Color Room

おにむら歯科の副院長のひとり言

お茶の話

2016年10月14日 05時16分07秒 | 日記
昨日の午前中は、主人が歯科専門学校の入試の面接で留守だったので、

私一人で診療。(午後は主人にバトンタッチ!)

12時からは私は歯科医師会の婦人部総会で出席予定でしたが、間に合わないわね。遅刻します。

午前の患者さんを全部診おえてから、

急いで外出の支度。

まだらにおしろいをはたき、口紅もとりあえず、はみ出しながらも一応つけて(笑)とんでいきました。

一年に一回。

会員の方たちに一同を介して会うのも楽しみです。

講演もあってそれも勉強になる。


昨日は「日本茶の魅力再発見」という演題で、宮崎でお茶の老舗、美老園の社長さんのお話でした。

日本茶、ウーロン茶、紅茶 の原料は、何れも同じツバキ科の品種。

ただ、発酵のさせ方の違いによって、この3種のお茶に分かれるんだそうです。

その中での実験が面白かった。

同じお茶を、高・中・低 の3種の温度で抽出します。

それぞれの味比べ。



低温で抽出したお茶(冷たいペットボトルのお水を入れただけ)は・・・甘いよ!味の素の味に似てる!ふ~ん、旨味・甘みが際立つのか・・・

次は中温。・・・ほお、ちょっと渋みがあっておいしいよ。

最後は高温・・・あ、苦いけど、これもいい!


同じお茶でも抽出温度によってこんなに味がちがうんだ!!!


低温で抽出されるのは、テアニン! 旨味、甘味の素。 玉露は50~60℃で、2~3分半かけて 淹れる。リラックス効果。血圧上昇抑制。

中温で抽出されるのは、カテキン! 渋味。 上級煎茶は70℃。 中級は90℃で。1分。抗酸化、抗がん、、抗突然変異、血中コレステロール上昇抑制

        抗菌、抗虫歯菌、抗アレルギー、抗臭、血小板凝集抑制、血糖上昇抑制、体脂肪築盛抑制・・・

高温で抽出されるのは カフェイン! 苦味。 番茶やほうじ茶は、熱湯で たった20~30秒!! 覚醒(眠気解消) 中枢神経興奮 利尿作用
       
        強心 疲労回復

先の実験は、この3種の成分を、それぞれ単独で抽出し、味比べしたわけです。

どれもおいしかったな。

自分の好きな味を抽出温度と時間によって作れるのね。


それに・・・


お茶っていろいろ体に有益な成分が含まれているんですね!!

毎日飲むことで健康になれる!

お茶がらは、よく乾燥させて、脱臭剤として使える。その後、観葉植物などの肥料として、すべて無駄にせず上手に使い切る。

お茶の成分を丸ごと摂ろうとしたら、抹茶にしてしまえばいい!


ふむふむ・・・


今までの人生で、お茶も満足に淹れられなかったバーサマは、何もかもが新鮮!!


うちのトーチャン。

もう、かなり遅くなりましたが・・・これからおいしいお茶を淹れてあげるからね(笑)

遅すぎかな?


人生、これからよ!これから!!!

何事も遅すぎるということはない!!と、自分を励ますのでした。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母と一緒に | トップ | これからこれから »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。