写真ブログ

花と風景の写真

波志江沼で照準器のテスト

2017-12-08 15:41:54 | 100-400L

EOS7D+EF100-400+1.4Xに照準器を付けて

波志江沼で鳥の飛んでいるところを試し撮りしてきました

難しいですね

ファインダーを見ずに照準器だけを見て撮った場合

最初は位置ずれ、位置を修正したあとは半分がピンぼけです

AFのエリアは中央1点の狭いエリアで、

さらにAIサーボAFに設定しているので、

照準器のポイントがここと合えば

ピントの合った物を連続して撮れるのですが

撮りたい物(鳥)がここから外れると

ピンぼけの連続です

まずは、照準器で狙い続ける練習かな

 

カモがいたので、これでテスト

 

ちょっと横方向の位置がズレてますね

 

 

 

あとはピンぼけ

 

何か飛んでいたので撮ってみました

鳩かな 

 

池のカモ

これは縦方向の意図がズレてますね

 

これはトンビかなノスリだったかな

 

飛んでいるところを照準器で追ってみました

 

しっぽが三味線のバチみたいに台形なのはトンビ、扇型はノスだったかな

これはトンビですかね

うまく撮れた物を載せてます

 

 

 

 

いまのところ、確率60%くらいはこんな感じでピンぼけ

せめて、ピントが合ったものが80%位にはしたいですね

 

対象が大きいと、わりとうまくいきます

 

 

(撮影日:2017.12.06)

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 照準器 購入 | トップ | ガバ沼・多々良沼の白鳥2018... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

100-400L」カテゴリの最新記事