日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



毎月 × 1のお楽しみ、MET ライブ・ビューイング 。 
数年前からはじまった、アメリカNYにある代表的オペラハウス、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)のライブ・ビューイング。
最新のオペラ公演を、高品質のHD映像と最新の音響で収録し、映画館で上映、というシリーズ。


先週の演目は、ロッシーニ「オリー伯爵」
実にイタリア人っぽいコメディ(原作はフランス)

主人公は、超プレーボーイ。
で、十字軍遠征に出ている貴族屋敷に残る女性たちを狙う。
オドロキはその方法。。。

まずはカツラをかぶって、立派な「宗教僧」に変装してすきを探る。
それがバレると次は、「尼僧」に変装して彼女の城に忍び込む!

特筆すべきは、舞台裏の解説でもふれているが、ベルカント唱法。
ファン・ディゴ・フローレス(写真)の声が、気持ちよくのびやかに響く。
観客にとって、これを浴びているだけで、ストーリーなんてどうでもよくなるのは間違いない(くらい気持ちいい)


というか!
このMETライブビューイングがそれだけ偉大だということの意味のような気もする。

過去「オペラをみる」ということに、内容に関する「予習」は必須だった。
オペラは原語が、イタリア・フランス・ドイツ語だけでなく、ロシア語やチェコ語etc..と、あまりに幅広い。
劇場の小さな字幕に頼ったとしても、歌は当然のこと、2時間3時間にわたる会話を理解するのは、非常に困難。

今回同行した人が、NYに行っていたときにしばらくはよくMETに行っていたが、やはりその点において、いつの間にか足が遠のいたと言っていた。
現地に住んでいる人でもそういう状況もありうるのに、外国へ遠征する人には、さらに「時差」との闘いも待っている(ヒャ~...)
これだけ、オペラを愛するには「困難」が控えているのである!


つまり、何が言いたいかというと、今回「オリー伯爵」に行くのに、私はほとんど「予習」なしで臨んだが、そんな私でも「全く問題ない」
歌手たちの素晴らしい歌声を、ストーリーラインも歌う内容も完全に理解した上で、堪能できる。
これは、原語の問題を簡単に突破してしまう「字幕」、そしてHDによる映像、音響、カメラワークによる。
今回の演目は珍しく、METオペラの醍醐味のひとつ「ステージの豪華さ・スケール」をあまり活用していない演出。
でも、全く不満の気持ちが起こらない理由が、ここにある。


今月は毎月のような月1回ではなく、めずらしく×3回も。
今回の「オリー伯爵」に続き、昨日からはじまった「カプリッチョ」(R シュトラウス)、そして駄目押しの今月末「イル・トロヴァトーレ」
と、お手軽コストとはいえ、月×3回あるとお財布にもけっこう響く(笑)

でも、それでも劇場へ足を向かせてしまうチカラが。
それは、「予習」ぬきでも全く問題なく、1発でそのコンテンツを理解し「忘れられない」体験を創造しているから!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )



« 「ブログでサ... 映画:恋とニ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『オリー伯爵』@METライブビューイング (オジ・ファン・トゥッテ♪)
仕事帰り、久しぶりにMETライブビューイングに出かけました。今回は1828年に初
 
 


 
編集 編集