ほっとフォトだより

毎日の生活の中でほっとするようなことを届けたい

弱そうで強いコスモス

2017年10月03日 23時17分28秒 | 
       近所の田んぼの稲は、しっかりお辞儀して収穫を待っています。

            

     先に刈り取られた稲は掛け干し米に、じっくり乾燥させてうまい新米が出来上がります。
     掛け干し米は手間暇かかるので、今は短時間で出来る機械乾燥がほとんどです。
     おいしいでしょうね、掛け干し米。

                   

     魚津ヶ崎のコスモスを見に行ったが、残念なことにポツンポツンでした。
     コスモス祭りも中止の張り紙が・・・今年は生育が悪かったようです。
     それでは、お隣のコスモスを撮らせてもらおう。
     赤、ピンク、白が混ざって風に揺られています。
     揺られてもしなやかに立ち上がる。弱そうで強い、だれかみたい?

                     

     夕飯は挽肉のレンコンはさみ焼きです。挽肉を厚めにしてゆっくり焼きました。
     食べ応え十分でした。自家製の鶏ハムには、庭で育てたバジルソースをかけてみました。
     ちゃんと盛り付けたらごちそうになったのに・・・味はいうことなしでした。(自画自賛)
     人参とインゲンの白和えはおからと同じ色、同じ材料だから兄弟みたいなもんでしょ。

            

     10月はノーベル賞の発表が次々に行われます。
     医学生理学賞と物理学賞が決まりました。日本人の4年連続受賞なるかと期待がかかった
     医学生理学賞は、今年は体内時計の仕組みを解明した米国の3人の方に決まりました。
     同じ研究をしている各国の研究者にとっては、研究が認められたことを
     国には関係なく喜び合ったことでしょう。
     
     
     

    
     
    
     
     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加