田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

小理屈をこねて酒をのむ。  麻屋与志夫

2017-06-20 11:28:58 | ブログ
6月20日 Tue.
小理屈をこねて酒をのむ

●なにかと小理屈をつける。
「オーイ。ミイマ今日は父の日だ。だれからも電話がないから、じぶんで祝酒だ」
「なにいってるのよ。みんな忙しいのよ」
 カッテニにヘリクツをつけないで。とはいわない。上品なカミサンは屁などという言葉は金輪際つかわない。お酒をのんではいけないともいわない。ありがたいことだ。だからこそお酒を飲んでも180cc(一合という言葉が若い人に通じませんでした)止まり。カミサンに心配をかけたくない。実は一升くらいは飲めるのだが。

●お酒を一升飲む大酒のみ。なんていってもさらさらつうじないのでしょうね。なんだかむかしからの日本の情緒ある言葉が失われていくようで寂しくなります。アイツは一升飲み――大酒のみだ。なんていわないで、1800ccのみだ。なんていうのかしら。

●一本あけようぜ、レッツ キル ザ ボトルといって一升瓶を豪快に空けるたのしさは時空の彼方。中上の拳骨はおおきかったな。などと思いだしたりしている。

●「オーイ。ミイマ明後日はオイラの誕生日だ。84歳の誕生日にまた酒をのむぞ」
このところマメに飲んでいるので、予告をしておく。

●でも、むかしのように、相手がいないから、飲んでも菊水の金缶一個。ですましている。はなはだ健康にはいいのだろう。

●むかしの酒飲み仲間は、功なり名を遂げて、黄泉の人。GGはあいかわらず、お呼びのかからない小説をかきつづけている。いちどホサレテしまうと芸能界とおなじで、カムバックは厳しいですね。


 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裏庭にはアイスバーグが一輪... | トップ | 九つの命あるブラッキー。 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。