田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

ねがはくは黒板の前にて春死なむその如月の望月のころ 西行 麻屋与志夫

2016-12-31 17:20:22 | ブログ
12月31日 Sat. 晴れ

●カレンダーをあと一枚めくれば、お正月。
と書いて気がついた。
いまどき日めくりカレンダーを柱にかけている家は稀だろう。
なぜ、わが家ではむかし柱のカレンダーを下げていたのだろうか。
土曜日は青。
日曜日は赤。
毎朝カレンダーをめくるのはわたしの役目だった。
懐かしい思い出だ。

●正月料理を作るのに、カミサンは昨日10時間もキッチンで動きまわっていた。あまり無理をすると風邪でもひいたらたいへんだ。ともかく全部手作り。料理上手のカミサンが腕をふるってくれた。ふたりだけの正月のために――うれしい。ありがたいことだ。
やっぱり、幾つになっても、正月はたのしいものだ。それに、大っぴらに、お酒ものめる。

●小説二枚しか書けなかった。

●英語の勉強。二時間しかできなかった。

●本は二冊(800ページ)、これは、スゴイと思う。読破した。

●そして一年が終わろうとしている。来年はどんな年になるのだろうか。

●塾のほうは生涯現役。覚悟を新たにした。いつものモジリ歌。西行から。


ねがはくは黒板の前にて春死なむその如月の望月のころ

●指示棒を武蔵坊弁慶のナギナタに擬して、立ち往生。黒板の前で授業をしながらパタリと死ぬ。というのが、わたしの理想の死にかたです。でも安心してください。あと27年は生きるつもりですから。

●いまの教え子の子どもを教えるぞ。そのころにはどんなGGになっているでしょうね。爺といわれるような老人になっているのでしょうか。GGとしゃれて、呼ばれるようだといいな。



  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひとみながかなしみを泣く夜... | トップ | 全国943万人のみなさん、コケ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。