日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



Google Mapのstreet viewが登場して以来、世界観が変わったよう。
それこそ、A.C.、 B.C.という気分でいうと、A.SV.、 B.SV.なんて分けたくなるくらい。
そのくらい、street viewが個人個人の「意識の変化」をもたらしたという印象を持っている。

そんな中、次にくる可能性がある技術として、AR(Augmented Realiy)がある。
位置情報が正確さを増していくことで、急速な展開もあるうるかと。

このARというテーマで集められた論文集といった体裁の、この本。
その方向性のばらばらさ加減が、よりこの技術の可能性を垣間見せていて、興味深い。

無線LANiで飛ばすことによって、立つ位置によって違う音楽を聴かせるかとができる技術が第10章で紹介されている。
ぱっ、と思ったのはこの技術がすぐに「現代アート」の作品に取り込まれるようになるだろうこと。
あるいは現実的に思ったのは、それこそNYの近代美術館で今年経験した音声解説に使えるなと。
(2009-02-06~ NY美術鑑賞 MoMAのWi-Fiサービスが秀逸すぎる件 (1)~(5))

個人的にわかりやすかったのは、既に有名になりつつある?「セカイカメラ」
今までは、何のことか今ひとつわかっていなかった(笑)がよく理解できた。

この技術がくるのがiphoneでなのか、携帯でなのか、その予想はつけにくい。
何にしても、 次期ipod touchではカメラ機能のつくという噂にのって、買い替え意向が高まったのは間違いない(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 古賀、金メダ... 世界水泳、今... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


 
編集 編集