新栄堂の占い日記

私はプロの占い師ですが、鑑定をしながら日頃感じる事…を書いております。

多財星で印星が弱い。

2017年02月22日 | 今日の出来事

上図はあるA氏の命式。
彼の命式は…
日干:戊の天干に偏財が3並びする命式です。
五行を見ると…
土(比肩)●●
水(財星)●●●●●●
木・火・金は弱いですね…
五行が偏っています。
自星が戊(山)ですので、太過する水(財星)によって自分という山が土砂崩れの様に流されてしまう場合もあります。
この様な命式の場合、年回りによっては、財星(女性とお金)には注意の暗示があります。
財多くして財流れる。
現実的な命式で、楽しむのが好き、その為にはお金も…という人も多い様です。
自星(比肩)が弱いので、敗財や比肩が来る大運にバランスが取れるという意見もありますが、
中心星が偏財の場合は、それを尅す敗財や比肩の大運は、やはり注意が必要だと言えます。
特に敗財の時期は、環境に流されて志を失う場合もあります。
偏財や食神・敗財等は、情を求める星ですので、敗財・比肩等の分離の大運が廻って来ると、ちょっとした心の隙間や寂しさから、魔が刺す場合も多くあります。
日干:戊の方は昨年、今年は印星の流年、自分自身の心を尋ねて、何の為に生きるかを見つめるには良い時期かも知れません。水尅火と太過した水(財星)が印星(火)を尅し、何かと悩んだりもしますが、この様な時に原点を見つめ直すのも必要なことかも知れません。

クリックしてね
新栄堂のホームページヘ





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

傾向性

2017年02月16日 | 四柱・その他
変通星には、比肩・劫財(敗財)、食神・傷官、偏財・正財、偏官・正官、偏印・印綬があります。
通常、比肩・劫財(敗財)は、天干に出ない方が良いとされています。
天干にでると、比肩・劫財(敗財)の分離運が表面化されるからでしょう。
また、天干には吉星といわれる食神や正官等は並ばない方が良いとされています。
食神が並ぶと、見かけは食神ですが、内面は傷官化しますし、正官も天干に並ぶと偏官ぽくなる傾向があります。

当方の四柱推命では、月上の天干星を中心星として、年上や時上の天干星との並びを重要視します。
その次に、五行全体のバランスを見ます。

日頃鑑定をしながら感じることがあります…
星が固まる(3個以上)と、その固まった星の象意に意識を強く持つ(執着)するということです。
例えば、男命の場合、財星(偏財・正財)は女性やお金を意味します。
その財星が固まる(太過する)と、何かとお金や女性に対する意識が強くなり、また不思議と縁もあります。
しかし、年回りによっては、お金や女性の問題が発生しやすくなります。

官星は仕事や責任感・社会性やプライドを表します。そして、女命の場合は、男性を表します。
故に、良い官星が天干に一つあり、その官星が尅されていなければ、仕事や社会運は良いだろうとも判断できます(大雑把な判断ですが…)。しかし、官星が太過し過ぎると、職を転々とする場合もあります。
女命の場合は、複数の男性という見方もありますので、相性の良くない結婚をされた場合は、離婚再婚を繰返す場合もあります。

印綬には思考や身内(母親)という意味があり、その印星が多すぎると、考え過ぎたりしますし、男命の場合は時々マザコンの人も居ます。
その他、比肩(劫財)や食傷にも同じような事が言えます。
星が固まり過ぎると、その星が意味するものに執着しやすくなり、悪さも出て来るのですね…。

また、四柱八字ですので、8個の星が五行(五カ所)にバランス良く出れば良いのですが、どこかに固まると、何処かは不及(無い状態)となります。
星が無い場所は、その星が意味する要素が弱く意識も弱く(無頓着)になります。
太過すると執着し、不及(無い場合)の場合は無頓着となります。

また、「年月時」の天干に出る変通星の並びと、五行の星のバランスで「気の流れ」がどの様に流れるかがポイントです。気の流れの良い人は、先天運が比較的良い人とも言えますし、たとえ悪くても、行運(大運・流年)で、気の流れの良い時に運を掴むチャンスが廻って来ます。
自分自身の運を知って、今がどの様な時期かを知ることがポイントだと思います。

適度な執着心を持つと、その分野が伸びると思います。
執着心が強すぎると、他の分野が疎かになります。
適度な自我心、適度な感受性、そして適度な家庭性や社会性と思考性ですね…。
五行のバランスが良い人はな人生の浮き沈みも少ないといえます。
もし、自分の命式が偏っている場合は、その命式を活かす工夫をすれば面白い人生が待っています。
クリックしてね
オンライン講座

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

★2017年3月の東京(上目黒)での出張鑑定会のお知らせ:2017.3.27(月)★

2017年02月15日 | ★出張鑑定&学習(東京 ・群馬 )
■2017年(平成29年)3月27日(月)に、東京都目黒区上目黒の『HIDEAWAYS DINING』で、東京 第55回目の出張鑑定会(四柱推命での鑑定)を開催します。是非、ご利用下さい。

【日程】平成29年3月27日(月)

【場所】『HIDEAWAYS DINING』:東京都目黒区上目黒3-32-5-2F。(中目黒駅から徒歩5分)
 ※ 中目黒駅南改札から西口2を出て左折。線路伝いに歩き、二つ目の十字路を右に曲がって直ぐ左側の建物の2Fです。
 ※ 会場(場所)の確認等は、新栄堂(電話:027-362-0074 又は090-1667-9987)へお尋ね下さい。 
   
【時間】AM 9:30~PM 6:30(終了)各時間帯2名まで。
    (午前の部)
1.AM 9:30~10:30(60分間)…予約受付中です。
2.AM 11:00~12:00(60分間)…予約受付中です。
     昼休み 
    (午後の部)
3.PM 1:00~ 2:00(60分間)…お1人OKです。
4.PM 2:30~ 3:30(60分間)…予約受付中です。
5.PM 4:00~ 5:00(60分間)…予約受付中です。
6.PM 5:30~ 6:30(60分間)…予約受付中です。

※ PM 6:30で終了(12名様 限定です)

【鑑定代金】

60分…\10,000です(複数件可)。
※ 時間内3名様迄の鑑定が可能です。3名を超えると、お一人につき、\1,000 加算されます。また、鑑定時間は20分まで延長が可能ですが、10分で\1,000の延長料金が加算されます。(お客様の命式表と簡単な説明文を無料でお渡し致します)。


【鑑定者】
小野里 重房…五行推命学研究会:師範
小野里 栄美子…五行推命学研究会:教範

【申込み】
新栄堂:小野里まで連絡を下さい(予約制)

お申し込みはこちら…空き時間を確認して再度ご連絡します。(連絡が無い場合は直接お電話を下さい。携帯電話からのメールの場合、こちらから送信したメールが届かない場合もあります。)

電話:027-362-0074  FAX:027-364-3039  当日の連絡:090-1667-9987 

【鑑定準備の為に下記内容をお知らせ下さい】

1.お名前と性別(男女で運気の流れが異なります)
2.郵便番号とご住所(通常、郵便物はお出ししません。)
3.電話番号(なるべく携帯電話)
4.生年月日と生まれた時間と性別(複数人可:3名迄。3名を超えると、お一人につき\1,000 加算されます。)
5.鑑定希望時間
6.相談内容をお知らせ下さい。

※ 個人情報は厳守致します。

※ 群馬県高崎市の新栄堂での鑑定は随時おこなっております(予約制)
  高崎市での鑑定はこちら

新栄堂
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

タイプの異なる命式

2017年02月13日 | 四柱・その他

上図はタイプの異なる二人の命式です。

二人の命式の特徴は…

(左側のAさんの命式)
日干:壬で、月上の偏財を中心とする食神との並びの命式で、五行(木火土金水)の木(食傷)と火(財星)とに星(●)が固まり、土(官星)と金(印星)には星が弱い命式です(太過した財星が火生土と官星を生じますが…?)。気の流れは旺相した食神から偏財へと流れます。

(右側のBさんの命式)
日干:壬で、月上の正官を中心とする印綬との並びの命式で、五行(木火土金水)の土(官星)と金(印星)とに星(●)が固まり、木(食傷)と、火(財星)には星が弱い命式です。気の流れは正官から印綬へと流れ、十二運は全て旺相しています。


大雑把に言いますと、Aさんは、人生を楽しみたいタイプの命式で、楽しくなければ嫌というタイプになります。
そして、楽しむためにはお金も必要だと思う人ですし、不思議とお金にも縁があります。もしこの方が男性ならば、女性の気持ちを掴むのも上手でしょうし、女性にも縁があります。また、美味しいものも大好きだと思います。

Bさんの場合は、遊びよりも仕事に生きるタイプの命式です。人は何の為に生きるのか…?と、少々堅いところもあるかも知れません。男女共に仕事には意識を持ちますし、計画を立てて目標に向かうところもあると思います。
女性の場合は、専業主婦には向かないかも知れませんね…。

この二人、Aさんの日月の寅午とBさんの日支の戌が火局(寅午戌)して引きあいます。Bさんにとっては、火局して財星が出ることは良い事だと思います。
この場合、Bさんが男性、Aさんが女性の方が良いかもしれませんね…。
しかし、全く異なる星の並びですので、価値観の違いはかなりあると思います。
最初は互いに理解し難いかも知れませんね…
互いの運気の良い時期に一緒になれば良いのですが、そうでない場合は互いの不足のところが目についてしまう場合もあるかも知れません。
この様に命式や五行の違いによって、拘りや喜びの世界、そして優先順位も異なってきます。
命式や個性の違いもありますが、その違いを理解して、互いに原理原則に合わせる工夫が必要なのかも知れません。

クリックしてね
オンライン講座
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

病気になりやすい?

2017年02月09日 | 四柱・その他
久しぶりに友人に電話をしたら、ちょっと身体を壊した話が多かった。
60歳なかばになると、時には不調になる傾向がある。
高度経済成長から50~60年過ぎて、日本のインフラも老朽化。
首都高や、水道管も…
そこで、今回は健康に関するワンポイント。

健康という観点では、陰陽五行のバランスがポイントだと思います。
・陰のみとか、陽のみの命式や、五行の太過・不及も注意です。
・太過する五行と不及の五行が注意する場所となる場合も多いです。

木の病:肝臓・腎臓等の内臓疾患、肝臓癌、首から上の病気

火の病:脳溢血、心臓病、循環器系、眼科、火傷等

土の病:胃腸・大小腸の疾患や癌、ポリープ、痔病、癌

金の病:骨、筋肉、筋、リンパ、歯、金属事故、肺、結石

水の病:糖尿、血液の病、白血病、高血圧、泌尿器、婦人科、子宮筋腫、子宮癌、乳癌、性病、急性アルコール中毒等


次に、どの様な時に病気になりやすいか…?

・悩むと免疫力が下がる。
・活動し過ぎての疲れから。
・その他。

(四柱と行運の関係では…。)

・四柱に印綬が多い人は、財星の大運や死墓絶の流年が注意。
・四柱に財星が多い人は、印星の大運や死墓絶の流年が注意。
・官星が強い人は、傷官の時期。
・多財星の人は、流年に比肩・劫財(敗財)、死墓絶は注意。
・傷官が強い人は、流年に官星(正官・偏官)に怪我や事故に注意。
・比肩の流年は、愛する人との別れも多い。
・命式に財官が多い人(財殺ぎみ)は偏官の時期に注意。
・五行が固まり過ぎる(7つ以上)と注意。
・倒食の年(偏印が食神を壊す)は注意。
・偏印 病、比肩 病の年も嫌ですね…

病気が内部で始まる時期は、流年:偏印や死墓絶、沐浴の時。
発病しやすい年は流年:比肩の年。
偏印の流年はチェツクしましょう。

勿論、命式によっても異なりますが…
おおまかな傾向性と捉えて下さい。
クリックしてね
新栄堂 オンライン講座
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

命宮(めいきゅう)

2017年02月08日 | 四柱・その他
「命宮」とは、命式中の生時と生月との関係から一定の法則によって導き出した独特の看法で推命学の古法の一つとされている。
命宮の算出法は流派による違いはあるが、「命宮表」というものを用いて行う。
命宮の判断は「とどのつまり」とか、帰する処の様な意味があり、時柱判断の補足の様なものともいえます。
例えば、命式本体に印綬が無くても、命宮に印綬が出ていれば、晩年何か、にアカデミックなものに縁を持つ場合もあります。
また、四柱本体や行運が良いのに、現実はあまり良くならない場合は、命宮に嫌な星が出ている場合もあります。
五行的には、命式本体にとって必要な星が命宮に出ていると嬉しいですね…。
(この看法は補足的な見方)
新栄堂のホームページヘ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梟神(きょうしん)

2017年02月06日 | 四柱・その他
梟神(きょうしん)は「偏印」の別称です。
偏印を梟(ふくろう)に譬えてそのように呼んでいます。
偏印には表に現れない裏方的な意味があり、それらが夜に活動する梟(フクロウ)に譬えたともいわれています。
また、偏印を中心星に持つ人の顔は「下膨れ」になりやすいともいわれ、それが梟(フクロウ)に似ているからという説も…
日本と中国では、梟は…○○を食べて成長すると考えられていた…。



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

3月の暦の会(四柱推命の学習会)の開催(2017.3.18.土)

2017年02月04日 | ★出張鑑定&学習(東京 ・群馬 )
四柱推命の学習会(暦の会)のご案内。
2017年3月18日(土)に定例の四柱推命の学習会(暦の会)を開催致します。
参加希望の方、又は詳細希望の方はご連絡下さい。(新栄堂:027-362-0074)問合せメール

日時:2017年3月18日(土)午後1:00~4:00
場所:高崎市中川公民館 2F図書室: 群馬県高崎市小八木町1117(公民館への問い合わせはご遠慮下さい)。
内容等:四柱推命(安田流)の勉強会です。平成29年度最初の学習会です。
詳しい内容はご連絡下さい(電話:027-362-0074)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四方干徳(しほうかんとく)

2017年02月02日 | 吉凶星
当方の流派では、吉神の代表的なものとして「天徳貴人」と「天徳合」を用いています。
この二つを天徳星と言いますが、天徳星は先祖の徳を現し、四柱本体や行運に巡る場合は、災難を除き幸せをもたらすと言われています。
そして、四柱中に天徳貴人と天徳合が揃って出ている命式のことを「四方干徳」の命といい、先祖の功徳を沢山受けることが出来、大難は小難となり凶事にも九死に一生を得るとも言われています。

天徳星の用い方の例
・病気になり、良い医者に出逢いたいときに「天徳方位」を用いる。
・天徳星が現れる時期に天職に出逢ったり、良い気付きがあったりする(特に印綬に付く天徳の時期)。
・天徳の日に交渉事を進めると、比較的上手くいきやすい。
・天徳の時期は、比較的導かれやすい。

天徳星は月支から繰り出すことができます。

月支――→ 子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥
天徳貴人→ 巳 庚 丁 申 壬 辛 亥 甲 癸 寅 丙 乙
天徳合―→ 申 乙 壬 巳 丁 丙 寅 己 戊 亥 辛 庚

天徳の強さは十干の天徳の方が十二支よりも強く働きやすく、年柱に付く天徳はやや弱い。
また、変通星では印綬に付く天徳が一番良く働き、比肩(劫財・敗財)に付く天徳は効果は少し弱くなる。

小さい頃のトラウマを引きずって生きている人等が、印綬に付く天徳の大運に、良い教えや導き等の出逢いで解放される場合も多いものです。

クリックしてね
新栄堂のホームページヘ
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

十二運(胎)

2017年01月31日 | 今日の出来事
「十二運」とは、日干から見た十二支の強弱を表したもので、地支から導かれるので「地支星」とも言われています。
先日、日支に胎を持つ人に会う機会が続きました。
日支が胎になる干支は…
・丙子
・丁亥
・戊子
・己亥
・壬午
・癸巳 の6つがあります。

生日に「胎」を持つ人は以下の様な特徴があると言われています。

・子供の頃は甘えん坊で、親の手が掛かり、独立するまでに時間がかかる。
・幼児期は病気がちだが、成長と共に健康になる。
・自分に自信が付いて来ると、個性的な性格となり独自路線を行きやすい。
・男性は婿養子、女性は婿をもらいやすい(特に他柱に胎・養が重なると)。
・胎児の様なもので、親の脛をかじる様な傾向もあるらしい。

日支に胎を持つ人に聞きましたら、その様な要素が大いにある(あった)と言っていました。
クリックしてね
新栄堂のホームページヘ
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

比肩 絶の行運。

2017年01月29日 | 今日の出来事
鑑定をしていると「その時」のエネルギーを感じます。
同じ様な時間帯には、同じような課題を持った方が訪ねてきます。
先日は、大運に比肩 絶が出ている方が連続しました。
比肩は分離を表す変通星ですが、その比肩の十二運に何が付くかで比肩の意味合いも多少は変わってきます。
たとえば、比肩に帝旺が付く場合と絶が出る場合では少々意味合いが異なります。
また、命式本体の月上の変通星との関係によっても吉凶の割合は多少変わってきます。
当方の流派では、月上の変通星を中心星としますので、月上が偏財等の場合は、比肩の行運(大運・流年)は少々厳しい時期ともいえます。
また、同じ比肩の行運でも、日柱と反言(同じ干支が出る)する行運はさらに厳しい冬の様な運気となります。
比肩 帝旺の場合は、自分の思いが強くなり過ぎて分離をおこす場合が出てきますが、比肩 絶の場合は、十二運のエネルギーが弱いので、自分の存在価値が無くなる様な気持ちになったり、その様な環境を与えられる場合もあります。
もともと影の薄いお父さんが急に蒸発した等、この様な行運の時は、自分自身の存在を否定される様な気持ちを味わう場合も多くあります。
変通星が比肩・劫財(敗財)の場合は、胎・養・長生等の十二運が無難かも知れません。

クリックしてね
新栄堂のホームページヘ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2月の暦の会(四柱推命の学習会)のお知らせ。2017.2.17.(金)

2017年01月25日 | ★出張鑑定&学習(東京 ・群馬 )
四柱推命の学習会(暦の会)のご案内。
2017年2月17日(金)に定例の四柱推命の学習会(暦の会)を開催致します。
参加希望の方、又は詳細希望の方はご連絡下さい。(新栄堂:027-362-0074)問合せメール

日時:2017年2月17日(金)午後1:00~4:00
場所:高崎市中川公民館 2Fホール: 群馬県高崎市小八木町1117(公民館への問い合わせはご遠慮下さい)。
内容等:四柱推命(安田流)の勉強会です。平成29年度最初の学習会です。
詳しい内容はご連絡下さい(電話:027-362-0074)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栄美子の出張鑑定(2017年2月)

2017年01月23日 | ★出張鑑定&学習(東京 ・群馬 )
2017年2月度の小野里栄美子の出張鑑定を下記の日程で行います。

◆ 場所:けやきウオーク前橋(群馬県前橋市)

◆ 日程:2月9日(木)・16日(木)・23日(木)の3日間のみです。

◆ 時間:午後12:00~19:00受付迄

※ 電話予約は090-7215-6194へ

  ショッピングモール等の鑑定は、教範レベルの鑑定となります。
  詳しい鑑定は、群馬県高崎市の新栄堂:師範でお受け下さい。

  小野里 重房 師範
  小野里 栄美子 教範

 (新栄堂 電話:027-362-0074)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稀勢の里 悲願の優勝、おめでとう!

2017年01月21日 | 今日の出来事

上図は大関「稀勢の里」の命式です。

稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)、本名:萩原 寛(はぎわら ゆたか)
1986年7月3日生れ、生時不明。
茨城県牛久市出身(出生地は兵庫県芦屋市)
田子ノ浦部屋
愛称はハギ
身長:188cm 体重:171kg 
趣味:スポーツ観戦。
好物:のっぺい汁、焼き鳥、フグ刺し、紀州南高梅。

大相撲初場所、13勝目を挙げた大関稀勢の里の初優勝が決まった。2017.1.21。
日本出身力士の優勝は昨年秋場所の大関豪栄道以来。

初場所から89場所目での初優勝は史上4番目のの遅さ。
新入幕から所要73場所での初制覇は史上2番目の遅さ。
新大関から所要31場所での初優勝は昭和以降では最も遅い。
ということらしい…。本人にとっても、日本のフアンにとっても、待ちに待った優勝だと思う…
とにかくおめでとう!
千秋楽の白鵬との一戦も勝って、是非 横綱へと繋げて欲しい。
そして、素敵な嫁さんももらって欲しいと思う…。

(彼の命式)生時不明ですが。
日干:戊の偏官を中心とした偏印との並び(官印両全)。
官印の並びは社会で才能を発揮している人が多い様です。
考えながら行動する方だと思いますが、少々ユニークな考えを持つ人も多い様です(偏印)。
年上の変通星が旺相する印綬であったなら、もう少し早く優勝出来ていたかも知れません。
生時不明では五行の財星に星(●)がありません。
遊びよりも稽古に没頭していたのかも知れません。
目上の方の紹介で、部屋の女将さんになれるような、素敵な女性に出逢えれば良いのですが…。

クリックしてね
新栄堂のホームページヘ
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

印綬

2017年01月19日 | 今日の出来事
私の知り合いに、天干に印綬と正官とが並ぶ命式の女性がおられます。
「官印両全」と言いまして、社会で才能を発揮する命式で、社会の様々な分野で活躍されている方が多い命式です。
その方は、官星が印星を生ずることから比較的「印綬」が強く働きやすい命式となっています。
五行では正官に星(●)が3つ、印綬に4個ぐらいの感じでしょうか…。
印綬が強く働きやすい命式でした。

印綬は学問の星であり、頭脳の星でもあります。
内面的な世界や生き方を求める思想観念の星でもあり、文芸文学や古典的な芸術性を持たれた方も多い様です。
そして、コツコツと努力を継続する星(変通星)でもあります。
その学習方法は、とにかく努力家で、細かくメモを取り、教科書は端から端まで、全部読みます。
また、目上の引立てがあり、コツコツと努力を続け、その努力が積み重なって大輪の花を咲かせる命式でもあります。特に印綬の十二運が旺相していると、その傾向が強くなります。

コツコツの印綬に対して、対照的な星が「傷官」です。
印綬は筋道立てて理性で考えますが、傷官は感覚と閃きでポイントを掴みます。
感覚が鋭いので、ポーンとワープするのでしょうね…。
当方の生徒さんにも、印星が太過する方と、食傷が太過する方がおられます。
印星太過の方は筋道を立てて論理的に話しますが、食傷太過の方は、ポーンとツボを突きます。
閃くのでしょうね…。
互いの話を聞いていると、その違いがとても面白いですし、参考になります。

クリックしてね
新栄堂のホームページヘ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加