田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

老いとすなおに向き合う。 麻屋与志夫

2017-03-13 08:33:22 | ブログ
3月13日 Mon.

●決して阻止できない老いとどう向きあったらいいのだろうか。

●たとえそれと意識していなくても、老いは体のあらゆる部位でちゃくちゃくと進行していたのだろう。
はっきりとした現象としてからだの表皮に浮かびあがってこなかっただけだ。
いや、それらしいことは起きていたのだが、それが老いだとは認めたくなかったのかもしれない。
これからは素直に、「ああ、これが老いるとしいうことなのだ」と気づいたら記録しておくことにした。
老いを素直にみとめ、老いに順応して逆らわず、自然体で生きて生きたい。

●老いることをすなおにみとめ、むしろどんなことが起きるのか楽しみにする。そうした生活態度にこれからはしていきたい。それが老いと向き合うということなのだろう。



今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老と正面衝突  麻屋与志夫 | トップ | 風を引いてお酒が飲めません... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。