日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





1961年 冬 NY グリニッジ・ヴィレッジ。
主人公ルーウィン・デイヴィスは、売れない 男性フォーク・シンガー。
極寒なのに、コートもないような生活。
定住する場所はなく、友達やツテを頼り、その家のソファーを借りるジプシー生活。
たまにはメジャー人脈と繋がり、セッションで小金が入ったりするが、その場限りで印税は無論なし。

こんな主人公の苦闘の日々を描く。


設定でふと対比的に思い出したのが、映画:ウォルト・ディズニーの約束 Saving Mr. Banks。
偶然だが、こちらも設定は同じ 1961年。

全く違うのは、大陽が眩しいカリフォルニアだということ。
エマ・トンプソン演じる、P・L"・トラバース お付きの運転手を演じるポール・ジアマッティ。
彼の毎朝のセリフは「今日も最高のお天気で、気持ちいいですねー」的な感じ。


なぜこんなことを書くかというとこの映画の NYは暗く凍り付いたような世界。
大陽が姿をみせるようなシーンはひとつもなかった(笑)
このへんのリアリティに、コーエン兄弟のこだわりを感じるし、そこがこの映画の最大の魅力のひとつだと思う。


そして後半、主人公がいい演奏をし、拍手の中、次に登場するのが驚きのボブ・ディラン!
もちろん本人ではなく、まだ若いガキを役者が演じる。

ここでまたコーエン兄弟の製作意図を知る。
皆が皆、主人公のようなどん底の状態ではなく、そこから将来的に這い上がるミュージシャンも存在するということ。
そういった「時代の空気」を描きたかったんだな、と。

コーエン兄弟ファンにはタマラナイ一作なのは、間違いない!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 18 )



« 読後評:ウェブと... また突然で恐縮で... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』 (2013) (相木悟の映画評)
移り行く時代に埋もれた男の熱唱に感涙せよ! 一握りの成功者を支える名もなき人々の哀愁が身に沁みる美しい一本であった。 本作は、マイペースに我が道を行く映画製作を続ける個性派、コーエン兄弟監督作。カンヌ映画祭で審査員特別グランプリを受賞した注目の一本だ....
 
 
 
『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』 (こねたみっくす)
無名アーティストたちへの挽歌。 サンダンス出身のコーエン兄弟だからこその、成功の女神からの微笑みを受けることなく消えていったアーティストたちへの愛情が詰まった作品です ...
 
 
 
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 (映画好きパパの鑑賞日記)
 コーエン兄弟が伝説のフォークシンガー、デイブ・バン・ロンクをモデルにした作品。こだわりすぎて時代に取り残された男の哀愁が漂ってきました。僕は60年代のアメリカ音楽ってまったくしらないのだけど、関心がある人はたまらないのではないでしょうか。カンヌのパル...
 
 
 
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 (佐藤秀の徒然幻視録)
ただ存在していることの耐えられなさ 公式サイト。原題:Inside Llewyn Davis。ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン監督。オスカー・アイザック、キャリー・マリガン、ジョン・グッ ...
 
 
 
『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』 (ラムの大通り)
(原題:Inside Llewyn Davis) ----このタイトル、やたら長くニャい。 それだけで、ちょっと引けちゃうニャあ。 「そうだね。 ぼくもこれがコーエン兄弟の映画って気づかなかったら、 後回しにしていたかも。 でも、これをて改めて思ったけど、 コーエン兄弟ってのは、...
 
 
 
『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』 (Days of Books, Films )
Inside Llewyn Davis(film review) 『インサイド・
 
 
 
『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』の正体は? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  ルーウィン・デイヴィスの女友達ジーン役にキャリー・マリガンがキャスティングされたのは、彼女が「マリガン」だからじゃないか。なんて妄想が頭をかすめた。  ルーウィンは彼女の部屋に泊めてもらうが、そこには別の男もいて、三人で夜を明か...
 
 
 
「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」:地味だけどうまいなあ (大江戸時夫の東京温度)
映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』は、コーエン・ブラザー
 
 
 
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 (あーうぃ だにぇっと)
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌@よみうりホール
 
 
 
『インサイド・ルーウィン・デイヴィス -名もなき男の歌-』 2014年4月23日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『インサイド・ルーウィン・デイヴィス -名もなき男の歌-』 を試写会で鑑賞しました。 オスカー・アイザックの来日が無くなり、 上映後に財津和夫とピーター・バラカンのトークショーがありました。 【ストーリー】  1960年代のニューヨーク、冬。若い世代のアートや...
 
 
 
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年5月30日(金) 19:40〜 TOHOシネマズシャンテ1 料金:0円(シネマイレージカードポイント利用) パンフレット:未確認 この後「お前の歌は金にならない」と、劇場オーナーからダメ出し。 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』公式サイト ...
 
 
 
グリニッジ・ヴィレッジの迷い猫〜『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』 (真紅のthinkingdays)
 INSIDE LLEWYN DAVIS  1961年、ニューヨーク・グリニッジ・ヴィレッジ。売れないフォークシンガーの ルーウィン・デイヴィス(オスカー・アイザック)は、文無し・宿無しのどん詰まり 状態。友人宅のカウチで眠る日々だというのに、歌手仲間のジム...
 
 
 
「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Inside Llewyn Davis」2013 USA/UK/フランス ルーウィン・デイヴィスに「マリア/2006」「ワールド・オブ・ライズ/2008」「ロビン・フッド/2010」「ウォリスとエドワード 王冠をかけた恋/2011」のオスカー・アイザック。 ジーン・バーキーに「プライド...
 
 
 
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 (とりあえず、コメントです)
昨年のカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したコーエン兄弟の監督作品です。 予告編を観て、主人公を演じるオスカー・アイザックの歌声に惹かれました。 主人公の魂を歌い上げる歌と共に描かれている1週間は、希望の見えない暗闇のようでした。
 
 
 
インサイド・ルーウィン・デイヴィス ★★★ (パピとママ映画のblog)
第66回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したジョエル、イーサン・コーエン監督によるドラマ。フォークソングで有名な1960年代のニューヨークはグリニッジビレッジを舞台に、音楽活動に奔走しながらも苦闘するシンガー・ソングライターが過ごす1週間を見つめる。『ボー....
 
 
 
映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-48.インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌■原題:Inside Llewyn Davis■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:104分■料金:1,100円■観賞日:6月14日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督・脚本・製作:ジョエル・コーエン、イ...
 
 
 
それでも歌い続ける、 (笑う社会人の生活)
映画「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」を鑑賞しました。 60年代のニューヨーク 冬、グリニッジビレッジのライブハウスでフォークソングを歌い続けるシンガー・ソングライターのルーウィン・デイヴィス 熱心に音楽に取り組む彼だったが なかなかレコ...
 
 
 
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 (いやいやえん)
【概略】 1961年。フォークシンガーのルーウェン・デイヴィスは、トラブル続きの日常から逃げ出すように、ギターと猫を抱えて旅に出る。 ドラマ コーエン兄弟が伝説のフォークシンガー、デイヴ・ヴァン・ロンクの回想録を元に映画化した本作ですが、彼は勿論の...
 
 


 
編集 編集