HELLO

HELLO

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プエルトリコ決勝へ…延長11回、サヨナラ勝ち

2017-03-21 15:23:52 | 日記

1回2死3塁、バレンティンが先制2ランを放つ(捕手・モリーナ)=泉祥平撮影
2回2死、勝ち越しソロを放ったT・リベラ〈5〉を迎えるプエルトリコの選手たち(20日)=片岡航希撮影
AD2.init(ads.p_rectangle);
AD2.cAds();
AD2.dBanner(0,'prect');
第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日、ロサンゼルスのドジャースタジアムで準決勝が行われ、前回準優勝のプエルトリコ(2次ラウンド2組1位)が延長十一回の末、オランダ(同1組2位)に4-3でサヨナラ勝ちし、決勝進出を決めた。
一回にバレンティン(ヤクルト)の2ランで先制されたプエルトリコはその裏、コレアの2ランで追いつき、二回にはT・リベラのソロで勝ち越した。
その後も、たびたび無死から走者を出すが、追加点は奪えず、逆に五回に、ザラーガの二塁打で追いつかれた。
両チームの救援投手が踏ん張り、延長戦に突入。
タイブレイクの十一回表、プエルトリコは一死満塁から併殺を奪い、得点を許さずににしのぐと、その裏、一死満塁からロサリオが中犠飛を放ち、サヨナラ勝ちした。
(ここまで339文字
/
残り87文字)
2017年03月21日
14時45分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


WBC米代表、昨季47セーブのメランコン招集


WBC米国戦、野茂さんが始球式…ラソーダ氏も


プエルトリコ決勝へ…延長11回、サヨナラ勝ち


ハーバルピール 大阪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  米代表、準決勝先発は16勝... | トップ |  WBC米国戦、野茂さんが始... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。