おんにょの真空管オーディオ

オーディオ等のよしなしごとを思いつくままTwitter的に綴っています。

真空管アンプの思い出

2017年01月03日 | 真空管アンプ

大学生の時に組んだ2A3プッシュプルアンプ。考えてみたらよく金があった
もんだなあ。もちろんバイトをして貯めたりしていたんだけど。
画像はRCAの2A3だが後に入手したもので、当初はUNITED ELECTRONの6B4G
だった。サンエイ電機で購入した。
OPTはTANGOのFW-50-5、電源トランスはMS-160、初段はテレフンケンのECC83、
2段目は東芝の12AU7、ドライバはメーカー名忘れの6FQ7という金のかけよう。
シャーシは三栄無線の穴開け済のを使った。
初段と2段目が差動でドライバがカソードフォロア直結、2A3は固定バイアス
で出力は20Wという凝ったもの。よくこんなの組んだものだ。
我が家の最重量級アンプで22kg。肩のケガをしてからは動かせなくなって
しまった。
当時はでかくてカッコイイのを!と燃えていたからできたんだね。
これを作ろうと思った時にEL34プッシュプルアンプにするか悩んだ記憶がある。
もしそちらを選んだらさらに大変だったと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大出力真空管アンプ | トップ | 自作ラジオの思い出 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。