おんごろ日記

山歩き、趣味のクラシックギターと野菜作りを楽しんでいます。町のボランティアにも顔を出して忙しい毎日です。

蝉の三重奏

2013-04-30 | 健康
せっかくの休みなのに朝から雨・・・。
花粉症の症状も無くなりギックリ腰も回復。
今までは大きな病気もせず贅沢は言えないが、
今日は耳鳴りが気になる。

夜中に目が覚めてしまったので寝不足気味なのが影響か?
これも深夜勤務で昼夜逆転、職業病かも・・・・?

40代後半から耳鳴りがして、夜勤明けや飲み会の次の日が特にひどい。
キィーン、ジィーン、ビィーンとか蝉の三重奏。ひどいときは頭痛も・・・。


3年前にも、朝起きて右耳が聞こえない症状があり、耳鼻科で突発性難聴と診断され、ステロイドの点滴などで回復までに1ケ月。
その後も、特に右の耳の方が悪い。電話を聞く左耳は、まだ大丈夫。

人の話も聞きにくく、聞き直さずに適当に相槌を打つ時もある。
こちらの声もどうしても大きくなる。
テレビの音も最近聞きづらい。ギター演奏にも影響する。

同年代の殆どの人が経験しているらしいが、耳鼻科へ行っても「原因は加齢かストレス」とか言われ諦める。

結局、今の医学では原因が分からず治せないようだ。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

金剛山・高天道(郵便道)山歩き

2013-04-29 | 山歩き・ウォーキング
                 

朝から行楽日和となったので金剛山へ登ることにした。
高天道コースの高天彦神社駐車場はもう車が一杯。


 
高天滝まで5分くらい歩く。可愛い花が道端に咲いている。
 

 
 
滝を過ぎる頃からの急な上り坂。
 
根っこを踏まないように歩く。山吹の黄色が鮮やか。
 
少し休憩。木の隙間から対面の山が見える。
 
急な坂が延々と続く。団体に追いつき、ペースが落ちる。
 
水越峠からのダイヤモンドトレールへ出る。一の鳥居から山小屋の方へ向かう。
 



途中の出迎え不動さん




歩き始めて2時間位で山小屋に到着し昼食とする。山小屋の前は行楽客が一杯。






 
クリックで写真が、大きくなります。
  

ツツジが満開。近くでウグイスのさえずり

しゃくなげと、こぶしの花。
 
昼食後、予定があり下山。


下山後、「パソコン動作不良」の調査依頼があり、急いでギターの先輩宅へ。
 《立上げ、インターネット、Outlookが遅い》とのこと
【応急措置を実施】
①インターネットの「TeMPorary(テンポラリ)」がかなり溜まっていたので、「CCleaner」をインストールして「TeMPorary(テンポラリ)」および「レジストリ」を掃除する。
②Outlookの、過去の削除ファイルも170ファイル程、消されていないので、終了時に自動削除するよう設定。
③以前からPDFファイルが読めなかったようで、Adobe Readerをダウンロード。
④ディスククリーンアップ。

 少し動作が早くなる。
※立上げが少し遅いので「タスクマネージャー」をチェック。
  パフォーマンスが時々100%になっている。
 (今日は時間が無かったが、常駐ソフトが多いように思うので、「スタートアップチェッカー」でチェックが必要かも)






コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

職人技

2013-04-28 | 日記

  
通勤途上、時間が早いので東寺の3キロ手前の竹田駅から歩くことにした。

爽やかな風が吹く鴨川の橋の上から眺めると、朝早くからジョギングや散歩の人がいる。

川の中では1mほどの鯉がのんびりと・・・。
北朝鮮なら直ぐ食べられる・・・と思いながらあるく。





上鳥羽辺りの畑に目をやると、春蒔きの九条ネギを整然と植えている。
九条葱(くじょうねぎ)は、日本を代表する青ネギ(葉ネギ)の一種である。
もともとは難波に自生していたネギが原種と言われ、後に京都に伝わって、古くから品種改良が施され、伝統的に生産され続けている京野菜のひとつ。
京都市南区九条地区が主産地であったことからその名がついたが、現在の主な産地は九条の南、十条となっている(ウィキペディア出典)



キャベツ畑も職人技だ。消毒をかなりしているのか虫も付いていない。




上を見ると、阪神高速8号線が山科のほうへ伸びている。これも職人技で芸術的だ。


上鳥羽の公園を通る。京都には、このような小さな公園が所々にあるので和む。
ここは秋にはイチョウの木から銀杏がたくさん落ちる。



職場に到着するころには上着が要らないくらい少し汗ばむ。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

趣味が高じて本業に

2013-04-27 | 日記

昨日、若いころ職場でお世話になった人と奈良で逢うこととなった。
昼前に奈良駅前「行基像の噴水」の前で待ち合わせ。


先輩で温厚な お人柄の西 恒夫氏(作曲家)が現れた。
近くの東向き通りの店に入り食事をしながら近況を話す。
現役の時はコンピューターのプログラマーであったが、現在は「日本音楽著作権協会」の会員で、プロの演歌歌手に作曲・編曲などされて、歌のコンテストの審査員なども依頼されるらしい。
ご自身が作曲された演歌歌手「西原希蓉美」のCDを頂く。






「すごい !!」
趣味が高じて本業になるとは。
食事をしながら2時間ばかりお互いの音楽談義に花を咲かす。

ジャンルは違うが演歌も好きなので話が盛り上がる。
今まで100曲以上作曲したらしい。

「カラオケでも」と誘われ、駅前の店へ。


西さんが作曲した曲を選曲・・・・登録されているのに改めて驚く。

・・・演歌中心に1時間ほど熱唱、お互いにメールの約束をして別れた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

もうすぐGW

2013-04-25 | 日記


今週末からゴールデンウィークです。

ゴールデンウィークっていつ頃から ?
「ゴールデンウィーク」の名称は、映画会社の大映が松竹と競作して1951年(昭和26年)に上映となった『自由学校』が最高の売上を記録し、映画界でこの時期に多数の動員を生み出すことや活性化を目的として大映常務取締役の松山英夫によって作成された宣伝用語である。
1952年(昭和27年) 頃から一般にも使用されるようになり、他の業界にも広まった。


NHKや一部の民放、一部の新聞などは、「ゴールデンウィーク」という言葉が映画業界用語だったことから、業界の宣伝になってしまうということや、年配者に分かりづらいという理由で、単なる「(春の)大型連休」という表現で統一している(ウィキペディア 出典)

若い頃から、ゴールデンウィークはもちろん年末年始などで、長く休んだ覚えが無い。
20代の頃は、大型コンピューターのセンターで、夜間にメンテナンスを行うため深夜勤務、40代からは本社への報告が休み明けに設定されているため休み返上で仕事。


現在も深夜勤務を中心としたシフト勤務で、ゴールデンウィークの蚊帳の外。
大型連休は仕事を完全に辞める時までお預けのようだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

羞恥心を思い出す

2013-04-24 | 健康
最近、職場の同僚や知り合いの同年輩で入院する人が増えている。

不規則な勤務で半年前からお腹の調子が今ひとつ!!
ということで、久しぶりに大腸検査を申し込んだ・・・・が。


なぜか、少し前から体調が良くなった。
断るか、受けるか迷ううちに、受診当日が来てしまった。
今日は朝から雨で、気持ちもブルー


昨夜は、素うどんとおかゆのみ。朝、昼は食事ができない。
ビールだったら直ぐ飲めるのに・・と思いながら、
会社の病院で、2ℓの下剤入りの薬を3時間余りで飲む。トイレと待機所との往復。


看護士さんの説明・・・「ポーリーブが見つかれば、一泊してもらい、安静にしてもらいます。」・・・「明日、勤務があるので今日は帰りたい。」

看護士さん・・・「帰ることはできません。」・・・「困った。」とのやり取り。

先生からの説明・・・「万が一、ポリーブ切除に伴い、大腸に穴が開き、腹膜炎や出血になる場合もあり、同意書を書いていただきたい。」・・・と脅かす。


ここまで来て引き下がれない。仕方なく他の人と同意書に記入。

血液検査。および鎮痛剤、鎮静剤の麻酔注射を肩にする。


忘れていた羞恥心を思い出しながら大腸検査を受ける。

「全くポリーブ無しで綺麗です」との結果に・・・先生は『神様』です。



安心したとたんお腹がすいたので、駅前で牛丼と、もちろんビールも。
結果・・・胃が液体を拒否、美味しくなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギター・レッスン

2013-04-23 | クラシックギター・ 歌声・他
夜勤明けで眠かったので、少し昼寝してから出かけた。

課題曲は「11月のある日」12月の演奏会用として練習中。
大体、暗譜できそう。
暗譜はハイポジションの小節で複雑なほど覚えやすい。
逆に暗譜しないと指板を押さえられない。(勿論、楽譜を見る余裕はない)
簡単な同じようなフレーズや繰り返しが多い曲は、かえって間違う。
演歌「兄弟舟」は歌声喫茶でも弾いたが、先生とのアンサンブル(重奏)も楽しい。
演歌は1ヶ月毎に1曲の割りで「レパートリー」を増やしていく。
次は「奥飛騨慕情」来月までに練習しておこう。


さて、クラシックギターを習って、あっという間10年が過ぎた。




習い始めた頃に、自分に言い聞かせるために「心構え」を作る。
5年間は毎週レッスンに通い、今は月1回程度のレッスンを受けている。
「心構え」も、いつしか忘れてしまっている。
ただ1つ守れたのは10年間教室に通うことが出来た事。
そして数多くのクラシック曲に出会うことができた。

恩師 中村昭三先生に感謝、感謝
先生と多くのギタリストの友人に出会ったことも大切な財産となった。

<目標とした心構え>
●練習
・姿勢正しく譜面台、足台を用いて弾く。
・練習は自分に厳しく、楽しもう。
・いつでもどこでも指を鍛える。
・あわてず丁寧に弾く。
・きれいな音を確実に出す。

●ギター教室について
・先生の技術を真似よ。
・先生の指導を聞き逃さない。
・ギター教室へは10年以上通え。
・予習、復習を怠るな。

●生活の中で
・家での空き時間は練習時間と思え。
・生活の一部とせよ。
・1日最低2時間以上の練習をせよ。
・練習すれば一歩前進、さぼれば二歩後退。
・爪の手入れ、手の手入れを行なう。
・ギタリストのCDを子守唄に寝よ。(耳を育てる)

●その他
・ギタリストの友人を持て。
・ギターに対し愛情を持て。(やさしく丁寧に扱う)
・常に研究心を持て。
・音符に強くなれ。
・初心に戻れ。

<練習方法>
●調弦(練習前と練習中にチェック)

●基礎練習と指ならし。(最低30分)
・スケール、アルペジオ、スラー、ハノン、蟹弾き、トレモロ
・アルアイレ&アポヤンド

●初めての曲
・楽譜に、判りやすいようにメモる。
・キリのいい所で区切り、練習する。
・苦手なところを根気よく練習する。
・音符に忠実に弾く。

●一通り弾けたら
・小節毎の、つなぎの練習。
・音質、音量、速度、リズムに気をつけて。
・メトロノームの使用。
・忘れないように時々弾く。
・同じ曲のCDを聞き、真似る。

●発表会に向けて
・できるだけ多くの人前で弾く。(人の感想を聞く)
・自分に対しプレッシャーを与える。
・暗譜する。
・録音して聞いてみる。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

春色コンサート(in けいはんな公園)

2013-04-22 | クラシックギター・ 歌声・他
昨日、里山クリーンウォーキングの後、午後は、府立けいはんな公園の水景園観月楼でのアコースティックギタリスト熊谷朋久氏のライブへ・・・。


<熊谷朋久氏 プロフィール>
神戸・大阪を中心に活動するアコースティックギタリスト。
兵庫県神戸市出身。
神戸市外国語大学外国語学部卒業。熊谷ギター教室を主宰。
現在は自身の主宰する「熊谷ギター教室」での講師活動に並行し、ソロギターを中心に、ギターデュオや他の楽器とのアンサンブルetc、ジャンルを問わず精力的に活動。FMラジオ番組への出演多数。
また演奏活動以外にも、テレビ・ラジオ番組のBGMにて自身の楽曲を提供するなど幅広いジャンルで活動を拡げている。(ホームページ 出典)








  
クラシックから映画音楽、ブルースなど軽快なリズムで曲を奏でる。
途中、春の曲の早春賦、朧月夜、春の小川など3曲を観客が口ずさむ。

後ろのおばさん、大きな声で歌ったが、音程がイマイチのハーモニー・・・
噴出しそうになりながらも楽しい時間が過ぎた。

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

鹿背山城跡への道

2013-04-21 | ボランティア
今日の「里山クリーンウォーキング」は、木津川市の鹿背山城跡までの道を綺麗にする。
JR木津駅を降りて東の方角、鹿背山を目指す。朝まで雨が降っていたので肌寒い。

 
この周辺は開発され昔の面影はない。道端のごみも少ない。
 

 

木津小学校の鹿背山分校の跡に、懐かしい「二宮金次郎」の像があった。

暫くして鹿背山城跡のふもとの西念寺へ着く。
  

   

 
山頂の城跡に着く頃には、陽がさして暖かくなった。木津川の向こうに生駒山がはっきり見える。






帰り道になると、ごみも重たくなってきた。安福寺に着き休憩する。

 

境内には、平重衡(たいら の しげひら)平清盛の五男の墓がある。平重衡は、平氏の大将の一人として各地で戦い、南都焼討を行って東大寺大仏や興福寺を焼亡させた。
墨俣川の戦いや水島の戦いで勝利して活躍するが、一ノ谷の戦いで捕虜になり鎌倉へ護送された。
平氏滅亡後、南都衆徒の要求で引き渡され、木津川畔で斬首された。
  
ぼたんの花が綺麗だ。

丁度、昼になったので皆さんと食堂に入ってビールを一杯。これがあるからやめられない。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハスの植え替え

2013-04-20 | 野菜作り
昨年から植え始めたハスを植え替えることにした。
 
畑に置いてある風呂桶の中はどろどろ状態。

 
中の根っこを取り出す。

白い根だけが芽を吹くので選別し、3節位の大きさに切る。 

隅に並べて沈める。

少し土を追加する。

写真は、昨年7月に咲いたハスの花。






《今日の農作業》
玉ねぎとソラマメが大きくなってきたので溝の土を根元にかけておく。
 

数本出ているジャガイモの芽を間引きする。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生 下り坂 最高 !

2013-04-19 | 日記
駅の通路の「人生 下り坂 最高!」というポスターが目にとまった。

火野正平のNHK「こころ旅」2013年の春の旅ポスター 
「下り坂」というネガティブな言葉と「最高!」と、ポジティブに思う言葉・・・・奥の深い名言だ。

人の一生は、日本人平均で、男は80歳、女86歳。
私の場合、80までは17年あるが、明日どうなるか分からないのが人生だ。


1年は365日、10年で3650日、20年で7300日
日数に直すと、残された日数は少ない。

1日を無駄に過ごす訳にはいかない。
これからの下り坂を楽しむ人生でありたい。

 

おんごろのアニメを作ってみました。













コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は夏日

2013-04-18 | 日記
午前中、所用があり和束町に行った。
和束町は、過疎化が進む人口4千人の町だ。
この辺の里山や小川は昔と変わらない自然が多く残っている。



お茶が盛んな町で、宇治茶として出荷している。



鷲峯山が遠くに見える。
この辺では一番高い山で、何度か登っている。
鷲峯山は標高682mの山で「じゅうぶざん」「じゅうぶせん」と読む。


山頂には金胎寺(こんたいじ)があり、1時間位で廻れる行場があって、奇岩怪石が連なり、楽しめる。
奈良県の大峯山に対し「北大峯」と称された山岳信仰の霊地である。



周辺では、もう田植えの準備が始まっている。


今日は気温が上がり夏日となった。(午後から仕事のため急いで帰る)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老化は足からやってくる

2013-04-17 | 健康
家の柱で足の小指を当てたり、敷居でつまずく、お茶のコップを倒したり、携帯電話の置いた場所を忘れるなど。
頭で若いと思っていても感覚が鈍ってきているようだ。


昔、「25歳はお肌の曲がり角」といったコマーシャルがあった。
成長が止まって、老化が始まるのが、その頃から?


同じ年齢で、老けている人、若く見える人の違いは、遺伝子によるものか、努力の差か?

遺伝子研究が進み、いずれ老化のメカニズムが解明されるだろうが、まず現状維持するために何をすべきか。

・身体を鍛える・・・老化は足から。使わなければ筋肉は痩せる。

・姿勢を良くする。・・・骨の曲りは病気の原因。(歩き方、椅子の座り方)
・歯や歯茎を鍛える・・・食事で30回噛むのは大変だが、ガムなら噛むことができる。
            歯間ブラシで掃除。歯ブラシでマッサージ。


・脳の活性化・・・新聞、本、インターネットの情報、趣味を作る。

         何でも好奇心を持つ
地域のコミュニティに参加。(喋る機会が無くなると認知症になる)

 
・副交感神経を活性化(免疫力が高まる)・・・深呼吸、音楽を楽しむ、軽い運動。

・気持ちを明るく プラス思考で !

・健康番組を見る・・・多くの健康番組を見て、意識して努力する。

・栄養補給・・・野菜、海藻、きのこ(食物繊維で腸を綺麗に)、ヨーグルト(善玉菌を作る)、コラーゲンが多い食材(牛スジ、鶏皮、鶏軟骨、手羽先、うなぎ、カレイ、シャケ・・・)を取る。

・暴飲暴食をしない。・・・カロリー制限が老化防止になる。

 だけど美味しいものがあるとやめられない。

・体内時計を管理・・・不規則な勤務なので、朝起きると朝日を見る。
           昼寝は30分~1時間位に抑える。


結論・・・毎日、健康に気を付けて、ストレスを溜めず人生を楽しむことが老化予防につながるようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンサンブルの練習

2013-04-16 | クラシックギター・ 歌声・他
午後は、ギターグループ「カルマンド」の練習日。

現在、メンバーは6名で、それぞれギター教室の講師や地域の施設などへボランティア演奏している忙しい人ばかり。
平均年齢は70才位だが、皆さん お元気で、話していても年齢差を感じない。
リーダーは、昭和11年生まれの喜寿で、若いときに進駐軍を相手に、ジャズ喫茶で腕を磨いたとのことで頼もしい。


久しぶりの練習なので、なかなか調子が出ない。
ディーサービス用の演歌の曲「さざんかの宿」、草競馬(アメリカ)、
花祭(ラテン音楽)などを練習。どれも簡単そうで、なかなか難しい。


特に草競馬は、途中に2度変調があり、且つ、馬が走る雰囲気のスピードで弾く必要がある。
この曲は、もともとバンジョーが合いそうだ。


1時間ほど練習。リーダーが、教えているギター教室の都合で退席することとなり、休憩となる。
     

休憩中は、お茶を飲みながらのギター談義。コンサート情報や技術的な情報交換。
飲み会の予定や次回練習日の相談をする。いつも練習時間より休憩が長い。


休憩の後、震災の応援歌の「花は咲く」を練習した。うまく合えば綺麗な曲だ。

次回までの練習曲を、さざんかの宿、花祭、花は咲く の3曲に絞ることとした。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肥料の3要素

2013-04-15 | 野菜作り
今週は法事で勤務変更したので、次の土曜まで休みが無く、
深夜勤務や昼間の勤務が交互に続く。

  
体調も まだ回復していないが、今月末の夏野菜の植え付けに向け畑を耕すことにした。


野菜には、月初めと中旬の2週間に一度、肥料をやることにしている。
肥料の3要素は、次のように覚えている。
植物の上から窒素(葉に)、リン酸(実に)、カリ(根に) 

窒素は、葉もの(白菜、キャベツ、ホウレンソウなど)
リン酸は、実物(トマト、ナス、キュウリなど)
カリは、根菜類(いも、ごぼう、だいこんなど)

窒素・・・油粕、リン酸・・・鶏糞など、カリ・・・クン炭、草木灰

化成肥料(高度化成14 14 14、普通化成8 8 8)は、窒素、リン酸、カリを含んだ割合を表示している。


このほか、ミネラルとして木酢液、竹酢液、EM活性液などを、防虫剤、栄養剤として与えている。

木酢液(もくさくえき)・・・炭焼き時に副産物として木酢液ができる。
竹酢液(ちくさくえき)・・・竹を蒸し焼きにして炭化するときに煙突から出る排気ガスを採取し、それを冷却することで液化させ収集したもの

ごぼうの苗や、玉ねぎ、ジャガイモに、薫炭(クンタン)をやる。
薫炭(クンタン)はモミガラを炭化させたもので、通気性・排水性・保肥力を高め、酸性化した土のpHを矯正する。また、土中の有害物質を吸着し、有用微生物を増殖させる。
         
初めて作った、ごぼうの葉が大きいのでためし掘りする。波板を取り外して慎重に。
  
まだ、若くて細い。 里芋も、もうすぐ芽がでるので、食べるのも最後になりそうだ。




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加