新栄堂の占い日記

私はプロの占い師ですが、鑑定をしながら日頃感じる事…を書いております。

フランスのお国柄…?

2017年05月14日 | 今日の出来事


フランス大統領選挙に勝利した、エマニュエル・マクロン氏(39歳)が国内で大人気だそうです。
穏健派で知的な政治家である彼の妻は、25歳年上の64歳。
そして、中学時代の恩師だったとのこと…。
彼は、結婚して10年になる奥様のことを熱く語った…「彼女がいなければ、今の僕にはなれなかった」と。

上図は、2017.5.14から仏:第25代大統領予定のマクロン氏と、その奥様の命式です(生時不明)。

エマニエル・マクロンマン 満39歳(1977.12.21~)
神経学者の父親と、医師である母親との間に生れた。
政治経験はほとんどなく、中道の政治運動「前進」を昨年発足させたばかりで、今回の大統領選を勝ち抜いた。


ブリジット夫人 満64歳(1953.4.13~)
裕福なチョコレート・メーカーである家庭に育った。
最初のご主人は銀行家で、三人のお子さんがおられた。
彼(マクロン)と出会った頃は、私立高校で文学・ラテン語、演劇を教えていた。
2006年に最初の夫と離婚し、2007年にマクロン氏と再婚。

※ 彼の命式の特徴に印を付けておきました。

新栄堂ノホームページヘ
ジャンル:
占い
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 或る有名人 | トップ | ★2017年5月の東京(上目... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ケイ)
2017-05-15 21:26:36
夫人の生まれは、1月でなく4月ですね。お互いの相性はいいのでしょうか?マクロン氏は、もし彼女がいなければ、今の自分はいないというのは?
Unknown (もも。)
2017-05-16 14:16:04
んー。そうですね・・・。
この男性にとっては母親のような優しい(包容力)の
ある女性じゃないとうまくいかないですよね。
25歳年上というのは納得!!!
同年代の女性だったらかなりきつかった、
というかうまくいかなかったでしょう。
夫人も男性の気持ちを察するというか、読めちゃう人なので
ケンカにならないというか、なる前に手を打つ。みたいな。
夫人のような人じゃないとうまくいきませんね。
Unknown (ひまわり)
2017-05-25 09:17:20
お二人の日支同士が「冲」になっていても相性がいいんでしょうか?
上記のもも。さんが仰ってるように、うまくいってるのは、やはり奥さんが25歳年上で器が大きいからでしょうか?(旦那様に比べて十二運は弱いですが)
Unknown (ひまわり様へ)
2017-05-25 09:56:08
確かに日支の冲だけ見れば嫌ですが、命式全体を見れば比肩 帝旺(羊刃)双並びの男性には、この様な命式の女性が良いのでしょうね…。
Unknown (ひまわり)
2017-05-26 07:21:22
なるほど、ありがとうございました。<m(__)m>

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL