田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

気力と体力。三度目のカムバックはあるのか――。 麻屋与志夫

2017-05-16 10:06:32 | ブログ
5月16日 Tue.
気力と体力。三度目のカムバックはあるのか――。

●さすがに毎朝4時起きするのはつづかなくなった。気力はあるのだが、体力がついてこない。昨夜は喉がはれてかさかさして、せきこんでしまった。水をのみにキッチンに退却した。水もまた飲み過ぎると夜、口の中がにがくなるのでほどほどにして、再び教室に進撃。なんとか授業をこなした。歳を重ねるということは、前の年まではできていたことが、できなくなるということだ。寂しいが、体をだましだまし使うしかないのだろう。あまり気力があるのも困ったものだ。

●むかし、よく「働かざるものは食うべからず」なんていったが、GGの場合、諸般の事情により国民年金に入れなかったので、塾の生徒がいなくなるということは、死を意味する。だから、毎晩元気に教壇に立てるのだろう。ありがたいことだ。こうした事情がなかったら、いまごろ水っ洟をたらして、よたよた歩いているこの街の老人たちの仲間いりをしていたろう。

●そしてさらに愛妻ミチコサンは華奢。車がないからGGがアッシをつとめている。まだ10キロくらいの荷物はリックにつめて30プンくらいはらくに歩ける。このところ、彼女は風邪をひいている。痰が喉につまりおおさわぎ。息ができなくなる。ともかく弟が痰をつまらせて他界しているだけに――心配だ。

●薔薇が満開の季節。ピクチャアは「猫と亭主とわたし」に載っていますからぜひ検索してごらんください。お近くの方は「オープンガーデン。美智子の庭」においでください。意気阻喪している美智子さんのよろこびは、丹精込めてつくりあげた庭をみなさんとともに眺めることです。

●GGのよろこびはもちろん作家として完全復帰することです。10年前にこのブログを始めた時は、アマクみていました。3年くらい精進すれば三度目のカムバックを果たせるだろうと思っていました。老人にはマスコミはそれほどやさしくはありません。いまだに精進の日々です。

●抒情文芸の作家から官能小説の作家への二度目のカムバック――転向があまりにもスムーズにいったから、こんども上手くいくだろうとおもっていました。年齢を考慮しなかったのが一番のオチドなのでしょうね。イタズラに加齢を重ね、老いぼれていくわがみをあんじつつこれから「方舟の街」の校正に励みます。500枚ほどの作品です。

 
  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「猫レストラン」に新しい客... | トップ | 美しいモノをこの世にとどめ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。