おのけんの『楽観主義でいこう!』

演劇部隊Chatter Gang 隊長のきまぐれ日記だよ

観客数 賞の評価の ひとつじゃない?

2017年05月16日 | 僕…

前作品『セッション』は…圧巻でした。
これが…アカデミー作品賞だと思います。
でも…よく分からない映画が賞を
とります。


デミアン・チャゼル監督作品に…興味です。
30歳で撮った映画が…『セッション』でした。
この映画監督の次回作は…楽しみにしてました。

賞は総なめ…前評判は最高でした。
また…アカデミー作品賞を逃します。
残念の思いを胸に…やっと鑑賞します。

なんと第二弾は…ミュージカルです。
でもミュージカル嫌いの…僕なんです。
しかしオープニングから…ハマりました。

歌や踊りの長回しは…素晴らしです。
歌や踊りのタイミングは…ベストです。
衣装や曲も背景も役者も…グッドでした。

なぜ…この作品が作品賞でないのでしょうか。
なんで…なにかを訴える作品が賞なのでしょうか。
どうして…映画観客動員数は関係しないんでしょうか。

演劇も…訴えた作品が褒められるます。
観客動員数が少なくても…良いと評価です。
映画も演劇も…お客さんが多いのがベストです。

「たられば」を…考えさせられる映画です。
オーディションを…考えさせられる映画です。
外人はキスが上手と…考えさせられる映画です。

『ラ・ラ・ランド』…
フェイ・ダナウエイの発表のままで良かったのに!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 退会は 2ケ月掛かる 大卒業 | トップ | こんなにも 何でこうなる ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

僕…」カテゴリの最新記事