10年先の未来を占う!人生いろいろ。。。

変化の激しい現代社会。この先一体どうなってしまうのか!?

日本人の宗教観|海外から見た日本人のおかしなところ。。。

2017-03-20 20:39:44 | 日記
日本の宗教は外国人からするとウケると言われていますが、どんなところが外国人にウケているのでしょうか。今日は宗教について詳しく紹介していくので参考にしてみてくださいね。

日本の宗教の独特な点についてですが、結婚式を教会で行います。結婚式と言えばウエディングドレスです。ドレスが最も似合のは、教会です。さすがに寺や神社ではドレスは合わないですよね。

教会いにいって牧師とキリストの前で愛を誓いますが、面白い宗教のあり方だと言われています。日本人の宗教に関する意識なんて皆無であることを端的に示した行動でもあります。

葬式は寺で行うという話をすると日本人はクリスチャンなのか?という複雑なことになります。日本人が結婚式を教会で行う理由を説明すると、洗練された様式であると考え仏式はダサいと考えています。オシャレが重要な若い世代は主役となる結婚式は、教会で、葬式は寺で行うようになっているのです。

このような説明を聞くと外国人は爆笑するそうです。宗教を軽く見る国民って珍しいという感じです。神秘的で古風な日本のイメージと実態とのギャップが面白いと感じるそうです。

横浜中華街で長瀬こうふうさんに占ってもらいました!

また、同じ仏教徒同士の方が分かり合えて笑い合える話ですが、日本の僧侶は結婚して子作りできるというのも面白いと言われています。普通僧侶って欲を断つことが何よりも行動様式です。タイの僧侶は12時以降はご飯を食べないし、酒やたばこも厳禁となっています。

食事もどうですが、女性の体にも触れないというのも大きな禁欲となっています。タイの僧侶は絶対女性の体に触れないし、同じ部屋に2人きりになるという事もありません。

寺の坊主がベンツなどを好んでいる。実際に日本の坊主はベンツを好むって思い白い特徴となっています。ビッグスクーターに乗って葬儀に向かう僧侶もよく目にします。これも禁欲を良しとする本体の僧侶のあり方からかけ離れた存在が話のネタになっています。

僧侶は普通運転なんてしないし、車だって運転だって娯楽というか快楽の行使なので、車の所有欲の実現でもあり、生活のために車の運転が必要という事なら、国産の車や原付を使うのが良いのではないかと思います。

時代の変化かもしれませんが、今の坊主は少し贅沢と言えば贅沢ですよね。修行として滝に打たれて、テレビなどを目にすると朝食などもしっそな食事っていうイメージがありますが、全く違った生活環境というようなイメージもあります。

そんな中で本当にこのままだと普通の人と変わりなく、坊主にしているだけの普通の人って感じもしますよね。

また、昔は葬儀などをして拝んでもらう際には、費用なども気持ちだけという事が当たり前だったようですが、今の時代は、費用も坊主が決めているという話もあり、実際に、私が住んでいるところでも決まっています。

電話占い口コミ情報

また、車で家に来てもらうことになると、車代を払う必要があり、自分が出向いた場合には、お供えと坊主に拝んでもらう費用だけでよいと言われています。それもどうかなと感じます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | どんどんもらえなくなる年金... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。