新栄堂の占い日記

私はプロの占い師ですが、鑑定をしながら日頃感じる事…を書いております。

印綬

2017年01月19日 | 今日の出来事
私の知り合いに、天干に印綬と正官とが並ぶ命式の女性がおられます。
「官印両全」と言いまして、社会で才能を発揮する命式で、社会の様々な分野で活躍されている方が多い命式です。
その方は、官星が印星を生ずることから比較的「印綬」が強く働きやすい命式となっています。
五行では正官に星(●)が3つ、印綬に4個ぐらいの感じでしょうか…。
印綬が強く働きやすい命式でした。

印綬は学問の星であり、頭脳の星でもあります。
内面的な世界や生き方を求める思想観念の星でもあり、文芸文学や古典的な芸術性を持たれた方も多い様です。
そして、コツコツと努力を継続する星(変通星)でもあります。
その学習方法は、とにかく努力家で、細かくメモを取り、教科書は端から端まで、全部読みます。
また、目上の引立てがあり、コツコツと努力を続け、その努力が積み重なって大輪の花を咲かせる命式でもあります。特に印綬の十二運が旺相していると、その傾向が強くなります。

コツコツの印綬に対して、対照的な星が「傷官」です。
印綬は筋道立てて理性で考えますが、傷官は感覚と閃きでポイントを掴みます。
感覚が鋭いので、ポーンとワープするのでしょうね…。
当方の生徒さんにも、印星が太過する方と、食傷が太過する方がおられます。
印星太過の方は筋道を立てて論理的に話しますが、食傷太過の方は、ポーンとツボを突きます。
閃くのでしょうね…。
互いの話を聞いていると、その違いがとても面白いですし、参考になります。

クリックしてね
新栄堂のホームページヘ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十二運「墓」

2017年01月17日 | 今日の出来事

上図の二つの命式は、共に月支の十二運に「墓」が付いています。
十二運の「墓」は休囚運の一つで、基本的な意味には「過去・墓守・宗教性・先祖・理財・金庫」等の意味があります。過去や墓等は古いものを表しますので、十二運に墓を持つ方は、神社仏閣や歴史等に興味を持ったり古典的なものにも意識を持つ方も多く、ややマニアック的な傾向もあるようです。
特に天干星に印星が出ているとその傾向が強くなり、占い等に関心を持つ方も多い様です。

(各柱に付く「墓」)
生年に墓を持つ方…宗教的な感覚を持ち、先祖の墓を守る人も多い。
生月に墓を持つ方…中年期に宗教や占いに興味を持ったり、母親がその様な傾向があった場合もある
生日に墓を持つ方…先祖の墓を守ったり宗教性の強い人が多いが、やや孤独で陰気な一面もある。
生時に墓を持つ方…跡継ぎ運はあまり強くはない場合が多い。

そして、変通星では、傷官や偏印の十二運に「墓」が付くと、宗教性や占術等に興味を持つ人も多い。

四柱の生徒さんの中にも十二運に「墓」を持つ方が多かったですね…。
クリックしてね
新栄堂オンライン講座
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★2017年2月の東京(上目黒)での出張鑑定会のお知らせ:2017.2.20(月)★

2017年01月15日 | ★当方の四柱推命について
■2017年(平成29年)2月20日(月)に、東京都目黒区上目黒の『HIDEAWAYS DINING』で、東京 第54回目の新春 出張鑑定会(四柱推命での鑑定)を開催します。是非、ご利用下さい。

【日程】平成29年2月20日(月)

【場所】『HIDEAWAYS DINING』:東京都目黒区上目黒3-32-5-2F。(中目黒駅から徒歩5分)
    ※ 中目黒駅西口を出て左折二つ目の十字路を右に曲がって直ぐ左側の建物の2Fです。
    ※ 会場(場所)の確認等は、新栄堂(電話:027-362-0074 又は090-1667-9987)へお尋ね下さい。 

【時間】AM 9:30~PM 6:30(終了)各時間帯2名まで。
    (午前の部)
1.AM 9:30~10:30(60分間)…予約受付中です。
2.AM 11:00~12:00(60分間)…お1人OKです。
     昼休み 
    (午後の部)
3.PM 1:00~ 2:00(60分間)…お1人OKです。
4.PM 2:30~ 3:30(60分間)…予約受付中です。
5.PM 4:00~ 5:00(60分間)…予約受付中です。
6.PM 5:30~ 6:30(60分間)…お1人OKです。

※ PM 6:30で終了(12名様 限定です)

【鑑定代金】

60分…\10,000です(複数件可)。
※ 時間内3名様迄の鑑定が可能です。3名を超えると、お一人につき、\1,000 加算されます。また、鑑定時間は20分まで延長が可能ですが、10分で\1,000の延長料金が加算されます。(お客様の命式表と簡単な説明文を無料でお渡し致します)。


【鑑定者】
小野里 重房…五行推命学研究会:師範
小野里 栄美子…五行推命学研究会:教範

【申込み】
新栄堂:小野里まで連絡を下さい(予約制)

お申し込みはこちら…空き時間を確認して再度ご連絡します。(連絡が無い場合は直接お電話を下さい。携帯電話からのメールの場合、こちらから送信したメールが届かない場合もあります。)

電話:027-362-0074  FAX:027-364-3039  当日の連絡:090-1667-9987 

【鑑定準備の為に下記内容をお知らせ下さい】

1.お名前と性別(男女で運気の流れが異なります)
2.郵便番号とご住所(通常、郵便物はお出ししません。)
3.電話番号(なるべく携帯電話)
4.生年月日と生まれた時間と性別(複数人可:3名迄。3名を超えると、お一人につき\1,000 加算されます。)
5.鑑定希望時間
6.相談内容をお知らせ下さい。

※ 個人情報は厳守致します。

※ 群馬県高崎市の新栄堂での鑑定は随時おこなっております(予約制)
  高崎市での鑑定はこちら

新栄堂
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★2017年1月の東京(上目黒)での新春 出張鑑定会のお知らせ:2017.1.23(月)★

2017年01月14日 | ★出張鑑定&学習(東京 ・群馬 )
■2017年(平成29年)1月23日(月)に、東京都目黒区上目黒の『HIDEAWAYS DINING』で、東京 第53回目の新春 出張鑑定会(四柱推命での鑑定)を開催します。是非、ご利用下さい。

【日程】平成29年1月23日(月)

【場所】『HIDEAWAYS DINING』:東京都目黒区上目黒3-32-5-2F。(中目黒駅から徒歩5分)
    ※ 中目黒駅西口を出て左折二つ目の十字路を右に曲がって直ぐ左側の建物の2Fです。
    ※ 会場(場所)の確認等は、新栄堂(電話:027-362-0074 又は090-1667-9987)へお尋ね下さい。 

【時間】AM 9:30~PM 6:30(終了)各時間帯2名まで。
    (午前の部)
1.AM 9:30~10:30(60分間)…満員です。
2.AM 11:00~12:00(60分間)…満員です。
     昼休み 
    (午後の部)
3.PM 1:00~ 2:00(60分間)…満員です。
4.PM 2:30~ 3:30(60分間)…満員です。
5.PM 4:00~ 5:00(60分間)…満員です。
6.PM 5:30~ 6:30(60分間)…満員です。

※ PM 6:30で終了(12名様 限定です)

【鑑定代金】

60分…\10,000です(複数件可)。
※ 時間内3名様迄の鑑定が可能です。3名を超えると、お一人につき、\1,000 加算されます。また、鑑定時間は20分まで延長が可能ですが、10分で\1,000の延長料金が加算されます。(お客様の命式表と簡単な説明文を無料でお渡し致します)。


【鑑定者】
小野里 重房…五行推命学研究会:師範
小野里 栄美子…五行推命学研究会:教範

【申込み】
新栄堂:小野里まで連絡を下さい(予約制)

お申し込みはこちら…空き時間を確認して再度ご連絡します。(連絡が無い場合は直接お電話を下さい。携帯電話からのメールの場合、こちらから送信したメールが届かない場合もあります。)

電話:027-362-0074  FAX:027-364-3039  当日の連絡:090-1667-9987 

【鑑定準備の為に下記内容をお知らせ下さい】

1.お名前と性別(男女で運気の流れが異なります)
2.郵便番号とご住所(通常、郵便物はお出ししません。)
3.電話番号(なるべく携帯電話)
4.生年月日と生まれた時間と性別(複数人可:3名迄。3名を超えると、お一人につき\1,000 加算されます。)
5.鑑定希望時間
6.相談内容をお知らせ下さい。

※ 個人情報は厳守致します。

※ 群馬県高崎市の新栄堂での鑑定は随時おこなっております(予約制)
  高崎市での鑑定はこちら

新栄堂
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

気の流れ

2017年01月13日 | 四柱・その他

上図は或る架空の女性の命式です。
彼女の命式は…
日干:癸で、月上の中心星に偏官を持つ印綬と劫財との並びの命式です。
また、五行を見ますと、食傷(木)と財星(火)に星(●)が乏しいのも特徴です。
気の流れは月上の偏官から年上の印綬、そして時上の劫財へと流れています(官→印→比)。
女命で月上に偏官を持つ場合、時として男の代わりに仕事をする様な立場に立つ人が多く、家庭よりも仕事に邁進される方が多い様です。
この様な命式の方は、結婚・出産に適した年齢に良い大運(財星とか食神)が来ておれば良いのですが、そうでない場合は注意も必要です。
また、結婚相手には、優しい家庭的な男性が良いかも知れませんね…。

星(●)が固まるということは、その星が意味するものの優先順序が高く(執着する)、星が無いという事は、その星が意味するものに無頓着(執着しない)ともいえます。
仕事も大切ですが、家庭も大切です。
また、勉強も大切ですが、遊びも必要です。
五行のバランスが良いのか悪いのか…。
自分の運を知って、過不足を理解し、「時に合った生き方」、命式をコントロールする人生がポイントかも知れません。
クリックしてね
オンライン講座へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日支から見た配偶者への傾向性。

2017年01月12日 | 男女の相性と結婚の時期
男女の相性を見る場合は、お互いの命式全体を見る必要があるのは勿論です。
しかし、配偶者に対する傾向性を、パッと部分的に見る方法もあります。
特に日柱は夫婦の柱で、その中でも日干は自分、日支は配偶者とも言われています。
今回は日支の十二運という観点から、配偶者に対する傾向性を出してみました。

日支の十二運と配偶者への傾向性。
(日支)…配偶者に対して、良い面&悪い面。
 胎 …何かと気を配り準備するが、愚痴や不満も多くなる場合がある。
 養 …面倒見が良く、何かと養い世話を焼くが、しつこくなる場合もある。
 長生…素直に優しく接するが、そそっかしくて未熟なところもある。
 沐浴…新鮮(性的)な魅力を求めやすいが、満足できないと移り気から情のトラブルを起す場合もある。
 冠帯…自分を実際よりも格好よく見せたがる傾向があるが、面子に拘り過ぎる場合もある。
 建禄…実際の身の丈で対応する傾向があるが、実利的でムードや夢は乏しい傾向がある。
 帝旺…自分のペースでリードする傾向があるが、時として自己中で我儘になる。
 衰… 過度な要求はしないが、時として淡白で無関心になる場合もある。
 病… 何かと気遣いをするが、時として繊細さからイライラする場合もある。
 死… 静かな安心感を与えるが、時として配偶者を相手にせず自分だけの世界で突き進む場合もある。
 墓… 面倒見は良いが、時としてケチで古い考えに囚われる場合もある。
 絶… 「あっ」と思う様な面白さで楽しませることもあるが、あっさりしてい無頓着な場合もある。

※以上は、あくまでも傾向性です。
クリックしてね
新栄堂のホームページヘ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドクターX~外科医・大門未知子

2017年01月08日 | 今日の出来事

上図は視聴率20%を持続するドクターX~大門未知子を演ずる女優の命式です。
私の末娘もこのドラマが大好きで、テレビ版を見ながらいつも見ています。
勿論、私も一緒に見ますが、主人公のセリフで「私、失敗しないので。」と、巧みなメスさばきで患者を救うシーンはとても痛快でおもしろいものでした。
少し突っ張った役柄。命式と役柄とが一致しているとも思いました。
大門未知子役の女優さんが結婚したのが2014年の甲午の流年の時。
日干:己の彼女から見ると、その年(甲午 正官 建禄)の年は、甲己 干合して夫(正官)を得る年でもありました。
ただし、生時不明ですが、彼女の命式には官星(木)に星(●)が多すぎます。
もう少し、印星(火)に星(●)が出ていれば良かったとも思います。
結婚後、直ぐに別居の噂も聞いていましたが、昨年末に決着とのこと。
生時不明で財官の並び、官星が多い彼女にとって印綬の年は悪い年ではないと思います。
或る意味良かったのかも知れませんね…。
彼女の益々の活躍を期待します。
クリックしてね
新栄堂のホームページヘ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

身旺・身弱

2017年01月03日 | 今日の出来事
日干が強くなる命式を「身旺」。
そして弱い命式を「身弱」といいます。
そして、身旺と身弱の中間になる命式を「中庸」の命式といいます。
身旺の人の基本的な傾向は、運気の発展性があり、一度運気が落ちても再起できる運を持っていると言われ、福運も厚い傾向があります。
そして、人の上位に立てる運気を持っていると言われています。
男性の場合には管理職になれる運を持つ人が多く、女性でも職業婦人で活躍されている方が多い様です。
また、夫婦の場合、妻が身旺の場合は家庭に収まり難く、夫が身弱であると、夫を尻に敷く傾向があります。
また、身旺の人は運気の波が激しく、良い時と悪い時の波が激しい傾向があります。
逆に、身弱の人は控えめでおとなしい人が多く、運気の波の強弱も少ない傾向があります。
そして、身旺の人はエネルギーの方向性が外向き、身弱の人はエネルギーの方向性が内向きの傾向があります。

身旺・身弱を判断する原則。
・五行で、自星である比肩と比肩星を生じる印星が多い(身旺の条件)。
・日干を中心として見た十二運が旺相。特に建禄・帝旺が多い(身旺の条件)。
・月令得ている。(例)木日干:春生れ。火日干:夏生まれ。金日干:秋生まれ。水日干:冬生まれ。土日干:夏&土用生れ。
・自星を中心として見た五行のバランス。

身旺の人は、自分自身を押し出せる傾向があり、身弱の人は自分自身を引っ込めてしまう傾向があります。
しかし、あまりにも身旺過ぎると、自己主張が強すぎて孤立する場合もあります。

・身旺の人→自分を主張しやすい。
・身弱の人が管理職になると→部下を使えず、自分で動いてしまう。
・身旺過ぎる夫は、妻に辛くあたったりする。
・身旺の女性は夫に不満を持ちやすい傾向がある。
・キャリヤウーマンや女性経営者は身旺の方が良い。
・無難なカップル→男性は適当に身旺で、女性はやや身弱が良い。
・中庸の人は何かと無難。

私の知り合いのE子さん。
ご主人さんはかなりの身旺で、お子さん達もそれなりの身旺の命式。
そして、彼女の命式はどちらかというと身弱。
彼女は、妻や母の立場でもあるが、いつもまわりに振り回されてしまうと言っていた…。

クリックしてね
オンライン講座

コメント (29)
この記事をはてなブックマークに追加

印綬傷官の並び。

2016年12月29日 | 今日の出来事
当方では、天干に印星と傷官とが並んだ命式を「印綬傷官」の命式といいます。
傷官は感受性が強く才能はあるのですが、時としては暴れることがあります。
「印綬傷官格」は、その傷官を印綬が尅して抑える天干星の並びで、学問や芸能の才能があり芸能人や有名人にも多く、占いの大家にも多いと言われている星の並びです。
また、この並びは日干が強い(比肩が強い)方が、才能が世に現れると言われていますが、あまり強すぎると、独善性や孤独性になる場合もあります。
逆に、日干(比肩)が弱いと、精神的に不安定になりやすく、それで苦しむ場合もあります。
また、五行のバランスが良く、財星などが出ていれば人の痛みを分る優しさを持つともいえます。

傷官と印綬とは、交換神経と副交感神経の様な違いがあり、全く逆の要素を持った才能の星でもあります。
傷官:感情・直観・感覚・スピード…
印綬:理性・理論・頭脳・コツコツ…

五行に傷官が固まり印星の無い人は、直感力はあるが理論性に乏しいところがあり、逆に印星が固まり、食傷に星が乏しい人は、理屈が多く閃きや感覚が弱い人が多い様です。
鑑定等では、深い真理に裏打ちされた鋭い感覚が求められるので、印綬と傷官の両方を持つ命式が向いているといえます。
クリックしてね
新栄堂のホームページヘ
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年の日干毎の運勢傾向。

2016年12月25日 | 毎年の運勢(日干から見た)
平成29年の日干毎の運勢傾向。
■平成29年の干支は「丁酉」です。
そこで、平成29年の日干毎の大雑把な運勢傾向を記入します(平成29年の立春から)。
※以下の内容は日干毎の流年の傾向性です。また、注意月もワンポイントで記入しましたが、詳しい判断は命式本体や大運も見ないと何とも言えません。…特に大運と流年の両方が悪い場合は注意が必要です。
(参考)日干とは、生まれた日の柱の十干(甲.乙.丙.丁.戊.己.庚.辛.壬.癸)のことです。

● 日干:甲の人…傷官 胎(正官)…理想と現実とのギャップでややナーバスになりやすい年でもある。官星との尅が強くなる場合は注意が必要かも知れない。
4・5月は比肩・敗財の月なので自我を通して争ったり怪我をしない様にしましょう。

● 日干:乙の人…食神 絶(偏官)…やっと一息心も落ち着きやすい年となります。
ただし、大運や四柱本体に偏印があり、倒食となる場合は注意が必要。
3月は偏印 建禄の月、流年との関係で倒食となり、命式によっては儘ならなくなる場合もあります。
4・5月は劫財・比肩の月。命式によっては注意が必要な場合もある。
8・9月はまあまあ安定。

● 日干:丙の人…敗財 死(正財)…目的感が無くなり、溜息等も出やすい年(特に大運も悪い場合)。
人情や欲に流されて失敗しないように注意が必要な年とも言えます。
お金も流れやすいですし、人間関係もチグハグしやすい年です。
お年寄りの場合は健康にも気を付けて下さい。高額の買い物や投資やお金の貸し借りはしないように。
6・7月は比肩・敗財の月。特に6月の月運は丙午 比肩 帝旺(羊刃)となり、魔がさしやすい月とも言えます。自我心や欲を抑えて正しい思考と行いを意識して下さい。特に大運も悪い場合は要注意の月と言えます。

● 日干:丁の人…比肩 長生(偏財)…丁の人の昨年(平成28年)は劫財 沐浴と、何かと勢いで失敗したり散財した方も多かった様に思います。昨年ほどではありませんが、今年1年間も自我や欲望を抑えて節度ある生活を心掛けて下さい。新しい出発という暗示もありますが、結果は直ぐには出ない場合もあります。
5月は年配の方は念の為健康診断を受けて下さい。
6・7月は旺相した劫財・比肩の月ですので、我欲や無理は通さない様に自重して下さい。この2か月間はおとなしくして調和のとれた生活を意識して下さい。高額な買い物や投資等はされないように。海外への渡航は悪くないです。

● 日干:戊の人…印綬 死(傷官)…昨年同様、勉強や研究等には良い年だが、外で出て行こうとする気持ちは弱い。また、人によっては母親の事で気になる事が生じる場合もあります。特に印星太過の方は考え過ぎてネガティブにならないようにして下さい。若い方の場合、恋愛等は燃え上がり難い傾向があるともいえます。
4・5月は旺相した官星が出る月ですので、社会運(仕事運)はアップしやすい月ともいえます。
6・7月は偏印・印綬の月。印星太過で考え過ぎる方は、ポジティブな思考を心掛けて下さい。
8・9月は比肩・敗財の月。人とのコミュニケーションを上手に図りましょう。

● 日干:己の人…偏印 長生(食神)…年配の方は健康診断をきちんと受けて下さい。特に五行に財星が無く、食神を壊して倒食となる命式の場合は無理をしないで下さい。戊の方と同じ様に、勉強や研究には良い年ですが、外的な行動力は減退します。自分自身を内観するには良い年だと思います。
6・7月は印星が固まりやすい月となります。受験生の場合は勉強がはかどるかも知れませんね。
8・9月は劫財・比肩の月。特に8月は劫財に荒れる十二運の沐浴が付きますので、魔が刺さぬ様に欲を抑えて正しい生活を心掛けて下さい。(大運が悪くなければ大丈夫だと思いますが…?)
11月は食神の月。流年との関係で倒食になる場合もあるので、その様な方は無理はしないようにして下さい。

● 日干:庚の人…正官 帝旺(羊刃)…社会運は旺盛だが背伸びをしたり行き過ぎには注意が必要。特に四柱本体や大運等に強い傷官を持つ方。また、十二支の巳・丑が共にある方は、金局して金(比肩)が強くなりますので、注意も必要です。
3月は傷官の月。傷官と正官とのバランスが悪い場合はガタガタする場合もあり。
6月は偏官 沐浴の月。官星が固まる命式の場合は、職場の異動やプレッシャーを感ずる場合もある。
10・11月は比肩・敗財の月。自己を主張しやすい時期なので根回しを大切に。

● 日干:辛の人…偏官 建禄(比肩)…行動力や意欲が湧いてくる年だが傷官とのバランスが大切。現状を変革したくなる年で、サラリーマン等は異動も多い。未婚女性は夫を得る暗示もあるが、夫婦関係でくすぶる女性は、不満が表に出やすい時期ともいえます。庚の人と同じ様に、四柱本体や大運等に巳と丑が共にある方は、少々注意が必要。また、官星太過で、偏官を抑える印綬や食神が弱い場合はカッときたり、自分を批判するものが表れる場合もある。
6・7月は官星が多くなりやすい月。命式如何ではカッときたり、忙しく走り回る場合もある。
10・11月は劫財・比肩の月。自己の思いを通したくなりやすいので、謙虚に生きるのがポイント。
12月は傷官の月、ややナーバスになりやすい月かも?

● 日干:壬の人…正財 沐浴(印綬)…吉星の正財も、沐浴が付くと良さが半減します。四柱如何によっては、男性は妻の事で荒れやすい場合もありますし、不動産や物の購入の場合は十分に注意をして下さい。
2・3月は比肩・敗財の月。此の2か月間は正財の意味する象意の良さが出難い月ともいえます。
12月と翌年の1月は比肩・敗財の月。特に12月の月運は比肩 帝旺(羊刃)の月。不動産や高額の物の購入は控えて下さい。

● 日干:癸の人…偏財 病(偏印)…社交性が広がり何かと楽しめる年。営業活動にも良い年で、男性の場合は女性に興味を持ちやすい年ともいえます。受験生の場合は、スケジュールを立てて勉強をしましょう。また、長男・長女の場合は、父親の事に注意をしておいて下さい。
2・3月は劫財・比肩の月。特に2月は劫財 沐浴なので賭け事や投資は慎重にして下さい。
5月は食神の月。男性の場合は女性に意識を持ちやすい月なので、良い出会いもあるかもしれません。
12月と翌年の1月は劫財・比肩の月。2月と同様に、賭け事や投資等は慎重に行って下さい。

※ 以上、平成29年の日干毎の大雑把な運勢傾向を記入してみました。
しかし、この内容はあくまでもその年(流年)の傾向性であり、四柱本体や大運によっては吉凶や判断の仕方が異なる場合も多々ありますので、参考程度に捉えて下さい。

クリックしてね
オンライン講座
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栄美子の出張鑑定(2017年1月)

2016年12月23日 | ★出張鑑定&学習(東京 ・群馬 )
2017年1月度の小野里栄美子の出張鑑定を下記の日程で行います。

◆ 場所:けやきウオーク前橋(群馬県前橋市)

◆ 日程:1/2(月)・5(木)・12(木)・19(木)・29(日)です。

◆ 時間:午後12:00~19:00受付迄

※ 電話予約は090-7215-6194へ

  ショッピングモール等の鑑定は、教範レベルの鑑定となります。
  詳しい鑑定は、群馬県高崎市の新栄堂:師範でお受け下さい。

  小野里 重房 師範
  小野里 栄美子 教範

 (新栄堂 電話:027-362-0074)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月の暦の会(四柱推命の学習会)のお知らせ。2017.2.17.(金)

2016年12月23日 | ★出張鑑定&学習(東京 ・群馬 )
四柱推命の学習会(暦の会)のご案内。
2017年2月17日(金)に定例の四柱推命の学習会(暦の会)を開催致します。
参加希望の方、又は詳細希望の方はご連絡下さい。(新栄堂:027-362-0074)問合せメール

日時:2017年2月17日(金)午後1:00~4:00
場所:高崎市中川公民館 2Fホール: 群馬県高崎市小八木町1117(公民館への問い合わせはご遠慮下さい)。
内容等:四柱推命(安田流)の勉強会です。平成29年度最初の学習会です。
詳しい内容はご連絡下さい(電話:027-362-0074)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月の暦の会(四柱推命の学習会)の開催(2017.1.20.金)

2016年12月22日 | ★出張鑑定&学習(東京 ・群馬 )
四柱推命の学習会(暦の会)のご案内。
2017年1月20日(金)に本年度最初の定例の四柱推命の学習会(暦の会)を開催致します。
参加希望の方、又は詳細希望の方はご連絡下さい。(新栄堂:027-362-0074)問合せメール

日時:2017年1月20日(金)午後1:00~4:00
場所:高崎市中川公民館 2Fホール: 群馬県高崎市小八木町1117(公民館への問い合わせはご遠慮下さい)。
内容等:四柱推命(安田流)の勉強会です。平成29年度最初の学習会です。
詳しい内容はご連絡下さい(電話:027-362-0074)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五行のバランス

2016年12月21日 | 今日の出来事

上図の命式はXさんの命式です。
日干:壬の天干に正財と偏官が並ぶ命式で、五行を見ますと、火の財星と土の官星に星(●)が3つずつ固まっている命式です。
この星の並びは財官双美の形になります。
財星は優しさや家庭性を表し、官星は責任感や仕事を表します。
財官に星(●)が多いということは、お金や仕事に意識を持ち、現実的な思考をする方が多い様です。
そして、財星は優しさを表し、官星は責任感を表しますので、優しさと責任感の両方を持った人が多いということです。
しかし、自星(水)に星(●)が弱いので、多すぎる財官をコントロールできない傾向が出てきます。
簡単に言えば、二本足で立った自分が3つを抱きかかえ、3つを背負っているともいえます。
この様な場合は、やや周りに振り回される傾向があります。
特に上図の年は行運を入れると五行の星の数は以下の様になります。

(●=1、△=0.5)
水(自星)●△△…2
木(食傷)△△…1
火(財星)●●●…3
土(官星)●●●●●●…6
金(印星)●●△△…3

二本足の自分(水)が3(火)つを抱きかかえ、6(土)つを背負っているという状態ですね。
火と土を足して9ですので、自分がつぶれてしまう傾向が出てきます。
財星の火が火生土と官星の土を生じ、太過した土が土尅水と自星(水)を堰き止める状態です。
仕事や社会の重荷によって、自分が疲れ果ててしまうことを暗示しています。
この年は忙しく走り回り疲れ果てる年ともいえます。
忙しいとは心が亡ぶともいいます。
この様な命式の方は、普段から自分自身を見つめる時間を取ると良いと思います。
古典等を学ぶ時期なのかも知れません。

クリックしてね
オンライン講座へ
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

父から子へ(テレビニュースから)。

2016年12月15日 | 今日の出来事

上図は、俳優・歌舞伎役者の香川照之氏の命式です。
1965年12月7日生れ(満51歳)身長171㎝。
東京大学文学部卒業。89年、大河ドラマ「春日局」で俳優デビュー。
2010年3月、『劒岳 点の記』で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。
俳優としては、カンヌ国際映画祭へ3度(出演作品は2度の受賞)、ベルリン国際映画祭にも招聘(出演作品受賞)されている。
彼の演技力は独特で、どんな役を演じても彼自身の存在や主張が渦を巻いている。
代々の歌舞伎の血がそうさせているのだろう。

父は、スーパー歌舞伎で有名な二代目市川猿翁、母は元宝塚歌劇団雪組主演娘約で女優の浜木綿子さん。
父方の祖父は三代目市川段四郎、祖母は女優の高杉早苗、叔父は四代目市川段四郎、叔母は市川靖子。
母方の祖母は元タカラジェンヌで宝塚歌劇団47期生の浜由里子。
芸能の血筋の中で生れたのが彼だった。

しかし、彼が1歳の時、彼の父は家庭を去り、3歳の時に離婚したという。
父親は家庭を去ってから歌舞伎で蘇生できたと言うが、残された母子には様々な想いが…
芸の道と家庭との両立は難しのだろうか…。
彼は青春期に様々な苦悶をしたらしい。
また、彼の東大卒の背景には、父親を越えたいという母親の思いを感ずる。

その後、父親との関わりは無かったが、俳優デビューした25歳の時、彼は父に会いに行ったそうです。
しかし、彼の父は、「私とあなたとは何の関係もありません。もう二度と会う事はありません。」と冷たく言い放たれたらしい。
その言葉の背後にあるものは…。
父の厳しい愛なのか…?

彼は46歳の時に歌舞伎界でデビューした(市川中車)。
俳優としての演技力や、彼の息子の歌舞伎界での後ろ盾になりたいという思いからだったとのこと。
歌舞伎は通常5~6歳で初舞台ということだが、彼の場合は46歳でのデビューだった。
彼は疎遠だった父に稽古を求め、仕事(歌舞伎)を通して父子(子弟)の関係を埋めることが出来たかもしれない。
親子の縁を断ったのも繋いだのも強い仕事(歌舞伎)への執念かも知れない。

社会の中で、何かを極め何かを得るには、何かを犠牲にする必要もある。
彼の場合は、夫婦や親子の情の時間が犠牲になったのかもしれない…。
親子代々、歌舞伎や芸の才能も引き継がれるが、それ以外の夫婦や親子の情の関係も引き継がれると思う。

彼の命式は…(生時不明ですが)
日干:乙の天干に正財と比肩とが並ぶ命式。
(財星と比肩とが並ぶ命式の一般的な特徴)
・個性が強く、人の好き嫌いがハッキリしている人が多い様です。
・人情的な優しさと、冷たさが同居している様な印象を周囲に与える人が多く、嫌やとなったら見向きもしないかと思えば、気に入った人にはよく尽くす所があります。
・家庭的に辛い経験をしている場合が多く、特に親子関係は人間関係の基本ですから大切にすると良い。(比肩が財星を尅すと父親との関係が薄くなる傾向がある。)

彼の場合、30代~40代の大運に乙酉 比肩、甲申 劫財が続いて出ていた。
月上の中心星である正財が年上の比肩と大運の比肩・劫財とでサンドイッチ状態で尅される期間でもあった。
クリックしてね
新栄堂のホームページヘ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加