日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






評判は聞いていたが、エイズ物ということで つい尻込みしてしまい、Blu-rayで。



エイズになってしまった主人公は、余命30日との宣告を受ける。
フツーだったら、そのまま落ち込んで、棺桶までまっしぐらに?

ところが主人公はロデオ乗り。
男の中の男、が売りでもともとゲイではない感染ルート。


このため、延命を勝ち取るために、できる手法は全て試していく。
非合法の薬を片っ端から世界中で手配し、自分のためだけでなく、稼ぐ、というタフさ!
おまけにその商売の発展に伴い、政府FDAとも対決し、スケールアップしていくサマが面白い。
非合法という理由だけで延命できない、切羽詰まった人々の代弁者となったのだ。



という具合で、途中からぐいぐいとハマっていく自分が。
主人公のだらしなさでわかる人間性も、共感を高めていくところが面白い!
そして世論を勝ち取っていくサマに痺れた。
女性医師(ジェニファー・ガーナー)との不思議な交流もマル。

なので、周回遅れとはいえ、今年のベスト10入りは確定、かな?!
また観るかというと、それはないとは思うが(笑)



コメント ( 2 ) | Trackback ( 42 )



« 映画:フルス... iPhone & iPa... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ふじき78)
2014-09-09 22:37:33
> また観るかというと、それはないとは思うが(笑)

いい映画だと思うけど、この部分に一番共感したりもする(笑)。
 
 
 
わはは! (onscreen)
2014-09-11 06:57:32
芯を食ったようで素直にウレシイです!笑
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ  監督/ ジャン=マルク・ヴァレ (西京極 紫の館)
【出演】  マシュー・マコノヒー  ジャレッド・レトー  ジェニファー・ガーナー 【ストーリー】 1985年、電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフは、HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。アメリカには認可治療薬が少ないことを知った彼は代替薬を探....
 
 
 
「ダラス・バイヤーズクラブ」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:DALLAS BUYERS CLUB)痛快な一編だ。難病物のルーティンに尻を向け、最後まで勝手気ままに生き、それがまた結果的に世のため人のためになってしまった男の破天荒な行程を追う、実話を元にしたジャン=マルク・ヴァレ監督作。全編に漂う乾いたユーモアは、ウェ....
 
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ダラス・バイヤーズクラブ』を新宿のシネマカリテで見ました。 (1)今度のアカデミー賞の作品賞などにノミネートされた作品というので見に行ってきました(注1)。  本作の舞台は1985年のテキサス州ダラス。  電気技師の主人公ロン(マシュー・マコノヒー)は、ロ....
 
 
 
『ダラス・バイヤーズクラブ』 2014年2月12日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ダラス・バイヤーズクラブ』 を試写会で鑑賞しました。 マシュー・マコノヒーは別人だよ。 あれだけ痩せるのは正直どうやるんだろう...という位の役作り 【ストーリー】  1985年、電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、HIV陽性...
 
 
 
『ダラス・バイヤーズクラブ』のキーワードはこれだ! (映画のブログ)
 油断も隙もありゃしない。  『ダラス・バイヤーズクラブ』には、ほとほとしてやられた。  難病に侵され、余命30日を宣告された男の話だと聞いたから、てっきり涙と感動の余命モノだと思って、舐めていたのだ。  とんでもなかった。  実話に材を取った本作は、...
 
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Dallas Buyers Club。ジャン=マルク・ヴァレ監督、マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー、スティーヴ・ザーン、デニス・オヘア。俳優ロ ...
 
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ (あーうぃ だにぇっと)
ダラス・バイヤーズクラブ@一ツ橋ホール
 
 
 
『ダラス・バイヤーズクラブ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ダラス・バイヤーズクラブ」□監督 ジャン=マルク・ヴァレ □脚本 メリッサ・ウォーラック□キャスト マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー ■鑑賞日 3月2日(日)■劇場 ブルグ13■cyazの満足度...
 
 
 
ダラス・バイヤーズ・クラブ (風に吹かれて)
死にたくない! 公式サイト http://www.finefilms.co.jp/dallas 監督: ジャン・マルク=マレ  「ヴィクトリア女王 世紀の愛」 実話を基にした映画 1985年、テキサス
 
 
 
「ダラスバイヤーズクラブ」、HIVに罹り、その薬の密輸販売で当局と戦ったカウボーイ (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆ 1985年、テキサス生まれの電気技師ロン・ウッドルーフはHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。米国には認可された治療薬が少ないことを知り、納得のできないロンは代替薬を求めてメキシコへ渡る。そこで米国への薬の密輸を思いついたロンは、...
 
 
 
「ダラス・バイヤーズクラブ」 (セレンディピティ ダイアリー)
マシュー・マコノヒー主演の実話をもとにしたドラマ、「ダラス・バイヤーズクラブ」(
 
 
 
映画『ダラス・バイヤーズクラブ』観てきた~ (よくばりアンテナ)
やっと、こっちの地方でも公開されて観てきましたよ。 公式HPはコチラ 実話ですし、あらすじはぜひ公式HPで読んでみてくだされ。 ま、正直いうと、主人公がもともとは 女好きで酒好きで、ロデオで賭け事して、負けたらお金持って逃げるっていう クズな男だっ...
 
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ/マシュー・マコノヒー (カノンな日々)
1980年代に当時はまだ無認可のHIV代替治療薬を密輸販売しアメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した実在のカウボーイの半生を映画化したというヒューマン・ドラマです。『ヴ ...
 
 
 
ダラス・バイヤーズ・クラブ (映画好きパパの鑑賞日記)
 実話が元だけに派手さはなく、見ているうちは気づかなかったけど、思い返してみれば心にひっかかる映画でした。なんといっても、アカデミー主演、助演男優賞コンビのマシュー・マコノヒーとジャレッド・レトの演技が大きいなあ。  作品情報 2013年アメリカ映画 ...
 
 
 
『ダラス・バイヤーズクラブ』 (2013) (相木悟の映画評)
世の矛盾に立ち向かう破天荒男、その魂の闘病ドラマ! とかく役者陣の迫真の演技に引き込まれる生命力溢れる一本であった。 自身、HIV陽性と診断され、代替薬を密輸販売し、期せずしてHIV患者の希望となったテキサス男ロン・ウッドルーフ。本作はそんな彼の激動の半生....
 
 
 
ダラスバイヤーズクラブ (シネマ日記)
いやー、取りましたねーアカデミー賞主演男優賞&助演男優賞!W受賞でめでたいね。1985年、ダラスに住む電気技師ロンウッドルーフマシュマコノヒーは現場で怪我をした際の病院のチェックでHIV陽性と分かり余命30日と診断される。エイズに関する正しい知識がなかった時代。...
 
 
 
まだ逝かぬカウボーイ ジャン=マルク・ヴァレ 『ダラス・バイヤーズ・クラブ』 (SGA屋物語紹介所)
早いモンで第86回アカデミー賞もさくさくっと終わってしまいました。その中で作品賞
 
 
 
反骨~『ダラス・バイヤーズクラブ』 (真紅のthinkingdays)
 Dallas Buyers Club  1985年。テキサス州ダラスでトレイラー暮らしをする電気技師のロン・ウッド ルーフ(マシュー・マコノヒー)は、ロデオと女を愛し、酒とドラッグ漬けのマッ チョなカウボーイ。そんな彼が、HIV陽性、余命30日を告げられる。 ...
 
 
 
ジャン=マルク・ヴァレ監督、マシュー・マコノヒー主演、ジャレッド・レト、ジェニファー・ガーナー『ダラス・バイヤーズクラブ(Dalla... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
マシュー・マコノヒーの圧倒的な存在が輝く『ダラス・バイヤーズクラブ(Dallas Buyers Club)』共演はジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー。監督は『ヴィクトリア女王 世紀の愛』のジャ
 
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
満点。当時は同性愛者への偏見もあり政府は薬品会社と癒着していた。その壁に立ち向かっていった主人公の変わり様がすばらしい。最初は自堕落な生活を送っていたけど、エイズ患者をして生き続けるために健康的で勤勉な生活を送るのだ。
 
 
 
「ダラス・バイヤーズ・クラブ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Dallas Buyers Club」 2013 USA 1985年、テキサス州ダラス。女と酒が大好きなロンはロデオのカウボーイ。いつものようにロデオで賭けをし、負けと知るや金を払わず逃げを決め込む不埒な男。そんな放蕩三昧のロンが、ある日HIV感染者と診断され医者から余命30日と宣告...
 
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 余命30日と宣告された男はタダでは転ばなかった。
 
 
 
『ダラス・バイヤーズクラブ』をHTC有楽町1で観て、ちょっと時間たっちったふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★思った方向ではなかった】    エイズを発症し、ガリガリに痩せた余命30日の男が、 アメリカ政府と戦いながら生き抜いていく話と言うのは知ってたけど、 「 ...
 
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ (Spice -映画・本・美術の日記-)
「ダラス・バイヤーズクラブ」 ヒューマントラスト有楽町 1985年、電気技師のロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)はHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。酒と女が好
 
 
 
ショートレビュー「ダラス・バイヤーズクラブ・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
不屈のカウボーイスピリット。 1980年代、当時猛威をふるっていたAIDSに罹患し、余命30日を宣告されながら、自ら未承認治療薬を取り寄せるクラブを立ち上げ、7年もの間懸命に生き続けたロン・ウッドルーフの闘いを描く実録ヒューマンドラマ。 このところ、まるで映画...
 
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
1980年代当時無認可だったHIV代替治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者が特効薬を手にできるよう奔走した実在のカウボーイの半生を映画化した人間ドラマ。HIV陽性と診断されたカウボーイを『マジック・マイク』などのマシュー・マコノヒーが演じ、21キロも減量しエイズ....
 
 
 
『ダラス・バイヤーズクラブ』 (My Pace, My Self)
札幌では遂に昨日から『ダラス・バイヤーズクラブ』が公開、ということで今日観てきました。 何回か前にシアターキノのポイントカードが貯まりまして。 マシュー・マコノヒーがオスカーとったらきっと1000円デーのだと映画館激混みになるだろうから、普通の料金のとき...
 
 
 
「ダラス・バイヤーズクラブ」☆生き抜けっ! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ひどく太るのとひどく痩せるのと、どちらが大変かというのは別としても、こちらに軍配が上がるのは当然のことでしょう。 ただただその人の特異な人生をたどるだけの実話モノも多い中で、お涙頂戴にならずに、じわりと感動し、じわりと胸に響く。 いつまでも余韻に浸るこ...
 
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 エイズにかかった余命30日の自堕落な主
 
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ (心のままに映画の風景)
1985年、ダラス。 電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、HIV陽性と診断され、余命30日を言い渡される。 アメリカに認可治療薬が少ないことを知ったロンは、代替薬を求めメキシコへ向かい、密輸を試みる。 偶然出会った性同一性...
 
 
 
ダラス・バイヤーズ・クラブ ((仮)impression)
【Dallas Buyers Club】 「キラー・スナイパー」「マジック・マイク」のマシュー・マコノヒーが、実在した不屈のエイズ患者を体当たりで熱演し絶賛されたヒューマン・ドラマ『ダラス・バイヤーズ・クラブ』です。
 
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ(2013)**DALLAS BUYERS CLUB (銅版画制作の日々)
 「くたばれ!」と社会は言った。                                     「くたばるか!」と男はたった一人で戦いを挑んだ。 遅まきながら鑑賞してきました。マシュー・マコノヒーがアカデミー賞をゲットしたということで気になっ...
 
 
 
「ダラス・バイヤーズクラブ」が描くアメリカの矛盾と人間の尊厳 (酔生夢死浪人日記)
 高村薫は「神の火」(91年)で、<二酸化炭素排出規制=原発推進派の後ろ盾>に言及していた。15年後(06年)、<二酸化炭素温暖化説>に則る「不都合な真実」が公開され、提唱者アル・ゴアはノーベル平和賞を授与される。聖人になったのも束の間、転落も早かった。ニュ...
 
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2013年 米国 上映時間:117分 監督:ジャン=マルク・ヴァレ  1980年代には無認可だった「HIV代替治療薬」を密輸販売。藁にもすがりたいHIV患者に特効薬を提供したという、実在の不良カウボーイの半生を映画化した人間ドラマである。彼
 
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ (はるみのひとり言)
映画館で観ました。1985年、テキサス生まれの電気技師ロン・ウッドルーフはHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。米国には認可された治療薬が少ないことを知り、納得のできないロンは代替薬を求めてメキシコへ渡る。そこで米国への薬の密輸を思いついたロンは、無認....
 
 
 
『ダラス・バイヤーズ・クラブ』 (ラムの大通り)
(原題:Dallas Buyers Clube) ----おおっ、こっちから来たか…。 これは確か今話題のマシュー・マコノヒー。 「そうだね。 マコノヒーなんて、 『評決のとき』で売り出した最初の頃はともかく、 その後は『サラマンダー』のような怪作に出たりして…。 まさか、ここま...
 
 
 
ダラス・バイヤーズクラブ (シネマ・クレシェンド)
マシュー・マコノヒーがエイズ患者を演じる実録映画。見慣れたダウンタウンをバックにしたポスターも嬉しく、ダラス在住者としては見逃せない『ダラス・バイヤーズクラブ』を観て ...
 
 
 
「ダラスバイヤーズクラブ」 (Con Gas, Sin Hielo)
神が選びしカウボーイ。 この実話がおもしろいのは、偏見に満ちた主人公・ロンが一転して偏見の目にさらされる立場になる序盤の展開と、そこから懸命に這い上がる逆転の物語にある。 「懸命」と書いたが、その手法が型破りなところも魅力の一つだ。冒頭のロデオ賭博を....
 
 
 
ダラス・バイヤーズ・クラブ (迷宮映画館)
鬼気迫る。。。
 
 
 
患者から救済者になっちまった男。~「ダラス・バイヤーズ・クラブ」~ (ペパーミントの魔術師)
ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]Happinet(SB)(D) 2014-09-02by G-Tools GyaO鑑賞2本目。また全然ちゃうタイプの映画をセレクト。 実はアカデミー賞の主演男優賞とって気にはなってたんだけど、劇場公開見に行けなくてね~・・・と言い訳。 HIVに感染しちまって、....
 
 
 
「ダラス・バイヤーズクラブ」 (或る日の出来事)
まったく興味がなくて映画館では観なかったが、思いのほか良かったです。
 
 
 
映画評「ダラス・バイヤーズクラブ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ジャン=マルク・ヴァレ ネタバレあり
 
 


 
編集 編集