新栄堂の占い日記

私はプロの占い師ですが、鑑定をしながら日頃感じる事…を書いております。

栄美子の出張鑑定(2016年6月)

2016年05月29日 | ★出張鑑定&学習(東京 ・群馬 )
2016年6月度の小野里栄美子の出張鑑定を下記の日程で行います。

◆ 場所:けやきウオーク前橋(群馬県前橋市)

◆ 日程:6/2(木)・9(木)・16(木)・23(木)・30(木)です。…6月は毎週木曜日が担当となります。

◆ 時間:午後12:00〜19:00受付迄

※ 電話予約は090-7215-6194へ

  詳しい鑑定は、群馬県高崎市の新栄堂でお受け下さい。

  小野里 重房 師範
  小野里 栄美子 教範

 (新栄堂 電話:027-362-0074)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

敗財の大運

2016年05月27日 | 今日の出来事

上図はある女性の命式です。
彼女の命式は、生時不明ですが…
日干:丙午(羊刃)
天干星(変通星)の並びは、正財を中心とする食神との並び。
また、五行にも家庭性を表す財星(金)に星(●)が多く、官星・印星に星が少ない。
女性としては、優しい家庭的な人だと思う…。

正財が中心星なので、数え歳36歳の食神が終わる頃まではそれなりに楽しい日々が続いたと思う(やや度を過ぎる場合もあったかもしれないが?)
しかし、正財が中心の命式は、大運に強い敗財が廻って来ると一気に運気が落ちてしまい、「辛く寂しい時期へと」変貌する場合が多い(火尅金)。
この方の場合は、数え歳37歳から敗財 建禄(敗財)と、旺相する敗財が9年間廻る事となる。
食神 帝旺の楽しんだ時期から一転し、敗財の大運では人間関係もチグハグとなりやすく、「私の気持ちをわかって欲しい」という思いが強くなる傾向がある。
そして、相手よりも自分の情を優先した「愛されたい」という思いから魔が刺しやすくなる場合が多い様だ。
敗財の時期は情を引きずりながら、情に流され目的を失う傾向が出て来る様に思える。
敗財は正財という宝(愛・健康・財)を尅す星なので、人間関係や健康、そしてお金や志しを流さぬ様に注意が必要な時とも言える。

クリックしてね
新栄堂のホームページヘ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

正官と偏官の違い。

2016年05月25日 | 今日の出来事

上図は私の甥の命式です(生時不明)。
彼は、なかなかの働き者で、男気の強いところがあります。
当流派の見方では偏官と印綬とがならぶ「官印両全」の形の命式で、五行にも財星があることから、仕事がメインですが優しさや家庭性もあります。
この様に偏官が中心星の命式は行運に傷官が来る時が注意の時期とも言えます。
案の定、傷官の大運の時に上司との関係で意見の相違からトラブルが発生しました。
周囲からは、もう少し上手にすれば良かったのに…と、言われました。

官星には(正官と偏官)とがあります。…他流派では官星は正官で、偏官は七殺とも言われています。

正官は調教されたサラブレットの様なものです。
品もありますし、調教されているので「嫌な主人」でも主人なら乗せます。

偏官は野生馬みたいなところがありますので、たとえ主人でも、「気に入らない」と乗せない場合があります。

彼の場合も中心星が偏官ですので、たとえ上司の命令でも、筋が通らなければ反論する場合が出てきます。
その結果、左遷。…偏官は、力ずくでは長いものに巻かれるのが嫌なのですね…。
行運に傷官が来る時期は少々荒れました。
年上に印綬が無ければ、もっと荒れていたかも知れません…
クリックしてね
新栄堂のホームページヘ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

比肩と財との並び。

2016年05月20日 | 今日の出来事

上図は、最近マスコミで話題となっている或る男性の命式です(生時不明)。
日干:戊午 帝旺(羊刃)
天干(変通星)の並びは、正財を中心とした比肩との並びで、月上の癸 正財が日・年の戊 比肩に挟まれ、干合して引張られながら尅される命式と言えるかも知れません。
また、五行を見ますと、財星(水)に星(●)が3つと少々多い様です。
この様な並びの命式は、比肩(我)が財(お金・女)を引き寄せながら、結果的には財(宝)を尅してしまう傾向があります。
財には、お金・妻・家庭・父親・優しさという意味もあります。
命式の通り…
・彼は愛妻家という事ですが…、3回目の結婚とのこと。
・父親が早く亡くなり、貧困の中で苦学したとのこと。
・今回、お金の私的流用疑惑が浮上。
・ニュース等では、ややケチな傾向もあるようです(正財 絶)。
この様な命式はお金や女性問題には注意の暗示がありそうです。


もし、生まれた時間が午前8時頃なら…
時柱が丙辰 偏印 冠帯 となり…
知的で、趣味等のコレクション収集にも興味を持つこともある。
また、年支の子と時支の辰、そして流年支の申と「申子辰」水局し、水が財星となることから、お金の問題が表に出やすい年ともなりやすい。
新栄堂のホームページヘ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六月の暦の会の開催(2016.6.17.金)

2016年05月19日 | ★出張鑑定&学習(東京 ・群馬 )
四柱推命の勉強会(暦の会)のご案内。
2016年6月17日(金)に定例の四柱推命の勉強会(暦の会)を開催致します。
参加希望の方、又は詳細希望の方はご連絡下さい。(新栄堂:027-362-0074)

日時:2016年6月17日(金)午後1:00〜4:00
場所:高崎市中川公民館 2F図書室: 群馬県高崎市小八木町1117(公民館への問い合わせはご遠慮下さい)。
内容等:四柱推命(安田流)の勉強会です。
詳しい内容はご連絡下さい(電話:027-362-0074)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やや横着な星。

2016年05月16日 | 今日の出来事

上図は私の知り合いの女の子の命式です(二十代前半の女性)。
彼女の命式は、日干:癸の印綬を中心とする食神と正官の並びの命式で、五行も比較的バランスよく星が並んでいます。
年上の食神は帝旺と旺相し、中心星の印綬は養(中庸運)で、時上の正官は休囚運と少々弱いです。
天干の並びは吉星三並びで見た目も可愛らしく愛想も良く、目上の引立てもありますし人気もあります。
正官の十二運が弱いためか、あまり強いリーダーシップはなく、事なかれ主義でやや夢の世界に生きる傾向があります。
映画などは好きで、特にディズニー映画のアニメが好きだと言っていました。
印綬も食神も平和主義な星ですし、人からは悪くは思われたくない星です。
干支合も多いので、人間関係を上手にする星です。
意外と外では気を使い、家に帰るとホッとするのでしょう…。
家の中ではとても横着だと言っていました。
吉星は、吉星なりに気を使うものですね…・
女の子には良い命式です。
クリックしてね
新栄堂のホームページヘ


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

陽干陽支のみの命式。

2016年05月14日 | 今日の出来事

上図の命式は四柱八字が全て陽干陽支の命式です。
日干の「陽」から他柱の干支の「陽」を見れば、その変通星は「偏」となります。
陽と陽は反発しあい、陰と陰も反発します(不配偶)。
磁石の場合、「+と+」、「−と−」とを近づけると反発して動きます。

この命式の場合は、天干の並びが偏官と偏印とが並ぶ「官印」の並びとなります。
「正」はじっとしても刺激を受けることができますが、「偏」は、動かないと刺激を得られません。
特に五行の官星と印星に星が多いので、この命式の方はじっとしているのが苦手だと思います。
また、考えるのも好きだと思いますが、少々ユニークな考え方をする傾向があると思います。

五行の(水木火土金)が季節の(春夏秋冬と変り目の土用)を表すなら、陰陽は夜と昼みたいなものです。
四季が揃い、朝昼夕夜が揃った命式はある意味ではバランスが良いですが平凡でもあります。
この命式は、ある面では陰陽五行に偏りがあります。
命式の特徴を知って、それを活かせれば人生は楽しくなると思います。

クリックしてね
新栄堂のホームページヘ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

才能で生きる星。

2016年05月10日 | 今日の出来事

上図は知り合いの女性の命式です。
日干:庚の傷官を中心とする印綬・食神との並びの命式(印綬傷官格)で、年月の十二運が帝旺となっています。
(命式の特徴)
・天干の並びが「印綬傷官」…感受性が強く、学問芸能などの才能に秀でている。
・金水傷官…聡明で器用な人が多く、技術職や芸能関係等、才能で生きていく人に多い。
・年月の十二運の帝旺…母親や祖母が強い傾向がある。
・五行に財星が不及。

彼女の職業はデザイナーで、カメラやメカにも関心を持つ。
趣味は写真撮影で、自転車やバイクに乗るも好き。
また、母親との縁が強く、母の面倒を一人で看てる。
父親は海外で働いている。
クリックしてね
新栄堂のホームページヘ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人当たりの良い男性

2016年05月08日 | 今日の出来事

上図は私の知り合いのA氏の命式です。
彼の命式は…
日干:己で、月上の中心星に印綬を持つ偏財と食神との並びの命式です。
天干星(変通星)には印綬・偏財・食神という優しい吉星が並び、五行(丸い円)にも星(●)がバランスよく配置されています。
比肩:●●●(3個)
食傷:●(1個)
財星:●●△(2.5個)
官星:●▲(2個)亥卯未の木局
印星:●(1個)
彼の性格は、命式が示す通り、優しく人当たりの良い人柄で、争う事等は嫌います。
そして、才能で財を得る暗示があります。
人生、無理をせず、楽しみながら生きたいと思う星の並びです。
五行では財星と官星に星が少し多いのも現実世界で生きるには必要となります。
また、五行の比肩(土)に星(●)が3個あるので、表は優しくとも内面は意外としっかりしたところも持っています。
男性の場合、迫力に欠けるところがありますので、トップよりも女房役の方が合うと思います。
彼の場合、ボーイッシュな奥様と結婚されました。
お似合いのカップルだと思います。

クリックしてね
新栄堂のホームページヘ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

倒食の大運

2016年05月04日 | 今日の出来事

上図はある女性の命式です。
2014年9月にある女性議員が送った手紙が話題となった。
その手紙の内容が「人を呪わば穴二つ」という内容だったそうです…
女性の命式は日干:癸亥(納音:大海水)の天干に食神と比肩とが並ぶ命式です(生時不明)。
この星の並びの方は、慨して品が良く、中には親分肌(姉御肌)の人も居ます。
また、生れた時間に偏官でも出ているのかも知れません。
月上の食神が年上の比肩や、時上の星が暴れるのを抑えていると考えられます。
しかし、数え歳55歳〜63歳の大運に辛未 偏印 墓が廻って来ると…
大運の偏印が月上の中心星の食神を金尅木と強く尅す天戦地冲の大運となりました。
そこで、抑えがなくなった比肩や時上の天干星が暴れたとも見ることができます。
また、問題発覚の九月の流月は癸酉なので、四柱本体の巳・丑と金局して金の偏印が強まる比肩の月でもありました。
正義感が強くなり、少々過激な文章を送ってしまったのかも知れません。
正義感が強い事も必要ですが、この様な大運の最後の時(大運の最後っ屁)には、それが災いする場合もあります。
クリックしてね
新栄堂のホームページヘ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加