Color Room

おにむら歯科の副院長のひとり言

運転免許返上!

2017年07月12日 07時16分53秒 | 日記

遠くから来てくださる老齢の患者さん。

車を運転してこられます。

90歳以上です。(マル秘)(汗)

頭もしっかりしておられるし、シャンとして歩かれます。

ま、往年の体の切れはもうありませんが・・・

先日はうちの駐車場が満杯で、その患者さんの車が前をふさいでいて出られない・・・

ということがあり、治療途中でしたが、その患者さんが車を移動に出られました。

私は心配で後をついていくと・・・

サササーっと、バックして、出ていった車のあとにスルスルスルーっと、あっという間に、きっちり白線内に収められたのでした。

すげ~~~~~っ!!

私より数段上手だわ!!

でも、やっぱり心配です。

ご家族が診療に見えた時、その話をすると、

家族が心配して免許証返上を勧めようとは思うが、生きがいを奪うようで、言い出せない・・・とのこと。

何かおかしくなったらその時に・・・

そうよね~。その気持ちわかるわかる。

そうね・・・私の父だったら、私はやっぱり返上してもらうだろうな。

何かがおかしくなる前に(笑)

でも、反対に、私がその運転する高齢者だったら・・・

自分の手足であった車を運転できなくなる・・・ということは手足をもがれたのと同じじゃないか?

それは、結構重いんでないか?

それは、自分の命は永遠ではない。自分の終焉をシンカラホンカラ受け入れること。覚悟すること。

煩悩を一つ手放すこと。・・・・・・・・・・

人間って引き際が大事。

自分の人生、自分でしっかり覚悟して幕を引きたい。

周りに要らん心配をかけたり、迷惑をかけるのは私は良しとしたくない。

でも、もう、その頃は、自制心が効かなくなっていて、運転したいと言い張るかも。

そのためにも今から子供たちに頼んでおいて、無理矢理でも取り上げてもらうようにしなくちゃ。

でも、自制心が効かないんだから、悲しかろうな・・・(涙)

う~~~~む、運転免許の返上って、結構深淵で大きな問題を含んでいるのですね。

頭がしっかりしているうちに、運転免許返上については、きっちり自分で始末をつけよう!

と、心密かに決心するバーサマなのでした。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モスクワ・フィルハーモニー... | トップ | 幸せな会 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。