日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






1回めは、NY滞在中、近くのParis theater に駆け込んでの鑑賞。
その時の感想は=「ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的」(2012-02-03)

2回めに足を運ぶことはそうしない私だが(3ヶ月たったとはいえ)
=この特殊なジャンルならではの、幸福な「劇場の一体感」を再体験すべく、公開後の劇場に駆けつける所存!
(02-26「ブログでアカデミー賞 2012 を10倍楽しむ法 オスカー受賞者大予想!」)


この期待していた客の反応については、ここが日本だったことを忘れていた(笑)
わざと混む日曜の午後遅めの時間帯を選び、50人くらい入る会場で、後ろめの席にしたんだけど。
皆、声は発しない! のでよくわかりませんでした。
すすり泣く音はけっこうしていたけどね..

ただ、
<音はなくても、画面上の表現だけで、企画を完結させるべくの工夫がかしこに。
<しかも大画面だからわかるような、アクターの細かい「演技」や、演出上のいろいろな「仕掛け」の積み重ねで。

という部分では、またも唸らされるところが多かったのだ!



今回は2回めということもあって以下思い出すままに、ネタバレ全開。


タイトルロールのあと最初に登場する文字は、Please be silent(笑)

べジョ(主演女優:写真 右)の反射神経はそうとうにレベル高し?(画面を横切るスピード他、何度も感心)
彼女の華がいまいちという評を読んだが、それだからこそ逆転のドラマが面白いのでは?
(監督の奥さんってえのは、確かに突っ込みたくなる要素ではあるが)

名シーン「背広の袖に自分の腕を通してのパフォーマンス」シーンはけっこうな長廻し

3段階段のシーンの画面の「構成」が優れていることに改めて感心

映画中での最大の音量を発する「音」は、なんと「羽」が地面に落ちる音(笑)
(どこかのモノクロ映画でこんなシーン観たような気も...)

一方、最大のクライマックス・シーンは、全くの「無音状態」のみ

その直前に、映画中最大のミスリーディングを客に施すサイレントならではの「仕掛け」が。

そしてそこで起こる大きな「音」が主人公を救う
が観客は、この全くしない音をアタマで理解しなければならない、このアイロニー(笑)



上記のように、何度観ても発見がありそう。
配給会社が「2度めからは1000円」と謳っているのも、あながち悪くない企画かも。
ただ私の場合は3ヶ月たったからそういう気分になれた(だいたい動機が違う 笑)が、直後はそうは思わなかったので、微妙?!

007へのオマージュらしい、監督&主演男女が同じ「OSS117 私を愛したカフェオーレ」もさっそく借りて観てみようと思う。
もともとジャン・デュジャルダン(写真 左)に、ショーン・コネリー的なチャームがあるなあと感じていただけに!

コメント ( 6 ) | Trackback ( 47 )



« 「ブログでサッカ... ブログで ロンド... »
 
コメント
 
 
 
リンクさせてもらいました (シュガー・シェイカー)
2012-04-12 23:12:51
ときどきトラックバックしていただいて恐縮です。こちらの映画記事はいつも素晴らしいと思っていました。うちのブログも以前よりはときどき映画記事をアップしていきたいと思っています。これからもよろしく!!
 
 
 
こちらこそ!  (onscreen)
2012-04-13 04:39:03
まあお褒めいただいちゃって、照れちゃいます(笑)
映画をはじめとしたコンテンツを、ブログで楽しみ尽くしましょう~!
 
 
 
アーティスト! (ドラゴン)
2012-04-14 01:24:22
いつも訪問、ありがとうございます。
ほんとこの作品の構成にはうっとりしました。
もう一度見たくなりました。藤井
 
 
 
1000円なら (onscreen)
2012-04-14 06:50:51
全くありですね~
私じゃないですけど、いろいろ発見があると思います!
 
 
 
TBありがとうございます♪ (kiyotayoki)
2012-04-21 13:08:44
NYと日本じゃ観客の反応には雲泥の差がありそうですね。
ラスト、映画では絶対拾いそうにない音(息)が流れてきた時は、ちょっと鳥肌が立ちかけました。
確かにこれ、二度目も楽しめそうな映画ですね♪
 
 
 
まあそこそこに (onscreen)
2012-04-21 17:12:00
楽しめると思います。
いろいろな工夫を発見できると思います。
残念ながらストーリーを知っていると、だれそうになる瞬間も
どうしてもありますけどね(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
アーティスト/The Artist (LOVE Cinemas 調布)
新しい時代に対応できないサイレント映画のスター俳優と、その彼に見出されトーキー映画のスターへと上り詰める女優、2人のロマンスをモノクロ映像で描いたサイレント映画だ。『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』の監督ミシェル・アザナヴィシウスが脚本と編集も務め、...
 
 
 
ミシェル・アザナヴィシウス監督『アーティスト』(THE ARTIST) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞(サイレントなので字幕カード)に触れています。モノクロでサイレント(無声映画)作品で見事、第84回アカデミー賞の作品賞、主演男優賞、監督賞など5部門を受賞した『アーティスト』(サイレント
 
 
 
『アーティスト』の画期的なところは何か? (映画のブログ)
 こんな映画を観たかった!  映画は、技術の進展とともに様々な要素を付け加えていった。トーキー(音声)もカラー(総天然色)も、後から加わった要素である。  けれども現代の映画の作り手たちが、それら...
 
 
 
映画レビュー「アーティスト」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Artistクチコミを見る◆プチレビュー◆甘く切ないラブストーリー「アーティスト」は、映画愛に満ちた傑作。サイレントを現代に蘇らせた意欲作だ。 【95点】 1927年のハリウッド。 ...
 
 
 
アーティスト/ THE ARTIST  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞 試写にて鑑賞。 監督はミシェル・アザナヴィシウス サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳優....
 
 
 
★アーティスト(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE ARTIST 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 上映時間 101分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/04/07 ジャンル ロマンス/コメディ 映倫 G 【解説】 フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズ...
 
 
 
あの仕草、あの表情。『アーティスト』 (水曜日のシネマ日記)
サイレントからトーキーへと移り変わる時代のハリウッドを舞台にスター俳優の栄光と挫折を描いた作品です。
 
 
 
アーティスト (♪HAVE A NICE DAY♪)
と~~~っても良かった~~! こういう感動もあるのだなぁと アカデミー賞受賞に私は納得!満足!の作品だった! なんとも、あたたかで愛があって良かったなぁ~~ 最初、当たり前だけどサイレント・・・音楽だけ 劇場内もいつもとちょっと違った感じがした。 どう....
 
 
 
『アーティスト』 ('12・初鑑賞42・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 12:40の回を鑑賞。
 
 
 
『アーティスト』 (ラムの大通り)
(英題:The Artist) ----これって、噂のサイレント、モノクロ映画だよね。 アカデミー賞にもノミネート…。 「うん。 フランス映画なのに、 外国語映画賞扱いじゃないのはなぜ? なあんて、最初は思ったけど、 なるほど、この映画はサイレントだから どう転んでも“外...
 
 
 
アーティスト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(18) 内容はいたってシンプル。でも、そこがいい!
 
 
 
[映画『アーティスト』を観た(前編:4コマ漫画)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今年のアカデミー最優秀作品賞ですね。  なかなか面白かったですが、ちょっと淡白かな。  でも、かようなオーソドックスな物語には普遍性が宿っていまして、評価せざるを得ない魅力があります。  京極夏彦は、その、ブ厚いデビュー作『姑獲鳥の夏』を語る中で「こ...
 
 
 
劇場鑑賞「アーティスト」 (日々“是”精進! ver.A)
この世は、音で溢れている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204110002/ アーティスト オリジナル・サウンドトラック サントラ ローズ・マーフィー SMJ 2012-04-11 売り上げランキング : 58450...
 
 
 
『アーティスト』・・・サイレントに絶妙のギミックを添えて (SOARのパストラーレ♪)
なんと優しさに満ちた映画なのだろう。 ストーリーの進行上必要最低限のセリフのみが字幕という形で提示され、シーンごとに状況を的確に表すBGMが時に優雅に、時に切なく、時に激しく作品世界を包み込む。それ以外の音声や効果音は観客それぞれが思いに沿って頭の中で独...
 
 
 
アーティスト 老兵は去るのみ・・・ということではない! (労組書記長社労士のブログ)
【=16 -1-】 今年初めての試写会鑑賞、今年はちっとも当選しないのだ~(T^T)(そういえば今年は1度当たってたけど試写会の招待状が当日届いてしまってポストから取り出したときにはすでに上映時間を過ぎていた) この映画は、第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞....
 
 
 
アーティスト (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★“シンプルだからこそ伝わる情感の豊かさ”この映画、第84回アカデミー賞の作品賞など5部門を受賞し話題になっているのでご存じの方も多いかと思います。この作品はモノクロでサイレントということでも注目を集めていましたね。 ストーリーは、大きな転換の波に...
 
 
 
アーティスト (to Heart)
原題 THE ARTIST 製作年度 2011年 上映時間 101分 製作国・地域 フランス 脚本:監督 ミシェル・アザナヴィシウス 音楽 ルドヴィック・ブールス 出演 ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジョン・グッドマン/ジェームズ・クロムウェル/ペネロープ・アン・ミラー...
 
 
 
「アーティスト」 映画の進化 (はらやんの映画徒然草)
第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する
 
 
 
□『アーティスト』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:フランス映画、ミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン出演。
 
 
 
アーティスト/ジャン・デュジャルダン (カノンな日々)
第84回アカデミー賞を席巻したモノクロ・サイレント・ムービーのフランス映画です。でも物語の舞台はパリではなく映画の都ハリウッドです。サイレントだから外国語映画部門にはな ...
 
 
 
『アーティスト』 (こねたみっくす)
どんなに時代が変わっても変わらぬ愛がここにある。 第84回アカデミー賞でフランス映画として史上初の作品賞受賞に輝いたこの映画は、オシャレでロマンティックで映画愛に溢れた大 ...
 
 
 
アーティスト (食はすべての源なり。)
アーティスト(4/7公開) ★★★★★(★満点!) よかったです!! 初めてのサイレント映画で寝ちゃうかも?とか心配してたけど、そんなことは全くなく引き込まれました。 切ないんです。純愛? サイレント映画の大スターだったジョージは、トーキー映画の到来と共...
 
 
 
アーティスト / The Artist (勝手に映画評)
2012年の第84回アカデミー賞で作品賞、監督賞(ミシェル・アザナヴィシウス)、主演男優賞(ジャン・デュジャルダン)、作曲賞、衣装デザイン賞を受賞。映画がサイレントからトーキーに移り変わる頃を舞台に没落するサイレント時代のスター俳優と、トーキーの隆盛とともに...
 
 
 
映画「アーティスト」 (FREE TIME)
注目の映画「アーティスト」を鑑賞しました。
 
 
 
今日の葉桜 (2012/4/15) & フランス映画 【THE ARTIST】を見ました (観劇レビュー&旅行記)
2012年4月15日(日)  葉桜になりつつある中で、今日も残っていた桜の花 *******************************   ランキングの応援をよろしく              にほんブログ村 ...
 
 
 
芸術家は死なず~『アーティスト』 (真紅のthinkingdays)
 THE ARTIST  1927年、ハリウッド・キノグラフ撮影所。サイレント映画の大スター、ジョー ジ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)と、彼に憧れて女優を夢見るペピー ・ミラー(ベレ...
 
 
 
アーティスト (佐藤秀の徒然幻視録)
もしヴァレンティノが若死せずに生き続けていたら 公式サイト。原題:The Artist。ミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、 ...
 
 
 
アーティスト (迷宮映画館)
文句なし!こういう映画が見たかった。
 
 
 
アーティスト(2011)☆☆THE ARTIST (銅版画制作の日々)
 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 好き度:=80点 すみません!いきなりわんちゃんです。本当に演技が上手いもんでびっくり!このわんちゃんがこの物語のポイントとなってとても素敵な流れを作っていました。 サイレント映画って多分初めてだと思う...
 
 
 
アーティスト/THE ARTIST (いい加減社長の映画日記)
地味っぽくて、どうしようかと思ったけど、やっぱりアカデミー賞だしなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1927年のハリウッド。サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、ふとしたハプニングで彼のファンで女優志願のペピー・ミラーと出会....
 
 
 
アーティスト・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
サイレントの夢よ、永遠に・・・ 「アーティスト」は、1920~30年代のハリウッドを舞台に、トーキーに対応できず、時代に忘れられてゆく主人公と、反対にその声を武器にスターダムを駆け上がってゆく若き女...
 
 
 
「アーティスト」:久々スタンダード・サイズ (大江戸時夫の東京温度)
映画『アーティスト』は、今モノクロ&サイレントの映画を、昔のまんまのスタイルで作
 
 
 
アーティスト      評価★★★★85点 (パピとママ映画のblog)
1920年代、映画がサイレントからトーキーへと移行する時期のハリウッドを舞台に、サイレントの大スターとトーキーの新進女優の恋物語を情感豊かに描くモノクロサイレント映画。出演は、本作でカンヌ国際映画祭男優賞受賞のジャン・デュジャルダン(「ブルー・レクイエム」...
 
 
 
『アーティスト』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アーティスト」□監督・脚本 ミシェル・アザナビシウス □キャスト ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、       マルコム・マクダウェル、ミ...
 
 
 
職人のプライドと幸せ (Excape / いくすけいぷ)
月曜日に映画を見に行ってきました。 最近ちょこちょこ時間が取れてうれしいんですなー。 仕事が無いからなんですけどね。 気を取り直して、今はどんなシャシンが掛かってるのか調べたところ、なかなか面白そうなのがやってますなー。 「シャーロック・ホームズ ...
 
 
 
『アーティスト』(2011 仏) (映画の心理プロファイル)
本年度(2012年)のオスカー受賞作を観てまいりました。 原題:『THE ARTIST』(101分) 監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウス 音楽:ルドヴィック・ブールス 出演:ジャン・デュジャルダン     ベレニス・ベジョ     ジョン・グッドマン ご存知の...
 
 
 
今、白黒サイレント映画を! (笑う学生の生活)
13日のことですが、映画「アーティスト」を鑑賞しました。 サイレント映画スター ジョージと新人女優ペピー 時代はトーキーへと移り、ペピーはスターへ しかし ジョージはサイレントにこだわり続けて・・・ アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞など 5部門受賞した....
 
 
 
『アーティスト』栄枯盛衰が人生さ。 (Healing )
アーティスト ★★★★ 人は老い、時はすぎゆく それが世の常、生きることだから仕方ない 言わずと知れた本年度アカデミー賞作品賞・監督賞・主演男優賞ほか最多5部門受賞作 今年の映画の中で目玉中の目玉、 満を持しての公開ですね。 どうやら、 モノクロサイレント映画...
 
 
 
「アーティスト」 (Con Gas, Sin Hielo)
すぐれた企画、さりげない味付け。 サイレントからトーキーへという変遷は、まさにモノクロからカラーへ移行したのと同じくらい、いやむしろそれ以上の革命的な出来事だったように想像する。 もちろん新しく便利な技術へと世の中が進むのは当たり前の話である。 しか....
 
 
 
アーティスト (ダイターンクラッシュ!!)
2012年4月13日(金) 20:30~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『アーティスト』公式サイト サイレントのスターが、トーキーとともに凋落。 一方トーキーの幕開けでスーパースターになった娘。 この娘は、何故かサイレントの...
 
 
 
「アーティスト」 (首都クロム)
 みんなが生きていました。ぺピーにしても、ジョージにしても、好きなことに全力で取り組んでいる人は本当に綺麗で羨ましい。チャーミングの塊みたいな、いつまで踊っても疲れないような…これがショービジネスやエンターテインメントの世界でなくても、彼らの姿はきっと...
 
 
 
アーティスト  The Artist (映画の話でコーヒーブレイク)
時代の変化は加速度を増し、「10年ひと昔」ではなく「2~3年、ひと昔」の昨今、 果たして時代の波についていけるか?とときどき不安を感じます。 最近はテレビ番組やラジオでも、facebookやツイッターに連動したり、 twitterのハッシュタグだの、「いいね!」だの、ポ...
 
 
 
「アーティスト」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・フランス/配給:ギャガ 原題:The Artist 監督:ミシェル・アザナビシウス 脚本:ミシェル・アザナビシウス 撮影:ギョーム・シフマン 音楽:ルドビック・ブールス 製作:トマ・ラング
 
 
 
『アーティスト』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
 『アーティスト/ The Artist 』 今年のアカデミーで作品賞、監督賞、主演男優賞、他5部門を受賞。 オスカー授賞式で見たジャン・デュジャルダンが素敵だったし、 期待は高まる。     1927年のハリウッドで、サイレ
 
 
 
「アーティスト」 (或る日の出来事)
このくらいの話って「並」じゃないですか?
 
 
 
アーティスト(The Artist) (KATHURA WEST)
《アカデミー俳優犬賞》?に輝く作品。 このワンちゃんがいなかったら、いったいどんな事になっていたのでしょうか? と思い、これは何処かで、何とか賞を頂いているにちがいないと調べてみると、 『第1回ゴールデン・カラー賞(金の首輪賞)』において、《最優秀...
 
 
 
アーティスト (pure\'s movie review)
2011年 フランス作品 101分 ギャガ配給原題:THE ARTISTSTAFF監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウスCASTジャン・デュジャルダン ベレニス・ベジョ ジョン・グッドマン ジェームズ・クロムウェル劇場で観れてよかった。サイレント映画を知らない20代である私が、サイ....
 
 


 
編集 編集