おんごろ日記

山歩き、趣味のクラシックギターと野菜作りを楽しんでいます。町のボランティアにも顔を出して忙しい毎日です。

ハロウィン

2013-10-30 | 野菜作り

最近、日本でも各地でハロウィンが大衆文化として受け入れられてきた。
 
ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。
もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事で、歴史的にイギリスやアイルランドなどアングロ・サクソン系諸国で祝われているが、現代では特にアメリカで民間行事として定着して、本来もっていた宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。
カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。(ウイキペディア出典)

 
さて、昨日、収穫の落花生(ピーナッツ)を、洗って天日干しする。


ゴマも家内が洗ってから干したが、まだまだ選別しなければゴミがある。
ゴミとゴマが同じ大きさならフルイにかけても無理なので、目視で選別しなければならない。
手間を考えれば買ったほうが良い。

 
ふるい(篩)とは、紛粒状の固体混合物から、その粒径やその他の物理的性質によって、特定の紛粒状固体を選別する機器の総称。一般には網状になっている。
本来は粗い目のものを「通し」、細かい目のものを「ふるい」というが、混用されており厳密に区別することも困難とされる。(ウイキペディア出典)


アズキの選別も大変で、心が折れそうになる。
 

時間が掛かったが、なんとか目処が付いた。
 

細かい作業をしたので、気分転換して・・・
今度は、うしろ向き、下向きなもの・・・を排除。

性格ではありません。
放任していた、庭木の枝を剪定する。

昭和50年頃、親父から勧められ、NHKの「趣味の園芸」の月刊誌を毎月購入。
野菜のほかに、庭木の剪定なども掲載されていたので大変参考になった。
(5年間程読むと毎年、同じような内容の繰り返しなので購入をやめてしまった)


剪定するのは、うしろ向き、下向きなもの、同じ所から出ている車枝、枯れた枝、幹ぶき、からみ枝、ふところ枝、立枝など。

伸びすぎたサルスベリ、きんもくせい、マキ、松、柿の木などを剪定。
  

松は、実家の山から持って帰った松が2本あったが、
大きくなり剪定が大変なので、撤去し、剪定が楽な五葉松を植えた。

五葉松は枯れた葉を落とすだけで、特に剪定はしない。

  

柿の木は、切りすぎると次の年に柿ができないので、上に伸びすぎたものだけ剪定。
 

サルスベリは、枝先を握りこぶしのように剪定し、きんもくせいは、混んだ枝を切り、風通しを良くして全体を丸くする。


今年はレモンが豊作。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食欲旺盛な害虫

2013-10-29 | 野菜作り
朝から耕運機で玉ねぎの定植場所を耕していると・・・
 
宇宙イモ(エアポテト)が食害になっているのに気づく。


固い宇宙イモまで食べるとは・・・

葉っぱの間に、大きな幼虫。

 
これは、食欲旺盛なスズメガの幼虫のようだ。
スズメガ
スズメガ科(雀蛾)とは、節足動物門・昆虫綱・鱗翅目(チョウ目)内の分類単位のひとつ。
 
成虫・幼虫共に比較的大型になる。
成虫の4枚の翅は体に対して小さく、三角形になっていて、高速で飛行する。

幼虫は「尾角」と呼ばれる突起を持っている。
幼虫は典型的なイモムシ型で、様々な種類の植物の葉を食べる。
そもそもイモムシという単語は元来、サトイモやサツマイモの葉に多く付くスズメガの幼虫を指した語である。現在でも農作物や街路樹などに普通に見られ、我々にとってごく身近な存在となっている。
毒針毛などは無く、触っても無害である。

体型は非常に特徴的で、多くが腹部の末端に「尾角」と呼ばれる顕著な尾状突起を有している。
体色は多様で、食草に良く似た緑色をしたものや褐色のもの、黒色のものなどが存在する。
また、同じ種の幼虫でも同じ体色を有すとは限らず、個体差が顕著に現れる事も多い。(ウイキペディア出典)


さらに探すと、全部で6~7匹を捕殺。
 

大きい葉っぱを、間引き、隠れるところを減らす。
 



落花生(ピーナッツ)の葉っぱが、褐色になってきたので、試し掘りする。
 



今日は献血の日。半年ぶりに、役場で400ccの献血をする。

献血のメリット
・献血で健康診断・・・検査項目は20項目で、標準値から外れているところもや悪いところを発見できる。
・血液を抜くことで老廃物を出すことができる。
・人命救助に役立っているので、自分自身の満足度もある。
・ジュースや粗品がもらえる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ソラマメの植え付けとアズキの収穫

2013-10-28 | 野菜作り
 
昨日、山の会の人から、29日大普賢岳登山のお誘い。
腰痛がマシになった直後だけに、今回は諦めることに・・・断念です。
次回は絶対参加したい。


さて、10月末・・・ソラマメの植える時期。

ソラマメは、マメ科のため連作を嫌い、4~5年の休作が必要。
また、酸性土壌に弱いので、1週間ほど前に石灰をまいておく。


例年は、ポットで育成してから定植するが、
今年は色々と忙しくて、直接、野菜畑に植える。


植える場所を、よく耕し、30cm間隔くらいに、
1カ所2粒ずつのタネを土にさすようにして埋める。
(タネは、前夜に水につけておいたもの)
タネの黒い部分(おはぐろ)から根が出るので、
黒い部分を下向きにして、タネをさす。



植えた場所に、いつもの通り目印の竹を刺す。
 

土を少しかけた後、もみがらをかける。
 

今後、1週間位してから、鶏糞や腐葉土を間に入れる。

次に、アズキを収穫。
 
昔、「ぼろは着てても、心は錦」と、水前寺清子の歌があったが、
アズキは、さやが汚くても、中には綺麗な「赤いダイヤ」が入っている。


「赤いダイヤ」とは
東京穀物商品取引所1952年10月開所。
開所早々,小豆(しようず∥あずき)をめぐる買占め事件などで話題を呼び、小豆は〈赤いダイヤ〉の異名をとるなど、一時商品投機の象徴商品となった。上場品目は小豆のほか,輸入大豆,トウモロコシ,コーヒー,粗糖。…
梶山季之の小説『赤いダイヤ』も小豆市場を扱った小説で、のちに、あずき相場で一獲千金を狙う人々を描いた喜劇の映画化される。

 
 

準国産の「赤いダイヤ」が取れた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のら仕事再開

2013-10-27 | 野菜作り



爽やかな秋晴れの朝。腰痛もやっと楽になった。
早速、くんたんの出来具合をチェック。


くんたんは、もみ殻を水をかけながら蒸し焼きにし、炭状にしたもので、
土壌改良剤や肥料にもなり、また保水性、排水性、通気性にも優れる。

くん炭はアルカリ性なので酸性土壌の中和効果、連作障害などに有効。
土を柔らかくして、根の伸長や発芽を助ける。
また善玉微生物の活動を助け、養分の分解、発酵を進める。


会社へ行っている間に、燃えすぎて、炭になっている部分もある。
大雨でかなり水を含んでいるので、乾くまでそのままにしておく。



野菜畑の朝日がまぶしい。


白菜やダイコンの葉が大きくなってきたので、ネットを外す。
 

近日中に植えるエンドウ豆、ソラマメの植える場所を確保するため、
サツマイモを掘り、苦土石灰をまいておく。

 

掘ったサツマイモは、割れたものは洗って食べ、
その他は泥を洗わず乾かした後、1つずつ新聞にくるみダンボール箱で保管する。

 

《他の野菜の生育状況》
ブロッコリー


しゅんぎくや、12月収穫予定の玉ねぎ(シャルム)も大きくなってきた。
 

玉ねぎの苗
 

下仁田ネギ
 

菜の花とサラダ用の水菜
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何よりも健康が一番

2013-10-26 | 健康

腰の痛みも、近くの日帰り温泉通いが功を奏し、少し和らぐ。
今週は雨ばかりだったが、腰も痛かったので丁度良い休養となった。
どこか悪くなると、何よりも健康であることが一番の財産と思う。
台風も過ぎ、明日から天気も回復するようなので、畑作業も再開したい。


さて、昨日のNHKニュースで、最近、顔や頭に、けがをする子どもが増えているとのこと。
通常、転んだ時には、反射神経で、顔より先に手をつくのが基本動作だが、手をつくのが遅れたり、体を支えきれなくて、顔をけがするケースが増えているという。
昔と比べると、早く赤ちゃんを立たせてしまい、十分に“はいはい”させていないことが関係しているのではないかという


『はいはい』することによって腕の力が鍛えられたり、『はいはい』のあと立ち上がるという手順を踏むことによって、自分のバランスをキャッチして、崩れそうになったときに立て直す。
そういう練習する機会がなく大きくなってきたことが、1つの原因。(早稲田大学の鳥居俊准教授 出典)


子どもたちの体力低下、運動経験の不足はこうした外傷だけではなく、生活習慣病予備軍の子どもの増加、汗腺が発達する時期に冷暖房の効いた室内で過ごすことが増え、さらに運動や遊びで汗をかく経験が減ったために汗腺が十分に発達せず、結果として汗が上手にかけなくなって熱中症にかかりやすくなる、免疫力が低下してインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなるという問題も多くなってきている。(子どもが延びる「36」の基本動作とは 出典)

昔から、親が無くても子は育つと言うし、手助けしない方が丈夫になる。
孫が、つまずいて倒れた時は、抱っこしてあげたいが、我慢したほうがいい。


野菜を育てるのも子供を育てるようなものだが、
放ったらかすと野菜育たず虫が育つ。
苗の時から、大事にすればするほど収穫が期待できる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊張すれば指が冷たくなる

2013-10-25 | クラシックギター・ 歌声・他
今日はギターレッスン日♪

12/8の奈良市での演奏会まで、あと1ケ月余り。
ソロの演奏は「11月のある日」1曲のみ。
暗譜はかなり前に出来ているので、最近はあまり練習していなかった。

 
先生の前で2回演奏。
先生から「強弱と感情を込める事」の指導。


この曲は、よく演奏会で弾かれる。
ギタリストによって曲の印象がかなり違う。
早く弾く人もいれば、ゆっくり感情を込めて弾く人もいる。


当日のプログラムも決まり、今回は2部のソロの2番目に弾くことになった。
人前で話をしたり、歌を歌ったりする時は、全く緊張しないが、演奏する場合は全然違う。


演奏会は何回出ても緊張する。
舞台に立ち、一礼すると、会場から大きな拍手・・・
しばらくして、会場が静かになり、200人位が舞台での演奏に注目する・・・
そんな雰囲気になると、指先が冷たくなり、指が思い通りに動かない。

指先が冷たくなるしくみ
緊張したときなど、血管から熱を逃がさないように、交感神経が血管を縮める。
血管が縮むと血流が減り、その周囲の温度が下がる。
内臓の温度を維持するために、手足の温度を下げて体温調節をしているため。


何回も人前で弾くことが、慣れるための近道なので、
11/17デーサービス演奏会に、リハーサルを兼ねて演奏し最終チェック。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰痛・・・

2013-10-24 | 健康

モミガラを運んでから、腰痛が治らない。
若い時に、ぎっくり腰になってから、何度も繰り返している腰痛。
よく、腰痛は人類の宿命といわれる。




私たち人類の祖先は四足動物から類人猿となり、前脚を「手」として使うようになり、やがて二本足で歩くようになった。
そして、手先が発達した人類は、道具を使って進化していった。
直立二足歩行で体全体を支えているのは、脊椎(せきつい)骨と脚の骨。
骨は、もともと四本足用の構造なので、上半身の重力に耐えるため、腰の周りの筋肉が発達し、脊椎骨にかかる重力を分散している。


 

やがて老化で筋力が衰えると、腰が重力を支えきれなくなって「腰痛」が起こる。
先日の、モミガラをトラックへの積み下ろし作業で痛めた腰。
痛みが無くなるまで何もする気がしない。
歩く時は、面倒だが、コルセットをつける。
痛みが引いたら、「天然のコルセット」である腹筋や背筋を鍛えることが有効らしい。


午後から、ギターグループの練習会へ参加。

ギターを弾くとき、以前は足台を利用していたが、
同じ姿勢では腰が痛くなるので、
最近は、ダイナレット(左)か、ギターレスト(右)を使用している。

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

運動会で声援

2013-10-23 | 

昨日は孫の運動会へ。
午前中、何とか雨が降らず開催。

綱引きやリレーに頑張る孫に声援・・・・力が入る。
 


先日のもみがら運びの後の腰痛を押して、孫の手前、祖父として競技に参加。

運動会が終わり、孫の家へ。
孫の家には、ダックスフンドが4匹いる。(親と子供2匹)
左から、親の ダヤン(父親)と、ピノ(母親)



ダックスフンドは名前の表す通り、体重15kg程もあるアナグマを猟るため、また、負傷した獲物の捜索及び追跡のために農夫などによって改良された犬種。
当犬種において最も特徴的な容姿は胴長短足の体型である。

顔は面長で、尾は長く、耳は下に垂れる形をしている。鼻孔が開いて空気を取り入れやすい形状で、マズルが長く鼻腔内の面積が広いため、嗅覚に優れている。鼻の色は基本的には黒だが、一部はレバー色、淡いピンク色もいる。
生まれつき友好的で落ち着きがあり、神経質であったり攻撃的であったりということはない。情熱的で辛抱強い。ただ元々が猟犬であるがゆえに、時として攻撃的で負けず嫌いな性格を見せることもある。(ウイキペディア出典)


子供の左(ツクネ)、真ん中(ミソ)から、右端はピノ(母親)

子供は2匹とも女の子。

父親以外は、みんな同じ顔で、体格も同じなんでよく間違える。


家に帰ってから・・・
火をつけておいたクンタン作りの状況を見に行く。


手前は、伯母のもみがら。まだ、火をつけていない。


こちらは、義理姉のもみがら。殆ど出来ている。


そして、我が家の分。いい具合に下から火が広がってきている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風の前に

2013-10-21 | 野菜作り
雨が止んで、つかの間の晴れ間・・・
今週水曜日以降、また天候が怪しい。

朝、サツマイモを掘る。

 
美味しそうなサツマイモ。

天日干しすると、甘みが増す。



掘っている途中に、近所に住む伯母から「くんたん作り」の連絡。

くんたんは、もみがらを使ってくん炭を作る。
くん炭とは、煙で燻して水分だけをとばし、炭の状態で止めたもの。
くん炭は、田んぼに投入すると土壌の通気性や水はけを良くしてくれたり、微生物の棲みかにもなったりします。くん炭はアルカリ性の資材です。


脱穀後のもみがらを、トラックで、5回~6回、くんたんを作る田んぼへ運ぶ。
 

午後からは、リコーダー奏者のF先生宅で、次回、歌声喫茶での演奏曲、「コンドルは飛んで行く」の曲を練習。
澄んだ音色のリコーダーが良く似合う懐かしい曲。


コンドルは飛んでいくは、アンデスのフォルクローレの代表的な曲である。
この曲は1913年にペルー人作曲家であり民俗音楽研究家であったダニエル・アロミア=ロブレスが、自身で採譜した伝承曲のメロディをモチーフにして書いたオペレッタの序曲として発表された。
1970年にアメリカ合衆国の歌手コンビ、サイモン&ガーファンクルによってカバーされ日本やその他の国々に広く知られるようになった。


家に帰ってから、くんたん作りに取り掛かる。
 

新聞は、いき良いよく燃えるが・・・


昨日までの雨でもみがらが湿っているので、
何度やっても消えてしまうようだ。



後日、天気の良い日に再度行うことにする。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

再び台風が接近

2013-10-20 | 日記
10月としては、非常に強い台風が来ている。

台風第27号は、20日15時にはフィリピンの東にあって、北西へ毎時15kmで進んでいる。
中心気圧は925hPa、中心付近の最大風速は50m/s。最大瞬間風速 70m/s 
暴風域(25m/s以上) 中心から130km
強風域(15m/s以上) 北側440km 南側390km






今後、1日から23日にかけて日本の南を北北西へ進み、24日頃に本土に接近する。
先週は伊豆大島で大規模な災害があったので、今回もどこかで災害が起こるかも・・・


毎週1個の台風が来ては、畑仕事も進まない。
今月末のソラマメ、エンドウの種まきのための畑を耕したい。
サツマイモや落花生、サトイモなんかも掘りたい。



夕方、雨が上がったので、野菜畑へ様子を見に行くと・・・
ブロッコリーに、たくさんの穴が・・・・



よく見ると、青虫くんが一生懸命、食事中・・・
 

これから、毎日、チェックしないと・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"がん"が多くなった要因は・・・

2013-10-20 | 健康
先日、近所の知人が、すい臓がんで亡くなった。

“がん”は、日本人の2人に1人が患い、3人に1人の死因となっている。
現在の最先端医学においても、有効な治療法が確立されていない“がん”

先日放送された、NHKスペシャル『病の起源』「がん ~人類進化が生んだ病~』(再放送)は
興味深い内容だった。


人類は、他の動物に比べ“がん細胞”が増殖しやすい条件を、進化の過程で幾つも抱え込んでいた。
“がん”を増殖させ続ける遺伝子、“がん細胞”の栄養源を大量に作ってしまう仕組み、そして“がん細胞”の増殖を防いできた体内物質の減少など・・・。

5億5000年前、多細胞生物の発生と同時に、細胞分裂時のコピーミスでガンは生まれたという。
アメリカで発見された1億5000万年前の恐竜ディプロドクスの化石からも、がんの痕跡が見つかる。

ディプロドクスは、約1億5000万- 約1億4700万年前の北アメリカ大陸に生息していた大型草食性恐竜の一種。全長約20 - 35m。最大の特徴は、細めの体と長大な尾である。
この尾は、強靭な筋肉によって鞭のように振るなど主に自衛のために使われたと考えられる。
(ウイキペディア出典)



多細胞生物は、細胞分裂により、新たな細胞が補われるが、細胞のコピーミスが生じることがあり、それが元で、がん細胞が生み出され増殖していく。


がんが多くなった要因
要因1
人類が絶えず精子が増殖していくように遺伝子を変化させてきたが、がん細胞もそれと同じ仕組みを利用し、増殖できるようになっていった。

要因2
がん細胞は人類の脳細胞の活発化のメカニズムも取り込み、力を持つようになっていった。



要因3
日差しの強いアフリカを出て、地球の紫外線の弱い場所にも住むようになった人類は、紫外線により生成されるビタミンDが不足するようになり、がんのリスクを高めるようになった。

要因4
現代のライフスタイルの変化が、がんのリスクを一層高まる要因の一つとなっている。
近年、夜勤で働く人たちはがんのリスクが高まる、という研究結果が明らかになっている。
女性の場合は乳がん。男性の場合は前立腺がんのリスクが高い。

それらの要因は、睡眠をつかさどる物質であるメラトニンの不足にある。
メラトニンにはがんの増殖を抑制する働きもあるが、夜間に電気の明るさの中にいることでメラトニンの生成が抑えられ、がんリスクが高まる。
(NHKスペシャル『病の起源』「がん ~人類進化が生んだ病~』出典)




がんを防ぐための12か条(日本国立がんセンター出典)
1.バランスのとれた栄養をとる(好き嫌いや偏食をつつしむ)
2.毎日、変化のある食生活を(同じ食品ばかり食べない)
3.食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに
4.お酒はほどほどに(強い酒や飲酒中のタバコは極力控える)
5.たばこは吸わないように(受動喫煙は危険)
6.食べものから適量のビタミンと食物繊維を摂る(自然の食品の中からしっかりとる)
7.塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから
8.焦げた部分はさける
9.かびの生えたものに注意(輸入ピーナッツやとうもろこしに要注意)
10.日光に当たりすぎない
11.適度に運動をする(ストレスに注意)
12.体を清潔に

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日光浴で健康に

2013-10-18 | 健康
17日朝のNHKニュース「おはよう日本」のクローズアップで、過去の病気と思われてきた乳幼児の「くる病」が最近、増えているとの話題。
原因はビタミンDの不足。
背景には、アレルギーなどによる食事の偏りや日光浴不足など、現代的な子育て事情があるとのこと。

 
くる病とは、成長期(骨の発育期)の小児でカルシウムが骨に沈着せず、軟らかい骨様組織が増加している状態。多くの場合、骨の成長障害および骨格や軟骨部の変形を伴う。
(goo ヘルスケア出典)


赤ちゃんには母乳が良いと言われているが、片寄らずに乳製品による栄養補給も必要なようだ。
番組では、母親自身がアレルギーで、子供にも卵を食べさせず、片寄った食事でO脚になった事例が紹介された。
お母さんが、子供の足が異常にO脚だと気づき、原因が判らず、整形外科などの病院を転々・・・。
3件目の子供専門の病院で、「くる病」と判り、病院で処方された薬により現在は回復。


ビタミンD欠乏とビタミンD不足
成長期の子供が、ビタミンD欠乏になると事態は深刻です。
くる病になり、ひどいO脚、成長障害、歩行障害がおこります。
現在、日本ではビタミンD欠乏性くる病の乳児が増えています。

原因は、極端な母乳信仰とアトピーを恐れた乳製品忌避だと思われています。
母乳はカルシウムに富む優れた食品です。
しかし、ビタミンDはほとんど含まれていません。
ビタミンDを含んだ人工乳を全く使わず、アトピーを恐れて食品制限をした幼児に、このようなビタミンD欠乏性くる病がしばしば見つかり大きな問題になっています。

 
「くる病」の原因として、外遊びが少ないのも影響している。
日光浴すると、気持ちがいいし、エネルギーを感じ元気になる。
野菜も人間も同じです。


ビタミンD不足の解消は食べ物よりも日光浴で
本来、「ビタミン」は、人体では合成できない微量栄養素に対して与えられた名前です。
しかし、ビタミンDは皮膚で作られます。
そして、皮膚がビタミンDを作るためには紫外線の力が必要です。
日光に当たらないと、ビタミンDはほとんど作られない。(日本骨代謝学会 出典)



太陽光は健康増進に役立つ。
ビタミンDレベルを正常値以上に保つことは、高血圧や糖尿病、ガン、心臓発作や脳卒中の予防や長寿に貢献する。

冬季は日照量が少ないためビタミンDが不足。
適度な日光浴か食事やサプリメントでビタミンDを適切に摂取することが必要。
食物では、サケやウナギのような脂肪の多い魚、卵黄、乳製品、キノコ類に多く含まれる。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

もぐらの写真

2013-10-17 | 日記
 
歌声喫茶でリコーダを吹かれているF先生ご夫妻が、先日、
イギリス旅行で「ビーター・ラビットの世界」へ行かれ、
可愛い「もぐら」の人形を見つけられ、写真を頂きました。



ピーターラビット(Peter Rabbit)は、ビアトリクス・ポターの児童書に登場する主役キャラクターであり、シリーズ作品の総称ともなっている。
このキャラクターは擬人化され、明るい青色の上着を着用した姿で描かれている。
1893年9月4日にビアトリクス・ポターが友人の息子に宛てた絵手紙が原型である。
ピーターラビットシリーズの累計発行部数は全世界で1億5000万部[1]を超え、日本の福音館書店版は1200万部が発行されている。
また第1作の「ピーターラビットのおはなし」の発行部数は全世界で4500万部を超える。
日本では福音館書店版での「ピーターラビット」という表記が最も一般的なものとなっているが、日本以外の多くの国ではPeter Rabbitを各国の言語に翻訳したタイトルで出版されている。
日本でも「ピーターうさぎ」というタイトルの翻訳も存在する。(ウイキペディア出典)


 

イギリスのモグラの人形。
すごくリアルですね。

実際のモグラはずんぐりとした胴体を持つ。
とがった鼻を持ち、眼は退化して小さく視力はほとんどない。
また、耳も外見からは見えない。
四肢は短く、前足の掌部は平たく大きくなり、鋭い爪がある。

これらは地下で穴を掘って暮らすための適応と考えられる。
また、前足は下ではなく横を向いているため、地上ではあまりうまく扱えない。
全身が細かい毛で覆われ、鼻先だけが露出している。尾は短い棒状。



gifアニメにして動かしてみました。
何か喋りそうに見えませんか?

 

「ビーター・ラビットの世界」は、とてもファンタジーです。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元気になる歌

2013-10-16 | クラシックギター・ 歌声・他
子供たちに絶大な人気の「アンパンマン」作者の漫画家、やなせたかしさんが13日、心不全のため亡くなられました(94歳)。御冥福をお祈りいたします。
 

アンパンマンが誕生した背景
戦中、戦後の深刻な食糧事情もあり、当時から「人生で一番つらいことは食べられないこと」という考えをもっていた。50代で「アンパンマン」が大ヒットする以前は売れない作家であり、空腹を抱えながら「食べ物が向こうからやって来たらいいのに」と思ったという。
こういった事情が「困っている人に食べ物を届けるヒーロー」という着想につながった。
アンパンマンと「正義」というテーマについて、端的に「『正義の味方』だったら、まず、食べさせること。飢えを助ける。
さらに主人公をあんパンにした理由を「外の皮はパン=西洋、内側はあんこ=純日本。見た目は西洋でも心は日本人である。」と解説している。(ウイキペディア出典)


毎月の歌声喫茶では、「手のひらに太陽を」が、元気が出る歌の定番だ。
この作詞も、やなせたかしさん だった。


「悲観的な気分になって追い込まれていた時、暗いところで自分の手を懐中電灯で冷たい手を暖めてながら仕事をしていて、ふと手を見ると真っ赤な血が見える。
自分は生きているんだという再発見と、その喜びを謳歌して頑張らなくちゃと、自分を励ますためにこの詞を作った」と述べている。


歌声喫茶では、元教師のKさんが前に出て、手話で楽しくみんなをリードする。
手話をしながら歌うと、不思議と心身とも元気になる。


戦後、苦労しながら人生を過ごしてきた方々だからこそ、
生きていることのありがたさ、幸せを気づかせてくれる歌詞が実感できる。


「手のひらを太陽に」
やなせたかし作詞・いずみたく作曲

ぼくらはみんな 生きている
生きているから 歌うんだ
ぼくらはみんな 生きている
生きているから かなしいんだ
手のひらを太陽に すかしてみれば
まっかに流れる ぼくの血潮(ちしお)
ミミズだって オケラだって
アメンボだって
みんな みんな生きているんだ
友だちなんだ

ぼくらはみんな 生きている
生きているから 笑うんだ
ぼくらはみんな 生きている
生きているから うれしいんだ
手のひらを太陽に すかしてみれば
まっかに流れる ぼくの血潮
トンボだって カエルだって
ミツバチだって
みんな みんな生きているんだ
友だちなんだ

ぼくらはみんな 生きている
生きているから おどるんだ
ぼくらはみんな 生きている
生きているから 愛するんだ
手のひらを太陽に すかしてみれば
まっかに流れる ぼくの血潮
スズメだって イナゴだって
カゲロウだって
みんな みんな生きているんだ
友だちなんだ


家内も歌声喫茶で、この歌を歌っているのに・・・
畑で虫を見つけると踏みつけて殺してしまう・・・言行不一致です。



経糸の会の「手話イラスト」出典
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玉ねぎの芽が出る

2013-10-15 | 野菜作り
 今年は異常な暑さで、玉ねぎの芽が出るのが遅くて心配したが、ようやく芽が出てきた。


《今日の野菜畑》
12月に収穫予定のホーム玉ねぎ(シャルム)と秋ジャガイモに、草木灰をかける。
 

下仁田ネギに「わら」でマルチングする。
 

ニンニクやブロッコリーにも。
 
 菜の花、サラダ用ミズナ。
  

宇宙イモ(エアポテト)も順調に大きくなっている。
 



白菜も大きくなって、ネットの中で窮屈そう。
 

ヤーコン、サトイモ、ナス。
 


 ラッキョの芽。 
 
台風で雨が降る前に、草や夏野菜、花の終わったもの集める。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加