田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

妻の誕生日をなにごともなく平穏に過ごす。 麻屋与志夫

2016-12-20 18:32:28 | ブログ
12月20日 Tue.
妻の誕生日をなにごともなく平穏に過ごす。

●半世紀いじょうも共にくらしてきた妻の誕生日だ。なにか特別なことをしたくて、いろいろと企画はたてたのだが、ぜんぶ却下された。じつは、アメリカンショートヘアがVIVAのショウケースにいる。リリの生まれ変わりみたいな雰囲気の子猫だ。わたしたちが寄っていくと、フロントグラスまできてスリスリをガラス越しにしてくれたり、ボールと遊んで見せてくれたりする。ジーッとカミサンを見上げている。「ねぇ、ママ、わたし生まれ変わってきたよ。ここにいるのはわたしよ。リリよ」と訴えかけている。ようだ。かわいい。いますぐにでも、だきしめて帰りたい。この子と生活をともにすることができたら、たのしいだろうな。でも、ビンボウ書生のわたしには、誕生日のプレゼントとして、この子猫を買うことはできない。ざんねんだ、慙愧のもいだ。

●家に帰って、妻とワインのマドンナで祝杯。こうして生きていられるだけでも、ありがたい。今年は同世代のひとたちが大勢あちらにいってしまった。わたしたちは、愛猫リリに死なれた。悲しみからはまだぬけだしていない。だからこそ、あのショートヘア
が欲しかったのに――。

●VIVAに行く途中に文化交流館がある。その裏庭。芝生公園になっている。枯れ芝色になっている。芝生の枯れた部分を刈り込んでいた。その刈り取った芝草をトラックにつみこんでいた。その色が、ショートヘアの色に似ている。かわいらしい、子猫の顔がまぶたにうかんでしまった。

●そのことを話し合いながら静かな午後をすごした。息子から妻に「おめでとう」メールがはいっていた。

  
 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村



 
  



古い怪談のある栃木。いま新しい怪談誕生。恐怖、戦慄保証付き

栃木には大中寺の七不思議がある。特に『馬首の井戸』や、秋成の日本吸血鬼物語の嚆矢(こうし)ともいわれている『青(あお)頭巾(ずきん)』は有名だ。―― その土地は、いま外来種ル―マニヤ吸血鬼の侵攻(しんこう)を受けている。吸血鬼監察官の文子と龍之介は敢然(かんぜん)とその敵に立ち向かう。龍之介のジイチャン翔太も愛する九(きゅう)尾(び)玉(たま)藻(も)と、命がけの抵抗をする。二組の恋人同士が最後にたどりついた境地(きょうち)、1000年の時空(じくう)を超えた愛の不滅(ふめつ)の物語。あなたは恐怖し、そして純愛に涙する。

●角川ブックウォーカー惑惑星文庫で検索してください。 はじめの4ページくらいは立ち読みコーナーがあって気軽に読めますよ。ブログとは違ったGGの小説の文章を読んでみてください。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コメダで定番モーニングサー... | トップ | 冬至なのに春先のような陽気... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。