オクラの花だより 阿波の小野農園日誌

徳島県阿波市で人とのつながりを宝とし、四季の巡りの中で有機農業に取り組む毎日をお届けします。

すいかの季節

2016-07-17 22:46:54 | 日記

 今年も張り切って、まだ肌寒い時期に、すいかの種を播き、育苗後に定植して、麦刈をしたのちの麦わらを敷いて、カラスに気づかれないように、こっそり、育てています。

 いま、小野農園で研修しているNさんが、少量多品目の小野農園の畑占有率に関して、すいかが断トツではないか・・と言っています。確かに・・。

 園長は、すいかが本当に好きで、志村けんみたいな、豪快な食べ方をするので、笑えます。

 前に東京で、有名な「自然食品店」に行った時「3回防除のみ」という栽培履歴のすいかが販売されていて・・・え?3回も??あれれ、東京の人はかわいそうだな~と思ったことがあります・・・。

カラスには食べられるけど、農薬なんかしなくても、虫の害はないけどなぁ・・・草に覆われているからかな・・地力があるからか・・?

 キッズファーマープロジェクトで栽培している大豆畑の空いたところにも、すいかを作っていますよ。

 ここは、マメ科の後作だから、肥料もいっさい入れていません。

こんど、8月11日に、キッズファーマーに草取りに来てもらう日に、恒例のすいか割り大会しますね!

去年も、8月の作業の後にみんなですいかを食べたら、キッズが「こんなに美味しいスイカ、初めて食べた!!」って言ってくれて、

嬉しかったな~。

そんな声が聞きたくて、働いているんだよね。きっと。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

灼熱の畑で大豆の種まきとミュージックライブ!

2016-07-12 21:47:00 | 日記

 7月3日・・・灼熱の大豆畑で、たくさんの子どもたちと保護者のみなさん、アライブラボのスタッフのみなさん、小野農園スタッフやボランティアの皆さんと、NHK徳島の取材の皆さんと一緒に、

「キッズファーマープロジェクト」として、青大豆の種まきをしました。

そして、昨年に続き、今年も参加してくれた阿波市の宝と言われるミュージシャン・森下マサクニさんが、大豆の歌を作って下さって、

灼熱の大豆畑で歌って下さいました。

嬉しかった~!キッズも、歌詞カードほしい、一緒に歌いたい!と喜んでました。ありがとうございます!!

森下さん、美~ナスの唄とかも作ってもらえないかしら・・・。

私のまわりで、マサクニさんの大豆の唄、聴きたい人、続出です!!

NHK徳島放送のアナウンサー、だいちゃんの体当たりレポートも、後日、放送されるそうです。楽しみ、楽しみ!

・・猛暑が続く、7月・・。私たち、命がけで百姓してます。

大豆の唄を歌いながら「畑で死んでも悔いなし・・」と思いながら、本日、何とか、追加の畑2枚の大豆種まきを終えたのでした・・・。

大豆が豊作で、皆さんの味噌用の大豆がほしい!というリクエストにお応えできますように!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大豆は大事だよ~。

2016-07-02 21:59:44 | 日記

 2週間前に行うはずだった、キッズファーマープロジェクトの大豆の種まき。

天候が悪く、延期が続き・・2週間前に準備した圃場の畝に草が生えてしまって・・

30度を超す中、園長が管理機でもう一度、畝の整備をし、私は子どもさんたちが怪我をしないように、もう一度、草刈機で草刈りをしました。

少し高いところにある畑なので、草が生えているところを踏み抜いたら、下の田んぼに落ちてしまうので、きっちりと草を刈りこみました。

そんな作業をしていると、畑仕事を終えた農業女子の大先輩が、草を刈っている私を見て「本当にあんたはよく働く。あんたは女の人かい?」と

声をかけてくれました・・・。

転校した先の中学校の制服を買いに行って、学ランを出されて以来の性別取り違え。

ついに、オッサンに間違われてしまいました

暑い中での大豆作り・・。毎年、厳しいなぁ・・と思いますが、これで手前味噌や豆腐を食べられるわけですね・・・。

 

このプロジェクトは、大豆の播種から管理、収穫、選別、販売を年間を通じて行うもので、キッズ、その保護者さんたちが、年に6回も

通って来てくれるわけです。播種と収穫だけ・・という活動が多い中で、大豆作りの作業を一通り経験してもらうことができます。

それは、本当にすごい事だと思います。だけど、この大豆を販売する時に「僕たちが作った大豆です」と言って売ってほしくないんです。

ごめんね、クソババアです。こんなこと、言わなくてもいいことかもしれないけど・・。

種をまくまでの、畑の畝づくり、補植作業、草取り、土寄せ、水やり・・・収穫後の脱穀や選別・・・その作業のメインは、やっぱり農家がやってます。

年に6回も通う食育活動はめったにないけれど、やっぱり農家は日々の継続的な作業があって、野菜を、米を、大豆を作ってます。

そのことを、知ってほしいのです。

だから、いつも、僕たちが作った○○で~す・・と言って、マルシェで売っているのを聴くと、自分のところがかかわった農産物ではなくても、すごく気になって、そうじゃないだろ・・と言いたくなります。

それを言えば、耳障りが良いこと、大人が買ってくれるだろうことも、わかって言っているのだろうと思いますが、そうじゃない・・。

子どもたちに、それを言わせてはいけないんじゃないか・・・と、思います。

私が農業界に入るまでは、米作りは田植えと稲刈りのイメージしかなく・・・ホントはそうじゃなくて、様々な作業があって、その上での米作りだってことがやっとわかったので、そう言ってしまいたくなるのは、とってもよくわかるけどね、悪気じゃないことも。

今年1月の大豆販売の時には、手ぐすねひいて、それを言う子に、そうじゃないぞと言おうと思っていたんだけど、そう言う子はいなかったです・・・。

作業の中で、農家の仕事のことなんかも、知ってもらえたら嬉しいと思っています。

一言多い、おっさんに間違われた、くそばばあのひとりごとでした。

さて、明日は、がんばろう!!

ダイズ(大豆)はダイズィ(大事)だぞ~というスタッフ・上田さんの、いつものすべりギャグが聞けるのも、楽しみ。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-06-25 06:21:29 | 日記

  大雨の中、黒米の田植えが終わりました

小麦を刈取り、麦わらを大切に集めて、すいかの敷き藁にしたり・・そんな作業もしつつ、耕転後に水を入れ、トラクターの後ろにはしごをつけて引っ張り、代掻き・・。その後、何とか田植えにこぎつけました。

しかし・・こののち、前が見えないぐらいの大雨に見舞われ・・この田んぼが地域の一番低いところにあるもので・・

田んぼの水かさが増してしまって、田植え機で植えたはずの苗が浮いてしまったので、それを全部、手で植えなおし・・・という試練が!

私の田植え靴は、もう5年物で、劣化して穴があいて、裸足でやった方が早くね?みたいな感じになって、冷たい雨の中の田植え作業は

さすがにコタエました。本当に、楽をさせてはもらえませんね・・・。

でも、黒米は、小野農園の自慢できる農産物のひとつ。植え付けられて、本当に嬉しいです。

これから、うるち米の田植え作業です。

 キッズファーマープロジェクトの大豆播種作業が2回も雨で延期。昨年に比べて、播種が半月も遅くなってしまっています。

準備した畑に草も生えだしていて・・この梅雨時の作業は、天候に左右されて、本当に大変ですね・・・。

 だからこそ、昔から、人の思うようにはならない自然に対して、畏怖や敬意を持ち続けて、百姓をしてきたのでしょうね。

お金では買えないものがあり、自分の思うようにはいかないことがあり・・・・。

そのことを、忘れないために、私は農業をしているんだろうな。

 でも、田植え途中で何度も電話がかけてきた市役所の農政課の方には、チョイと切れてしまいました。

傲慢な私であります。

わからないんでしょうね、「電話いけますか?」「いえ、今、稲苗の補植作業中なんで・・」と言うことの意味が・・。

この時期、あんまり田んぼに入って手植えしている人いませんもんね・・。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やるしかねーよ、と思ってます。

2016-06-22 00:17:58 | 日記

 ジャガイモを掘り終え、サツマイモの苗を植え、小麦を刈り終えて(まだライ麦を刈ってないけど)、すべて計量も終えて、保冷庫にしまい(園長が)、今度は小麦の畑を耕運して、田植えの準備。代かきが始まったよ~。

 研修しているNさんの初トラクター運転は、代かきだ~

 その合間に、草を刈り、草を刈り・・・共有のあぜ道なんかは、率先して刈りまくり・・(放置しておくと、除草剤まかれたりする危険性もあるし、そもそも、草刈りも大儀そうな大先輩が多いから、いつもあれこれお世話になっていることだし、こんな時は、若いもん?が刈るのさ。)

 あ~、ピーマンやきゅうり、美~なすの剪定や誘引ができてなくて、自由奔放だよ、こりゃ。

 ありゃ~、かぼちゃやすいかがもう自由にツルを伸ばして、大変なことになってるし・・

 先週の日曜日は、朝から雨でキッズファーマープロジェクトの大豆の播種が延期になってしまい・・・

 天候に左右されるこの時期・・

 出荷も大忙し・・。てんこ盛りの、あれやこれや・・・。

そう、今が一年のうちで一番、忙しい季節です。

この時期、一番気をつけなきゃ・・って思うのが居眠り運転や不注意による事故です。

疲れ果てて、睡魔に襲われるけど、何とか、乗り越えられたらいいな。

がんばります。

いろいろな夏野菜が獲れ初めて、嬉しいです。みなさんにお届けできるように、畑に出ますね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加