お庭でお花と野菜と堆肥作り

お庭のお花と野菜の写真を綴っていきます。

大豆クラブ 大豆の種まき

2017-06-18 | 楽農クラブ
大豆クラブの大豆の種まきに行ってきました。

地域の農家のIさんが、桜井西側の畑に畝を作ってくださいました。

大豆栽培の畝は、長さ25m*5列=125m 幅は7-80センチです。


◇2週間前の5月末、畝の草引きをして、石灰を施しました。
5月27日(土)・28日(日)PM4時~ (1時間半)
作業内容=協同作業
畝への石灰入れ、周りの草刈



◇種蒔き作業日 
6月17日(土)PM4時~ 6月18日(日)AM10時~ 
作業内容=自分の区画での作業が主です。
(1)1区画5mの自分の区画を決める。 
(2)自分の畝をもう一度クワで耕す。 
(3)縦1列の整備が出来たら、協同で黒マルチを貼る。 
(4)自分のうねの境界に記名のペットボトルを置く。 
(5)黒マルチに穴をあけて1つの穴に1粒の大豆の種を蒔く。 
(6)共同で、周りの草刈と排水路の管理をする。



子ども達も参加してくれて手伝ってくれました。


まず、用意してきた5mの紐で自分の区画を計って、
草引き、土寄せをします。



種まき作業の前に、大豆作りについて、楽農クラブのFさんの説明を聞きます。











大豆の種蒔きの手順

草引きして、平らにした畝に、バケツに3杯ほどの水を撒きます。

ここまで、できたら、1列ずつマルチを張っていきます。

マルチに2列に穴をあけます。
(2列で、19~20個の穴をあけます。)

穴に、くぼみを作って、種を置きます。


もみ殻を置きます。




もみ殻の上に水を撒いて、

マルチの上に、草や稲わらを置きます。
(マルチの下の土の温度上昇を防ぐ為)



20170617

不織布をかけて終了しました。

種蒔きが終わった畑です。



20170618







『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽農クラブ 6月例会 | トップ | 実家の庭に大豆の種蒔き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。