おんにょの真空管オーディオ

オーディオ等のよしなしごとを思いつくままTwitter的に綴っています。

クロストーク特性を重視するわけ

2016年10月17日 | 真空管アンプ
モノアンプは音質的にはステレオアンプより優れているという位置づけだ。
理由の1つには原理的にクロストークが生じないからと言われている。
私はクロストークを改善したステレオアンプで空間表現が向上するのを
経験している。
クロストークを低減する手段は入力ボリュームを分ける、信号ショートループ
(シングルアンプの場合)、信号ループをGNDでも意識する(最短の戻り先と
する)、電源のインピーダンスを下げる、などがある。
他には高インピーダンスの信号ラインを他チャンネルの信号ラインから
離す、接近する場合はラインを並行せずに直交させるなどの方法がある。


これは拙6B5シングルアンプのクロストーク特性だけど、20Hz~20KHzで
-73dB以上を達成している。クロストークを意識しないシングルアンプの
場合、低域と高域でクロストークが悪化するバスタブのようなカーブを
描くことが多い。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 調査中 | トップ | AC100Vラインのノイズ対策 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。