picnic under the branches

映画や本が好きです。

ブルゾン

2016-10-09 22:22:01 | おしゃれ



今日、美容院にいってきました。

2か月前に美容院でパーマをあてたのですが、それからずっと行ってませんでした。

パーマも一度取れたかに見えて、まだまだいけてたので。

時々前髪を自分で切っていました。


しかし、頭頂部がストレートで伸び、それに反してカール部分が裾に溜まるという感じにそろそろ耐え切れなくなり美容院へ。

ちょっと切っていただきました。

パーマヘアにするとお金がかかるかなぁと思っていましたが、カット5000円、パーマ5000円で、その後2か月持ちこたえられるなら、金額的には同じだな~と感じたりしつつ。


さて、待っている間に雑誌を出していただきました。

『Oggi』と『In Red』。アラサー雑誌ですね。と思いつつ、ぱらっとめくると、三尋木奈保さんが、Oggi通じて、デプレやマルティニークとコラボした洋服の紹介が!!

可愛いな。


色も形も甘い感じながらベーシックでかわいかったです。

さらに私と同い年の三尋木さんが着ても違和感なし。

これは見に行きたいな~と思い、帰りにマルティニークに寄ってみました。


スカートやブルゾンがあり、試着させていただくと、結構似合ってる。

着ててワクワクする服っていいですね。

マリソルに載っている服はかなり辛口で殺伐としてる(笑)けど、これは大人の甘さって感じだな~と思いました。

ってか、三尋木さんアラフォーとして、アラフォー雑誌のエディターやってくれたらいいのに…と思います。


ブルゾンは紺とブルーグレーがあり、紺はかなり黒に近く、重い感じでした。

ブルーグレーはトリミングがココア色的で、金具は金でキレイ。

ブルゾンですが、襟の開き方によっては、ブレザー的というか、大昔はやった「チロリアンジャケット(知ってますか?)」のような風情もあります。

すてき・・・。でも35000円って高いわ・・・。


私は昨年、ブルーグレーのチェスターと、グレーのロングカーディガンを買っているので、ここでグレーのブルゾンを買うとグレー尽くしになってしまう…。

グレーのニットパーカも持っていたし、かぶるな。

という事で悩みますね。


結局似合う服って、明るい茄子紺、グレー、アイボリー、明るいベージュ、明るいキャメル、黄色、水色…のいずれかに落ち着くので、似た印象の物が増えていくのは仕方ないんですが…。

こういうのを我慢して、印象が変わる「似合うピンク」とか、明るい色物を探しに行くべきなんだろうなぁ。

よくよく計算して買わないと、同じような洋服が延々と増えていく羽目になりそうです。


 つい、「アクアパウダーブルー」を買ってしまう。


しかし、印象を変える服というのは、普段自分に似合いにくい色・柄・ジャンルのものだったけど、たまたま、その色やデザインが自分に似合うものだった。

という事が多いので、それこそ出会いを待つしかない面もあり。

探し回って無理に買ったからと言って、似合うとも限らないし…。


季節が変わって、秋の服が出てくると、色々ほしくなりますね。

でもあれこれ購入する前に、雑誌か何かで一度勉強しようと思います。


★仕事なでしこ『今すぐ買えます!エディター三尋木奈保コラボ3〝マルティニーク〟のウールブルゾン 』


 


ネイビーはほとんど黒に近く、グレーはブルーグレーです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気になるパーツ | トップ | 『lemon incest』 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL