認定模擬試験

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

C2150-606 試験復習赤本 - アイ・ビー・エム Security Guardium V10.0 Administration

2017-06-19 15:35:03 | 日記

NO.1 AGuardium administrator is registering a new Collector to a Central Manager (CM). The
registration failed. As part of the investigation, the administrator wants to identify if the firewall ports
are open-How can the administrator do this?
A. Ask IBM technical support to login as root and verify.
B. Ask the company's network administrators.
C. Login as CLI and execute support show port open <ip address> <port number>
D. Login as CLI and execute telnet <ip address> <port number>
Answer: C

C2150-606 コンポーネント   C2150-606 必要性   

NO.2 The quard_tap.ini of a UNIX S-TAP is configured with the following parameters:
The administrator must create a policy that will terminate the session on the delete statement in the
below scenario:
A session is started to the monitored database from client IP 9.9.8.7. In the session the user plans to
perform a select statement and then a delete statement.
What actions should the administrator configure?
A. Rule1 - S-TAP Terminate Rule 2 - S-GATE Terminate
B. Rule 1 - S-GATE Detach Rule 2 - S-GATE Terminate
C. Rule 1 - S-GATE Attach Rule2 - S-GATE Detach
D. Rule 1 - S-GATE Attach Rule 2 - S-GATE Terminate
Answer: C

C2150-606 範囲   

NO.3 In a centrally managed environment, while executing the report 'Enterprise Buffer Usage
Monitor', a Guardium administrator gets an empty report. Why is the report empty?
A. Correct custom table upload is not scheduled on the Central Manager.
B. The report is not executed with a remote source on the Aggregator.
C. Sniffers are not running on the Collectors.
D. The report is not executed with a remote source on the Collector.
Answer: B

C2150-606 対応   

NO.4 AGuardium administrator must configure a policy to ignore all traffic from an application with a
known client IP. Due to the high amount of traffic from this application, performance of the S-TAP
and sniffer is a concern.
What action should the administrator use in the rule?
A. ignore Responses per Session
B. Ignore Session
C. ignore S-TAP Session
D. ignore SQL per Session
Answer: C

C2150-606 合格記   


ここで説明したいのはJapanCertにあるコアバリューです。全てのIBMのC2150-606 試験復習赤本は非常に大切ですが、この情報技術が急速に発展している時代に、JapanCertはただその中の一つだけです。ではなぜほとんどの人々はJapanCertを選んだのですか。それはJapanCertが提供する問題資料は絶対あなたが試験に受かることを助けられるからです。JapanCertが提供する資料は最新のトレーニングツールが常にアップデートして認証試験の目標を変換するの結果です。JapanCert はあなたに最新の試験研究資料を提供しますから、JapanCert IBMのC2150-606 試験復習赤本を持っていたら、試験に直面する自信に満ちることができ、合格しないなんて全然心配することはなく気楽に試験に受かることができます。


JapanCertのサイトは長い歴史を持っていて、IBMのC2150-606 試験復習赤本の学習教材を提供するサイトです。長年の努力を通じて、JapanCertのIBMのC2150-606 試験復習赤本の合格率が100パーセントになっていました。IBMのC2150-606 試験復習赤本の高い正確率を保証するために、うちはIBMのC2150-606 試験復習赤本を絶えずに更新しています。それに、うちの学習教材を購入したら、私たちは一年間で無料更新サービスを提供することができます。


C2150-606試験番号:C2150-606 認定デベロッパー
試験科目:「IBM Security Guardium V10.0 Administration」
最近更新時間:2017-06-18
問題と解答:55

>> C2150-606 認定デベロッパー


 

JapanCertは最新のC-THR86-1702問題集と高品質の070-764問題と回答を提供します。JapanCertのHPE6-A41 VCEテストエンジンと070-480試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質の2V0-622PSE PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。


記事のリンク:http://www.japancert.com/C2150-606.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CQE 無料過去問 & Quality En... | トップ | JN0-102 合格体験談 - JN0-10... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。