晴耕雨読 のんびり田舎暮らし!!

似顔絵ブログです。野球や家庭菜園等を写真や似顔絵を添えて載せてます!!ゆっくり、見ていってください。

日本三大稲荷 最上稲荷 奥の院まで初詣

2018-01-15 | 岡山県の観光地
奥の院までは、初めてだ・・・

初詣は、3社行けばいいと聞いた。
1.今住んでいる場所の近くの神社
2.生まれたところの神社
3.よく行く神社

1の氏神様には元日に参った。
3の良くいく神社として、最上稲荷まで初詣・・・

正月三が日は、大渋滞でとても行く気にはならない・・・
ぼつぼつ~~少ないのでは??と、思ったのだが・・・
遠くから、渋滞している・・・

思い切って、遠くに止めて歩くことにした。
駐車場もタダになる・・・

備中高松城跡・・・秀吉の水攻めあと

ここから約2キロ・・・歩くことにする。


遊歩道がつながっていた。


歩くこと、10数分・・・見えてきた。車でいっぱい。


参道は人でいっぱい




本殿にお参り・・・


ここから軽い気持ちで、奥の院へ




こんな岩道を上がる上がる・・・10分、20分と



途中・・こんな景色も・・・八畳岩・・大きな石がある。


やっと奥の院到着・・・汗をかいた!!

ここでも、拝んでもらえた。
きつい坂道を登って、しかも個人的に拝んでもらい・・御蔭が三倍くらいありそうな気がする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下津井城址公園を歩く・・・

2017-12-03 | 岡山県の観光地
下津井は古くからの海上交通の要衝であり、以前から多くの要塞が築かれていたようです。
 そのため下津井周辺の山や高台には戦国時代以前の城の跡と云われる石垣があちこちに残されています。そのうちのひとつが宇喜多秀家が既に出城を築いていたと云われる城山で、池田長政はこの場所に大掛かりな城を築き直しました。
 新しい下津井城が完成したのは二年後の慶長十年(1605年)であり、ここに下津井城と城下町が誕生しました。

 下津井城の改築を始めた慶長八年(1603) には家臣団が下津井に赴いたものの、しばらくの間、一部妻子家族は赤穂や姫路に残したままであったとも伝えられています。
 当時の交通事情は陸路よりも赤穂-牛窓-下津井の海路が主であったため往来は比較的楽だったのでしょう。
 池田長政と家臣団の家族が何時下津井に移り、下津井の何処に住み、どのように生活したのかについてはよく分かっていませんが、:慶長九年(1604) には家臣に児嶋郡福田の知行地が与えられた記録が残っており、また長政の嫡子である池田長明が慶長十一年(1606) に下津井城内で生まれたとあることから、その頃には城の周りに生活圏が完成して家臣団共々一族郎党が生活していたものと思われます。(インターネット抜粋)


☆最近下津井も有名になりつつあるかな??
ひるね姫の舞台・・・岡山県倉敷市下津井です。

この下津井にあった豊臣から徳川時代の城跡・・・

廃城になり、石垣が少し残っている。昭和の初めに改修・・・


昔ながらの石垣が残っているところ




この辺りは、残っている石垣に昭和の初めの改修で上に積んだところ




紅葉が残っている。


瀬戸大橋、遠く四国が見える。
斜張橋と左の山が讃岐富士。天気が良いと丸亀城も見えるとか・・


近くに住んでいながら、存在自体をよく知らなかった??
桜の木がたくさん植えてあったので、桜の季節にまた行って見ます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメトーーク!・・・岡山県41位?

2017-12-02 | 岡山県の観光地
何が41位?かと言うと・・・・??
旅行で行きたい県ランキング・・・です!

岡山には観光地がないのか・・・??
岡山県の観光地?どこか知ってますか??

倉敷美観地区、蒜山、後楽園、鶴山公園、鷲羽山、下津井、瀬戸大橋、吹屋ふるさと村、備中松山城などなど

たくさんあるんですけどね・・・??
知ってますか・・・・????

いろんなところに旅行にも行きましたが?
倉敷美観地区は、全国的にもトップクラスの観光地だと思いますよ!!
のんびり一日過ごせます。


瀬戸大橋も、横浜のベイブリッジと比べても・・・
瀬戸内海に浮かぶ橋・・・瀬戸内の島を眺めながら、心地よい風に吹かれて・・・
気持ちは最高・・・・



後楽園、岡山城


秀吉の水攻めで有名な高松城

下津井、備中松山城、吹屋ふるさと村・・・は映画、NHK大河ドラマでも使われてます。
ひるね姫、真田丸、寅さん・・・

良いところはたくさんありますが・・・

が、県民性が一番問題かな・・・・??!!
協調性がない・・・人の応援をしない!!
一番酷いのが”しょのむ”と言う方言!!

わかります??標準語で言うと”ひがむ”が近い・・

人の足を引っ張るんです・・・
だから、岡山発の企業は少ない・・・全国区になれない。

比較される広島県は、応援する県なんです。
これが一番違う。

広島カープに象徴される・・・大応援!!
岡山県ではありえないことなんです。

広島発の企業は、全国区・・・
マツダ、青山商事、モルテン、ミカサ、リョービ、イズミ、おたふくソースなどなど

岡山県は晴れに国・・・全国一、晴れの日が多い県なんです。
つまり、地震・台風・大雨災害がほとんどない。
その意味では、助け合わなくてもいいんです。
良いところなんだけど、住みやすいところなんだけど・・・
自分勝手、わがままな県民です。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉・・・井山宝福寺(岡山県総社市)

2017-11-24 | 岡山県の観光地
☆井山宝福寺
臨済宗東福寺派の寺院で、画聖雪舟ゆかりの禅寺です。
室町末期の備中兵乱で三重塔を残して消失しましたが、江戸時代以降七堂伽藍は漸次復興されました。
境内には山門,仏殿,三重塔をはじめ、経蔵,庫裡,方丈,書院,禅堂,鐘楼堂,開山堂などが配置され、禅宗様式の重厚な講造となっています。
三重塔は国の重要文化財に指定されています。(インターネットより)

遅ればせながら、紅葉見物に行っていました。
総社市の井山宝福寺です。
ピークは少し過ぎてしまいましたが、まだまだ・・・大丈夫でした!!















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜明けの静寂 無心に・・・暁天座禅

2017-08-02 | 岡山県の観光地
画僧・雪舟が幼少期に涙でネズミを描いた逸話が残る総社市井尻野の宝福寺で1日、恒例の「暁天ぎょうてん座禅」が始まり、夜明けの静寂の中、参加者は約1時間、静かに瞑想めいそうした。




読売新聞の記事です。
宝福寺は、紅葉の頃には、見物客でいっぱいになる寺です・・・





若いころ、一度だけ座禅をしたことがあります・・・思い出しました。
会社の新入社員研修で、ですが!!

まず、足が組めない?足がしびれる!眠たくなる。
短い時間が、長く感じる・・・・

目を開けた瞬間から、無の世界を感じて・・・いい気持だった!!
また機会があったら、やってみようと思いつつ~~~~
あれから40年・・・経ってしまいました・・・

警策って、言うんですね??
肩のあたりを、「ピシッ!」っと、叩かれるやつ!!
あれは、いたかったなーーー


コメント
この記事をはてなブックマークに追加