新栄堂の占い日記

私はプロの占い師ですが、鑑定をしながら日頃感じる事…を書いております。

人生の極意

2016年10月29日 | 四柱・その他
中国では人が生きていくうえで密接に関わる要素を以下の五つに定めました。

1.命…宿命というか、もって生まれた運命というか、その人の先天運(先天的傾向性)のことであり、最も大きな影響力を及ぼすとされる。・・・四柱推命で確実に割り出すことができる。
※先天運を知って、自分を生かす生き方をする。(知命と立命)適性を知る。

2.運…後天運(大運)のことで、たとえ「命」が良くても、運の巡りに恵まれなければ、苦しい日々を送ることになり、逆に「命」が悪くても、運の巡りに恵まれれば、潤いのある日々を送れる。だから「運」の到来を待つより他はないと言ってもよい。
季節で言えば運の春・夏・秋・冬。 「命」に次ぐ影響がある。

3.風水…環境のことで、どのような場所、家に住むかである。良き風水の地に住むことができる人生はうまれもった福徳によるとも言われる。
また反面、自分の意志と判断で選ぶことが可能である。

4.積陰徳…つまり善行を積むことにより、思いがけない福運を招き寄せることができる。
自分だけが良くなればよいという生き方でなく、まわりのためを思って救済、援助、奉仕するという姿勢を指す。

5.読書…これは学習する、勉強するという意味である。
また広く言えば、何かの技術・知識を習得し、何かの経験を積むとか、修行や研究なども指す。
いかなる人でも、どんなに才能豊かな人でも、この段階から出発するのであります。

※ 運命改善のポイント…宇宙の原則を正しく知り、天から与えられた個性や特性を磨き、人知れず善行を積み、良き環境に自分を置く様にすれば、運勢も改善し、やがては「命」をも改善することが出来る。ということです。「中国の格言から」

「積善の家には必ず余慶(よけい)あり。積不善の家には必ず余殃(よおう)あり。」
日々小さな善を積んでいけば、必ず慶びに行き着き、日々不善を積んでいれば必ず禍に行き着くという意味。
善の貯金のの様なものですね…。
特に家庭の和が基本ですが…
クリックしてね
オンライン講座
ジャンル:
占い
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妊娠おめでとう! | トップ | 運命の鍵は胎児にあるらしい。 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヨシィ)
2016-12-08 10:35:13
先月、ネット社会なのでたまたまたたいてみたところ、高校時代にホームスティしたアメリカ人の自分と同期の人の弟で、日本にも来たことがある
アメリカ人が、Thanksgivingディの前夜、両端がトウモロコシ畑の所で、スピード違反が原因か、車が道から飛び出し、 フェンスに激突、その衝撃であっけなく死んでしまいました。彼の両親は、今も健在で、大草原の小さな家の主人公に出てくるような非の打ちどころない、素晴らしい家庭なのに、50そこそこでこのような大不幸の目に会わないといけないのか、とこの世には神も仏もないと考えさせられる事件ですが、それと同時に自分の同期の兄貴も、30歳の誕生月に無くなっていたこともわかり、より深く衝撃を受けた次第です。また、この家族の他にもう一つの家族のスティ先で、自分の同期の彼も、
アメリカ軍に高校卒業と同時に入隊、その後帰国していたと思いますが、12年前に死亡して、軍人関係墓地に埋葬されていることもわかりました。これらの自分より若い歳での死去に信じられない気持ちでいろいろ考えてみましたが、それぞれの命式に偏りとか凶というものでもないようですが、3人とも死んだ年が歳運が空亡にあたっていて、その他に他柱に羊刃がめぐってくる年であったということ。空亡は、新規なことをしなければ、恐れることはないとか、または逆に、いろいろ不幸なことが起こる年とも言われていますが、やはり、空亡の影響だったのでしょうか?
Unknown (ヨシィ様へ)
2016-12-08 12:40:42
空亡かどうかは、命式全体を見ないと何とも言えません。
亡くなった方の生年月日と生れた時間、そして凶事が起こった年月日が分れば良いのですが…。
Unknown (ヨシィ)
2016-12-08 14:05:37
アメリカ生まれなので、中国、日本で発展してきた四柱推命がそのまま適合するかどうかわかりませんが、

1965年9月18日生まれ、2016年11月23日、事故死
27歳まで、バイトみたいな仕事をして、ほとんど
スカイジャンピングに人生を没頭し、
1962年6月5日生まれ、1992年6月22日に死亡した兄、
死因は不明、医学の勉強を始め、医者に。

1964年2月9日生まれ、2004年3月16日没、高卒と同時に
陸軍入隊、西ドイツ3.~4年駐留。その後帰国。
再度、イラクにいったか、死因は不明。
Unknown (ヨシィ様へ)
2016-12-09 19:05:53
1965.9.18 生れの方は2016年に事故運が出ています(流年:傷官)。
また、1964.2.9 生れの方は、確かに医学等に向いていますが、慢性病に注意の暗示があり、1992年は病気を意味する偏印の流年でした。
1964.2.9 生れの方も大運と流年とが尅の年でした。
これだけで死ぬかどうかは解りませんが、その様な象意を持った命式であり行運でした。

Unknown (ヨシィ)
2016-12-09 20:17:30
お忙しい中、観ていただき有難うございます。書いた後、文脈が少し判りにくいものになってしまいました。どうも、すいません。
訂正させていただきます。医者になったのは、今回事故で
亡くなった1965.9.18です。彼は、母親が数学が得意で、高校も主席で卒業した、と自慢する子で、でも高校卒業後は、近くのお花畑で仕事を続け、そのお金の大半を週末スカイジャンピングに費やすと、数年経った大学時代に再開した時に嘆いていました。彼が、医師になったのは、兄が30で死んだ後に医学校に、結婚、働きながら通学し、医師資格を取得したようです。兄の死が何らかの動機になっているかどうかは、今になってはわかりませんが、頭がいいから、勉強しなくても医師になれたのでは、と思っています。高校卒業直後、再会しに行った時は、僕を30m以上ある橋につれていき、橋の中央から川に飛び込む遊びをしていました。命知らずなところがあるのか、勇敢としか思えません。自分は、ただ見ているだけです。彼の両親は、前記のように素晴らしい人柄で、敬虔なクリスチャンなので、日本では単純に無言で食事をしますが、夕食には必ず家族全員で、主が今日も一日、食事にありつけまして、神様に感謝します、また、その日のいいことがあれば、そのことも神の恵みに感謝を述べ、アーメンと十字を切って、毎日欠かさず食事をしました。その食事も、日本では、日本食以外に世界各国のグルメな食事をしますが、量は日本の3倍ほどの大量の野菜と牛肉でも、一番安そうな味気のないステーキサイズの味のしない肉にウィスターソースを付けて、茹でたジャガイモをずーと毎日食べるという、すごく質素なものです。たまに、チキンヌードル。稀に外食すれば、アメリカはファーストフードしかないので、マックか、メキシカンタバコか、ピザか程度です。食事にお酒とか飲んだことは一度もありません。おかあさんの方は、
救急車のサイレンを聞くだけで、この時間苦しんでいる人がいるんだと思って、悲しく涙が出る、と言うほどやさしい人だったことを、今回の事故死で思い起こしました。
もう、彼らには、2人の息子がいません。一番下の長女だけになってしまいました。死んだ医師も、危篤だったようで、現地のアメリカ人から死を惜しむ書き込みが多数寄せられています。自分も長くなるので、省略しますが、
今まで、2回若い時におとずれた空亡の時は、命を無くすということには至っていませんが、2度ほどその都度
大変な不幸ごとを経験しています。そもそも、四柱推命で調べるようになったきっかけは、その2回の経験からです。それよりも前に知っていれば、2度の難局を避けることができたのでは、と思っています。先生の書かれた
医学に向いてるとあるのは、医師になったのでなく、高卒と同時に陸軍に入った人で、9.11事件後、戦争に行ったのかどうか不明ですが、40そこそこで死んでしまっていることを今回の事故で知ることになりました。彼の父は、6年前に80で亡くなったみたいですが、彼の母は、
彼の妹とその子たちだけになってしまいました。自分も
最近、この歳になってくると、体が弱ってくるので、余計に80近い老体に、子供の死をいう不幸が降りかかるとどれほど、精神的にこたえるか、と同情の念に押しやれています。空亡は、何もしなければ怖くないと言われますが、何かをする場合はやはり気をつけなければならないと改めて思いました。また、善良な何の非もない人に降りかかる不幸に、善を積めば、何かいいことが帰ってくるという話には、多いに疑問に思う出来事です。
Unknown (亜紀)
2017-02-07 10:01:06
昨日、日テレの深いい話で、アンミカさんが出ていましたが、貧しい家庭から今は、お金持ちのセレブへという内容でしたが、命式をみると身が強すぎるうえに、印が過多していて財に恵まれるようではないのですが、どうでしょうか?1972.3.25
Unknown (亜紀様へ)
2017-02-07 10:22:32
生時不明では天干に印星双並び、そして五行では印星い比肩のみに三つずつの命式ですね。
ネットで調べたら、モデル・テレビ・ラジオ出演、デザイナー・エッセイ執筆や講演と多彩ですね。
印星は才能の星です。そして五行に比肩もありますので、印星を尅す財星を抑えています。故に印星が良く働く命式となります。エッセイや執筆・講演・放送・芸能関係は全て印星の内容ですね。
彼女の様に五行が偏った命式は世に出るしかないのですね。平凡な主婦が出来ないので、自分の才能で世に出たということですね。その結果としてお金にも恵まれる様になったということでしょうか?
ただし、松下幸之助の様な事業家の命式とは異なります。偏印が中心なので子供運は弱いかも?今年はダブル倒食で注意が必要ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL