picnic under the branches

映画や本が好きです。

『いつか晴れた日に』

2016-10-08 17:46:33 | 好きな音楽



オトナモード - いつか晴れた日に



『いつか晴れた日に』
作詞:松本隆/作曲:山下達郎

雨は斜めの点線
ぼくたちの未来を切り取っていた
窓の板ガラスへと
「自由」って言葉を書いては消した

Crying Like the Rain
生きることは悲鳴だね
時代の海を
木の葉のように 迷うだけ
ただ涙は青く
こわいほど透けていた

いつか晴れた日に君と
野に咲く花探そう
いつか晴れた日に君と
いつか 明日天気になあれ
いつか 雨のち晴れ
Ah! Ah! Clear Sky!

傷つくことを怖れ 黙るより
孤独と戦いたくて
泣きたいような夜は
「希望」ってロウソク胸にともした

Crying Like the Rain
こわれかけたプラモデル
翼もなしに
想い出だけが 舞い上がる
ただ見上げる瞳
こわいほど澄んでいた

いつか晴れた日に君と
線路沿いに歩こう
いつか晴れた日に君と
いつか 明日天気になあれ
いつか 雨のち晴れ
Ah! Ah! Clear Sky!
あの頃の 少年に逢おう

いつか晴れた日に君と
野に咲く花探そう
いつか晴れた日に君と
いつか 明日天気になあれ
いつか 雨のち晴れ
Ah! Ah! Clear Sky!

いつか晴れた日に君と
線路沿いに歩こう
いつか晴れた日に君と
いつか 明日天気になあれ
いつか 明日天気になあれ
いつか 明日天気になあれ
いつか 雨のち晴れ

Ah! Ah! Clear Sky!
Ah! Ah! Clear Sky!
Ah! Ah! Clear Sky!

あの頃の 少年に逢おう
あの頃の 少年に
少年に 少年に...


**********

山下達郎さんの曲を、オトナモードさんが歌っています。いい声ですね

この曲を最近思い出すことが多いです

雨が多いせいかな?


松本隆さん×山下達郎さんの組み合わせは最高ですね。どちらも大好きです。

松本隆さんのツボを外さない繊細な歌詞…。


松田聖子さん(『赤いスィートピー』他)、斉藤由貴さん(『卒業』)、キンキキッズ(『ガラスの少年』他)、はっぴぃえんど(『風をあつめて』他)、寺尾聡さん(『ルビーの指輪』)、太田裕美さん(『木綿のハンカチーフ』)。などなど・・・。

素敵な歌詞だな、と思うと松本さん作であることが多いです

少ない文字数に、豊かな世界をあますところなく収めているなぁ…といつも感動します

山下達郎さんの多幸感あふれるメロディーも大好きで、なんか、浮世のしがらみを忘れますね


『生きることは悲鳴だね』

このフレーズにハッとさせられます


オトナモードさんは、そもそも5人組バンドだったのかな?でも今は、高橋啓太さんという人の、ソロプロジェクトになっている模様。

★大人モード 公式HP


『雨の色 風の色』というトリビュートアルバムをだしておられるようで、松本隆さん作詞の曲が収められているらしい。今度レンタルしてみよかな。

HPに、『“少年の繊細さを歌える稀有な存在”と松本氏から絶賛され…』とある。

うーん、私って懲りずに少年性が好きってことなんだろうな。と思いました

自覚はなかったのですが、先日、好きな芸能人の方を並べてみたときに、共通点は「少年性」だ。という事に気付いて、『・・・』と思いました。
現実問題として、少年っぽい中年って、けっこう始末に負えないんですけどね。まぁうちの父がそのタイプです…。永遠の少年というか、万年青年ってやつですねぇ…。いいかげん大人になってほしい


この曲で一つだけ気になること。

『雨は斜めの点線』っていうところなんですが、これは電車内とか、車内っていうことなのかしら?

最近窓ガラスの雨をじっと見ませんが、雨の画像を探すと、斜めに窓ガラスにあたっている画像ってのがないんですね。

家の中にいても、雨は斜めの点線になりますかね?

今度じっくり見てみます


山下さんバージョンも聞いてみたかったですが、動画になかったので、これもレンタルしてみよかな

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石田ゆり子さん、インスタグ... | トップ | 気になるパーツ »

コメントを投稿