田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

ゴールデンウイークもおわりですね。でも、わが家は輝き続けています。 麻屋与志夫

2017-05-06 04:29:48 | ブログ
5月6日 Sat.

●裏庭の節ちゃんに作ってもらったデッキが「猫レストラン」のようになってきた。最初はシルバー、濃いグレーのメス猫がまよいこんできた。かわいそうなのでブラッキ―の餌をわけてやった。もう、かれこれ二年くらい外猫として、シャシャと餌をたべにきている。
Newcomerの白猫。近所の飼い猫が三匹ほど。かなりのにぎわいだ。

●こんなふうに塾生がふえてくれればいいのになぁ。とGGは思う。

●デッキの向こうではツル薔薇がいままさに咲きだそうとしている。連休で、子どもや孫たちとも会えた。来られなかった次女のRの家族もすきをみて薔薇が咲いているうちにいくわよ、と連絡があった。それにカミサンの甥っ子からも薔薇は何時ごろ見ごろですかと、問い合わせがあった。田舎にあるわが家がいちばん輝いている季節だ。

●野鳥が緑の小枝で鳴く。街中を静流がながれている。歩いている人はほとんどいない。閑静な町だ。

●GGはあいかわらず、小説をかきつづけている。



  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あとは神様、なんとかしてよ... | トップ | 家の中がみように広い――。麻... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。