おんにょの真空管オーディオ

オーディオ等のよしなしごとを思いつくままTwitter的に綴っています。

基板の発注

2017年04月29日 | オーディオ
ある回路を組むのにCADで基板のレイアウトデータを作成し中国へ発注、
SMDを顕微鏡で実装というのがアマチュアでも一般的になりつつある。
私なんか老眼だからユニバーサル基板にディスクリート素子を組むだけ
で精一杯だ。
基板のレイアウトはアナログだとGNDの取り回しやインピーダンスに
注意する必要がある。そういう知識無しにレイアウトしてしまうと
後でノイズや特性未達に悩まされることになる。発注して作った基板
はそのへんの修正が困難で、また基板を発注することになってしまう。
ユニバーサル基板でもやはり修正は難しく、ランドが剥がれてしまったり
する。
真空管アンプなら特に大規模なディスクリート回路を組むことはないので
立ラグや平ラグがラクだ。ただICを使う場合には困難なので基板を使う
ことになる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Amazonで6550 | トップ | 自分の音が一般的に通用するか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。