のこぎりものには福がある

のんびり・ぼちぼち・気の向くままに・・・

北斎漫画展

2016-10-17 | お出かけ
時々投函されているタウン情報誌で、「北斎漫画展」というのを見つけた。
場所は茅ヶ崎市美術館。



これは行きたい!
というわけで、友人を誘って行ってきました。昨日。。


それにしても、茅ヶ崎市美術館、自分も友人たちも誰も知りませんでした。。。(^^;)
http://www.chigasaki-museum.jp/

茅ヶ崎駅南口を出て歩いて数分。図書館の隣にありました。

かつてこの地にはオッペケペー節で知られる明治時代の新劇俳優・川上音二郎、貞奴夫妻の居宅(萬松園)が建てられ、その後、実業家・原安三郎が別荘を構えていました。現在、美術館のまわりは茅ヶ崎の古くからの景観を良く残す緑地公園となり、早春の頃には紅白の梅が美しく、四季を通して自然の豊かな市民の憩いの場となっています。
~美術館HPから拝借~

これだけで「へーっ」って感じですが、閑静な日本庭園の中にありました。

入り口



表札もあって、まさに別荘の雰囲気丸残しです。

この庭園は、これはこれでまたゆっくりと来て散策したいですね。

その中をちょっと歩いていくと、美術館が現れます。




そして入館料を払っていざ中へ。
ここからは写真禁止。


北斎漫画十五編を順番に並べて、その中身を額に入れて抜粋展示。
それでもすごい量です。

もともと画集本なので考えてみれば分かりそうなもんですが、1ページがだいたいB5版くらいのサイズでしょうか。思ってたよりずい分小さいです。
そしてその分細かい!

そして細かいながらも、デッサンがものすごくしっかりしていて、躍動感にあふれている。
何かをするしぐさなどは、腰の入り方をはじめ力の入れ具合がしっかり観察、表現されているので、動きとして説得力があります。

他に動物、昆虫、魚、草木、自然、建物、想像上の動物、怪物など本当に多岐にわたって描かれています。
なかったのは宇宙くらいかな?(笑)
でも「大爆発」なんてものもありましたよ!

「お供はつらいよ」とタイトルのついた絵は、主人が厠で踏ん張ってるその外で、家来たちが臭そうに鼻をつまんでる絵ですが、厠の中に「あいあいがさ」の落書きが書かれていて、そんなところにも驚きと感動を覚えてしまったのでした。


妻も一緒に行って、2人で大満足しまして、ついつい図録のほか、置いてあった関連書籍3冊も一緒に購入してしまいました。

高校の漫研の子たちも観に来て欲しいですね。。。
文化祭で展示を見たけど、自分たちの描きやすいイラストしか描いてなかったようなので。。。




その後は、駅前の居酒屋へ。



この秋刀魚の刺身は美味かったですね。


久々に飲み放題で飲んでましたが、これまた久々に二日酔いになりました。。。(苦笑)。。。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋空 | トップ | 日ピに入りました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL