日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

映画監督が自分の青春時代を描きたい、は「アメリカングラフィティ」をはじめ、よくあるプロット。

今回はマイク・ミルズ監督がそれに挑戦。

 

 

タイトルにもあるように、時代は20世紀。

しかもピンで1979年、ときたもんだ。

 

物語が始まりまず気づくのが音楽。

ちょうど商業ロックに対抗し、ニューウェーブと呼ばれる音楽群が次々と。

トーキング・ヘッズがまず登場。しかもファーストアルバムのマイナーな曲!

そしてボウイ、スーサイド、DEVO、バズコックス etc…と続く。

 

当ブログ的には、ついにこの年代にまで、青春時代映画が及んだなという感覚。

どんな音楽を聴くか、が自分のアイデンティティを表す、が「反抗」な時代。

 

なので、主人公の母親(アネット・ベニング:写真中央)は息子15才(写真:右端)が理解できず、彼女は迷う。

ここに絡むのが居候のグレタ・ガーウィグアビー(写真:右から2人め)と、息子の友達 エル・ファニング(写真:左から2人め)

つまり、(1)迷う母 (2)居候のお姉さん (3)ぶっ飛んだガールフレンド(だがつきあってはいない)

そう! 主人公の青春は、年代の違う3人の女性が周りにいて、彼女たちに翻弄される運命!

 

 

特に主人公(ルーカス・ジェイド・ズマン)を惑わすのが、エル・ファニング。

美女の彼女は毎晩彼のベッドに泊まりに来る(WOW!)

だが其方の関係はなく、ただ添い寝するだけ(笑)

生殺し!

 

 

こういう青春映画らしく、物語の起伏はあまりない。

ので、カルフォルニアとこの時代の空気感を楽しみつつ、出演陣の演技を味わう。

 

やはり評判通りにいいのが、母親役のアネット・ベニング。

彼女は昔から演技に定評があったが今作では特に光っていて、50代の女性を等身大で演じる。

ということでタイトルが、20センチュリー・ウーマン、となるわけだ。


結論:1979年、ニューウェーブ、アネット・ベニング。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )



« ツイン・ピー... 「ブログでサ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
20センチュリー・ウーマン ★★★・5 (パピとママ映画のblog)
『人生はビギナーズ』などのマイク・ミルズ監督が、自身の母親をテーマに撮ったヒューマンドラマ。1970年代末の南カリフォルニアを舞台に、3人の女性とのさまざまな経験を経て大人......
 
 
 
『20センチュリー・ウーマン』 (こねたみっくす)
年上女性には敵わない! あぁ、やっぱり女性は魅力的だ。外見だけでなく内面も世代や関係性が違えば、それだけでまさに百花繚乱。内面を形作るのに時間が掛かる男性とは違い、女 ......
 
 
 
[映画『20センチュリー・ウーマン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・私好みの、時代をざっくりと切り取った作品であった。 「ざっくり」とは大雑把と言う意味ではない、ここでは大胆と言う意味である。 『20センチュリー・ウーマン』と......
 
 
 
「20センチュリー・ウーマン」:リベラルであけすけでしみじみ (大江戸時夫の東京温度)
映画『20センチュリー・ウーマン』は、原題だと“20th Century Wom
 
 
 
20センチュリー・ウーマン (映画好きパパの鑑賞日記)
 マイク・ミルズ監督の半自伝的作品で、シングルマザーと思春期の息子に、ラノベにでてきそうなハーレムものもまじえた不思議な作品。「イカとクジラ」とかアメリカの家族映画が......
 
 
 
20センチュリー・ウーマン・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この素晴らしき、女たちよ。 「人生はビギナーズ」で脚光を浴びたマイク・ミルズ監督による、自身の少年時代をモチーフとしたのエッセイ的ヒューマンドラマ。 40歳の時に出産し......
 
 
 
女たちよ~『20センチュリー・ウーマン』 (真紅のthinkingdays)
 20TH CENTURY WOMEN  1979年、カリフォルニア州サンタバーバラ。55歳のシングルマザー、ドロシア (アネット・ベニング)は、思春期を迎えた15歳の一人息子ジェイミー(ルー......
 
 
 
20センチュリー・ウーマン(20th Century Women) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 「人生はビギナーズ」で自身のゲイの父親をモデルに描いたマイク・ミルズ監督が、今度は母親をテーマに描いた物語。1979年のサンタバーバラを舞台に、15歳の少年ジェイミーと......
 
 


 
編集 編集