おにゆりの苑

俳句と俳画とエッセー

俳句展をしています

2017-06-13 12:19:26 | Weblog
 若い頃は活発だった私も、齢をとって心配性になった。
 此の六月も「にぎわい句座」の展示会をするのに、先ずは飾りつけの日の体調からして心配し、最近不便になった「くるりんバス」の時間も気になっていた。しかし毎年のことなので、案ずるより産むがやすし、皆さん協力して「にぎわい交流館」の壁際にけっこう立派に立ち上がった。十日間の展示である。芳名帖も置き、提出句の一覧表も百枚、あじさいの花等添えて予定通り四時には終わって散会した。
 今回私が感心したのは、一週間前の句会の俳句を色紙や短冊に墨書して来て居ている人が多々あったことである。「歳月人を待たず」と言うが五年の歳月は確実に進歩している。
 次の日二人の曾孫のイクメンパパをしていた孫と道中昼食をしながら見せに行った。やはり気になるのか講師の先生が奥様同伴で来ておられた。この孫からも賛辞をもらい、娘夫婦も参観している写真がスマホに入っていた。
 みなさん、るんるん気分で知人に紹介しているのであろうと思うと同時に私はもう来月のワイワイフェスタの展示が心配になってきた。こちらは「日進市で一句」のタイトルでたった一日だけのいわば多業種のお祭りみたいなものである。よし、そこまでがんばろう!!
 そして「打ち上げ」の会食で、やれやれと思う事にしよう。苦吟するのは私だけではなくて皆さんもであろうから・・・でも若い人は感性がいいので、上達される。
外をみると梅雨の晴れ間の紫陽花が輝き、向日葵も元気に伸びている。

   俳句  行儀良い向日葵やはり東向き
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  ス マ ー ト ホ ン | トップ |  »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やまね)
2017-06-17 17:10:34
 歳をとれば若い頃のようにはいかなくなるのは自然の理です。お顔を出されるのはお知り合いの多いところなのでしょうから、万が一好ましくない事態が起きても誰もほおってはおかないでしょう。私は健康登山のリュックの中に氏名、住所、電話番号を明記したカードとロープウエイで下りる場合に必要なお金を一纏めにして入れています。言われるように 案ずるより産むが易し です。積極的に交わりを求めて活動されることが大切だと思います。句会に就いて何も書けないのはお許し下さい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL