron/ メディア 映画 上映時間 125分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2010/12/17 ジャンル アクション/SF 解説・・・ 世...
 
 
 
映画『トロン:レガシー、3D字幕版』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-81.トロン:レガシー■原題:Tron:Legacy■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:126分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:12月19日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■料金:1,...
 
 
 
「トロン:レガシー 3D」 先達者が再吸収する映像新技術 (はらやんの映画徒然草)
前作「トロン」が制作されたのは1982年。 28年も前の作品となるわけです。 タ
 
 
 
【トロン:レガシー】3D吹替版 (日々のつぶやき)
監督:ジョセフ・コシンスキー 出演:ジェフ・ブリッジス、ギャレット・ヘドランド 「サムの父親でエンコム社のCEOであるケヴィン・フリンが突然姿を消した。それから20年、年に一回会社に顔を出す以外エンコム社とは縁のない生活をしている27歳のサムに、今は使わ
 
 
 
『トロン:レガシー』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 トロン:レガシー 』 (2010)  監  督 :ジョセフ・コシンスキーキャスト :ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド、マイケル・ シーン、ボー・ギャレット、ブルース...
 
 
 
■映画『トロン:レガシー』 ()
父の創りだした電脳世界に入り込み、父と同じ顔をした男と戦う運命を担った若者。 電脳世界で、小さなバグをも許さず、誤ったバグを強制的に排除しようとするプログラムと、突然変異で“意志を持ち”“自由に動き始めた”プログラムの戦い。 こう聞くと、なんだかいろ...
 
 
 
「トロン:レガシー」 (或る日の出来事)
デジタルな世界、なかなか面白く観た。 味方の彼女(オリヴィア・ワイルド嬢)もよかったなあ。
 
 
 
「トロン:レガシー」3Dの魔力 (ノルウェー暮らし・イン・London)
昨年末、せっかく劇場で観たのにそのほとんどを寝てしまっていた私。 お葬式のあとだったしね~ 今回リベンジ・・・・・・・・・・そして判ったこと。 最初の15分以外は、ラストに5分ほどしか起きていられなかったんだなぁと。(爆)
 
 
 
トロン:レガシー(字幕) (単館系)
1982年にジェフ・ブリッジス主演で世界で始めてCGを本格的に使った作品として知られている 『トロン』の続編。 ということなのですが当初見る予定をいれていなかった作品。 なんで見ることにしたか...
 
 
 
トロン:レガシー (銀幕大帝α)
TRON: LEGACY/10年/米/125分/SFアクション/劇場公開 監督:ジョセフ・コシンスキー 音楽:ダフト・パンク 出演:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド、マイケル・シーン <ストーリー> 父親が創造した“トロン”と呼ばれる...
 
 
 
トロン:レガシー (RISING STEEL)
トロン:レガシー / TRON:LEGACY 2010年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督:ジョセフ・コシンスキー 製作:ショーン・ベイリー ジェフリー・シルヴァー スティーヴン・リズバーガー ...
 
 
 
トロン:レガシー (TRON: Legacy) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョセフ・コシンスキー 主演 ギャレット・ヘドランド 2010年 アメリカ映画 125分 SF 採点★★ “映像革命”とか“全く新しい映像体験”とか言った宣伝文句をよく耳にしますが、稀に斬新な映像表現を用いた作品こそあれど、ほとんどはエフェクト率が高くな...
 
 
 
【映画】トロン:レガシー…トロンの思い出というよりも魔法のプリンセスの思い出 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
TBSのオールスター感謝祭は前の司会者が居ない方がスッキリして面白いように思えているピロEKです まずは近況報告から… ちょっと前に車載のレーダーが不調…という事を書きましたが… 2011年9月30日(金曜日)、新品を購入して付け替えてきました。なんか起動時に「...
 
 


 
編集 編集