Color Room

おにむら歯科の副院長のひとり言

そぎ落とす人生

2017年05月18日 06時03分19秒 | 日記

数年前、テレビぴったんこカンカン?で、樹木希林さんと、市原悦子さんがゲストの時がありました。

あずみアナウンサーがこの二人のゲストを写真にとって、(だったかな?)その場で渡そうとしました。

市原さんは、すぐ受けとりましたが、樹木希林さんは「いらない!」と言って、受け取りませんでした。

(よく覚えていないけど)、「のこるものはいらない」?だったかな?そういうことも言われたような・・・。

テレビに映っているのだし、人から好意で差し出されたものを、拒否するなんて、すごいな~~~!!

強いな~~~!!とびっくりしました。

樹木希林さんと言えば、新聞一面に「死ぬときぐらい好きにさせてよ」と宣言されたことがあった。何かの広告???

希林さんがシェークスピアのオフィーリアのごとく川に流されている・・・

びっくりこきましたが、これまた超すごいな!!!

今、ネットで調べたら、こういう詩?がその紙面に載っていたそうで、そういえばと思い出しました。

コピペです。(汗)

 

 人は必ず死ぬというのに。

 長生きを叶える技術ばかりが進歩して

 なんとまあ死ににくい時代になったことでしょう。

 死を疎むことなく、死を焦ることもなく。

 ひとつひとつの欲を手放して、

 身じまいをしていきたいと思うのです。

 人は死ねば宇宙の塵芥。せめて美しく輝く塵になりたい。

 それが、私の最後の欲なのです。

 

これは樹木希林さんの生死感と同じなんでしょう。

終活として、自分の欲を、品々を そぎ、捨てていこうとしてるので、ものを増やさない・・・

そういう徹底した考えから、写真一枚でさえも「いらない!」と、言われたのでしょうね。

その生き方、ちょっと、あこがれてしまいますね。

 

我家はガラクタであふれている。足の踏み場もない!?

それを・・・私は少しずつ、整理していこうと思っている。

最低、ものを増やさないよう!(なるべくね)頑張る。

欲も、煩悩も、品物も・・・

と言いながら、まだまだ捨てきれん!

なんちゃて。ま、ま、そういう方向で行くことにします。(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秘密の計画 | トップ | 今がすべて。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。