日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



アメリカでの評判を知り、すごく気になっていた映画。
原題の、BREACHとは、 SECURITY BREACHのことといえばピンとくるかもしれない。
2001年に起こった(つまり既に21世紀!)FBI内の緊迫した事件を早くも映画化している。

これほど内容について語りたくないし、知らない方がおもしろく観れる映画もめずらしいと思うほど、見終わっても能弁になれない映画。


なんと言っても、主演のクリス・クーパーの存在感に尽きる。
この映画を成立させるのに、これほどの役者はいない。
観客は彼のキャラクターに引きずり込まれるうちに、どっぷりはめられてしまう。
彼がこの実話の映画に一貫した緊迫感を与えている。

共演のライアン・フィリップもなかなか良い。
DVDにはメイキングもついていたのだが、実在の人物からリアルな話を聞きながら演技を作っていったよう。

監督は、「ニュースの天才」のビリー・レイ。
派手ではないが、はまれるサスペンスに仕上げている。
日本では、3月公開とのこと。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 13 )



« 初ブログ ラン... 堕落ブログ糾... »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました (NAO)
2008-02-13 00:54:49
ほんと、クリス・クーパーの迫力はすごかったですね。
蛇に睨まれた蛙…とはこのこと。大好きな俳優さんです。
 
 
 
NAOさん、コメントどうもです! (onscreen)
2008-02-13 22:39:45
クリス・クーパーは実は.....

アメリカン・ビューティーごろからきてますよね!

そしてアダプテーション Adaptation で爆発!!!

とんでもなくキ・ケ・ンな男.......
 
 
 
TBどもです! (のんびりクロ)
2008-02-17 02:46:33
クリス・クーパーって味がありますよね。
特に好きな役者ってことではないですが。
火曜の試写会楽しんできま~す。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『アメリカを売った男』 (ラムの大通り)
(原題:Breach) 「いやあ。この映画はオモシロかった。 こう言っては失礼かもだけど、 ほんと拾い物」 -----えっ?ということは 観る前はあまり期待していなかったってコト? 「そうだね。 ぼくの苦手な 『グッド・シェパード』タイプの映画かと…。 あちらはCIA、こち...
 
 
 
感想/アメリカを売った男(試写) (EDITOREAL)
えー、こんなもんなの? 『アメリカを売った男』3月8日公開。2001年、FBI捜査官ロバート・ハンセンが逮捕された。彼は、FBIの機密情報を25年にも渡りソ連・ロシアに流し続けていた男。その2ヶ月前、彼を逮捕するために送り込まれたのは捜査官志望の血気盛んな若者エリッ...
 
 
 
Breach 「アメリカを売った男」 (表参道 high&low)
20年近くもソ連に情報を流していたFBI職員と部下となって調査を命じられた若いエージェントの話がBreach(アメリカを売った男)。 最初にFBI長官がハンセン氏の罪状について説明するニュース映像、敬虔なクリスチャンである彼が逮捕直前にオプス・デイの教会にいたシーン...
 
 
 
ツイてない。 (のんびりクロのHappy☆なマイニチ)
仕事へ行くとき出がけにポストをのぞくと試写状が2枚。喜びよりも何か悪い予感がした
 
 
 
Breach (アメリカを売った男) (アリゾナ映画ログ - 砂漠から...)
2007年3月9日鑑賞Tagline:  Inspired by the true story of the greatest security breach in U.S. historyストーリーFBIの中でも下級捜査官のエリック・オニールは、突然、FBI本部で上級のエージェント、ロバー
 
 
 
映画、アメリカを売った男 (フクロウと大理石)
 事実は小説より奇なりという言葉がある。しかし映画に限って言うと事実に基づいた映画に面白い物は少ない。最近で言うと「マイティ・ハート」 であり「あるいは裏切りという名の犬」が事実に基づいた映画だ。これらは娯楽映画と言うには難があるし、何かを伝えたいのか...
 
 
 
「アメリカを売った男」 (It's a wonderful cinema)
 2007年/アメリカ  監督/ビリー・レイ  出演/クリス・クーパー      ライアン・フィリップ      ローラ・リニー  実際にあった二重スパイ「ロバート・ハンセン事件」をモチーフにした物語。緊迫した息詰まる作品となりました。  若き捜査官エ...
 
 
 
アメリカを売った男/Breach (我想一個人映画美的女人blog)
いかにも裏でなんか悪い事してそうな、たくらみ顔したクリス・クーパー、珍しく主演{/shootingstar/}  2001年2月18日、FBI(米連邦捜査局)捜査官のロバート・ハンセンが逮捕された。 20年以上にわたってKGB(ソ連国家保安委員会)にアメリカの国家機密を売り...
 
 
 
『アメリカを売った男』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
ライアン・フィリップのファンとしては見逃せない。彼の作品としては1年数ヶ月ぶりの公開作品となる、クリス・クーパー主演のスパイ映画『アメリカを売った男』を日比谷のシャンテシネに観に行ってきました。2001年2月にソ連/ロシアへの機密情報漏洩容疑で逮捕されたFBI....
 
 
 
*アメリカを売った男* (Cartouche)
{{{   ***STORY***                2007年  アメリカ FBI訓練捜査官オニールは新しく創設される部署「情報管理部」で、定年間近のハンセン特別捜査官を密かに監視するように命令を受ける。無愛想なハンセンだが、オニールは次第にその信...
 
 
 
アメリカを売った男 67点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
京都買います 公式サイト FBI捜査官が在任中に国家機密をソ連に売り続けていた、実際に起こった事件を映画化したポリティカルサスペンス。 原題の『BRACH』が意味深だ。「漏洩」を基本とし、侵害、不和、裂け目、突破、と様々な意味を併せ持つこの言葉からも、本作...
 
 
 
映画『アメリカを売った男』を観て (KINTYRE’SDIARY)
32.アメリカ売った男■原題:Breach,BasedOnATrueStory■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:110分■鑑賞日:3月29日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:ビリー・レイ□特別顧問:エリック・オニール□製作:ス....
 
 
 
「アメリカを売った男」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
FBI捜査官エリック・オニール(ライアン・フィリップ)が上司のケイト・バロウズ(ローラ・リニー)に 呼び出され、組織内でもトップクラスの捜査官、ロバート・ハンセン(クリス・クーパー)の監視を 命じられる。しかし、オニールにはその真の目的は告げられなかった...
 
 


 
編集 編集