おんごろ日記

山歩き、趣味のクラシックギターと野菜作りを楽しんでいます。町のボランティアにも顔を出して忙しい毎日です。

「宇宙芋」ゲット !!!

2013-03-31 | 野菜作り



宇宙芋「エアポテト」とは?
東南アジア原産のヤマノイモ科の植物。うまく育てると巨大なムカゴがたくさんできる。
このいもには血糖値を下げる効果があることが報告されている。みどりのカーテンに利用できる。
料理は、炊き込みご飯、けんちん汁、コロッケ、しょうゆ漬けなど、とろろ汁、磯辺あげなどやまいもと同じ料理。

詳しくは、
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091125637552.html


昨年、友人からもらった「宇宙芋」を穴に埋め、冬季保存したところ、腐っていた。
諦め切れず、近くの野菜の種販売店へ行ったところ、
店頭にあった。


中身を出すと、


本当に、円盤みたいな形。

今度、休みのときに植えよう。楽しみ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

金剛山(天が滝新道から伏見峠ルート)

2013-03-30 | 山歩き・ウォーキング
【金剛山】
金剛山は、奈良県御所市と大阪府南河内郡千早赤阪村との境目にある山。金剛山地の主峰である。
標高1,125m。最高地点は葛木岳といい、御所市の葛木神社の本殿の裏にあるが、神域となっており立ち入ることはできないため、国見城跡の広場が山頂扱いされている。(ウィキペディア 出典)


今日は登山日和になったので、金剛山へ登ることにした
奈良県御所市のスーパーからの金剛山。


登山口の駐車場へ到着。
 

最初の急な登りが続く。
 

杉林の間から展望すると、爽やかな風が吹く。


1回目の休憩場所


休憩は5分以内にしないと、後が疲れるので、さらに先へ進む。だらだらとした登りが続く。
 

途中、休憩場所があるが、そのまま進む。


中の平で休憩。ここで半分。


木の根っこが出ているので気をつけて行く。
 
水のみ場。
  

頂上近く。(駐車場から1時間半)
 

山小屋で食事をする。
 
中は、ストーブで暖かい。
 



食事後、カタクリ群生地へ足を運ぶ。
 

初めて見るカタクリの花。


展望台へ上がる。
 

黄砂、PM2.5 だろうか? 遠くが霞んでいる。


下山時に怪我が多いので、ゆっくり下山し、駐車場に着いた。(約1時間)


帰りに、義父母の墓参りで五條市へ。
五條側からの金剛山


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギターレッスン日

2013-03-29 | クラシックギター・ 歌声・他
今日は月1回のレッスン日です。♪

最近、と言うよりも、いつも前日に慌てて練習し始めます。いつもなかなかエンジンがかからない。
夜は音が出ない、ヤマハのサイレントギター(還暦に長男夫婦に買ってもらった)で練習。


アンサンブルの練習や演奏会では「マツオカ」のギターを使っている
現在、「11月のある日」が課題曲です。

第二楽章(B)から指が短いので、小指が届かない。


今日は、練習不足がみえみえですが、なんとかレッスン終了。
でも先生はすごく優しく、ポイントを的確に指摘。「低音の6弦の音が小さい。」
なるほど、そう言われれば前から親指の打弦が弱いくせがある。(反省)
次回までアポヤンドでの奏法で練習しよう。


「クラシック以外の楽しい曲も弾いて見たい。また、ボランティアでのリクエスト対応のため、今回から、演歌「兄弟舟」を始めて演奏する。クラシックより肩が凝らない。
演歌も、なかなか乗りがいい。今からレパートリィーを増やしていこう。

と思ったが、夜は送別会があり今夜も練習はできない。いつもこの調子。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

琵琶湖疎水を歩く(丹波橋から鳥羽街道)

2013-03-28 | 山歩き・ウォーキング

琵琶湖疏水は、第1疏水(1890年に完成)と第2疏水(1912年に完成)を総称したものである。
両疏水を合わせ、23.65m3/sを滋賀県大津市三保ヶ崎で取水する。
水運は、琵琶湖と京都、さらに京都と伏見・宇治川を結んだ。

落差の大きい蹴上と伏見にはケーブルカーと同じ原理のインクラインが設置されている。
インクラインは、琵琶湖疏水の大津から宇治川に至る20.2キロの舟運ルートの途中、水路落差のある2カ所に敷設した傾斜鉄道。
蹴上インクラインは延長581.8メートルで世界最長。
伏見インクラインは延長290.8メートル。1890年代(明治23~)に完成、1940年前後(昭和15前後)に休止。蹴上のみ形態保存。(ウィキペディア、京都観光ナビ 出典)

           
雨が降りそうな雲行きだが、通勤途上、近鉄丹波橋駅で降り、琵琶湖疎水沿いの桜の開花状況を見ることにした。
職場までの約7Kのうち、途中4K余り、近鉄丹波橋駅から京阪鳥羽街道駅近くまで琵琶湖疎水沿いに歩道がある。


伏見インクラインから疎水を見ながら鳥羽街道を目指す。




鴨や鳩など、横目で見ながらゆっくりウォーキング。






桜もチラホラ咲きで、少し早いようだ。




1時間かけて伏見稲荷の前までゆっくり歩いた。


十条通り(鳥羽街道)の橋から鴨川を見る。遠くに比叡山が見える。


東を見ると伏見稲荷山。 このあと東寺まで歩いた。

フォトチャンネルへアップしました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下仁田ネギの仮植え(雨が降る前に)

2013-03-27 | 野菜作り
【下仁田ネギ】
他の品種のネギに比べて太く、また、いくつかの成分が他の品種に比べて多く含まれる。生のままでは非常に辛いが、加熱すると甘みが強くなり、非常に柔らかい滑らかな食感となる。このため、基本的に薬味としてでなく加熱調理に用いられる。すき焼きを始め、そのままてんぷらにすることもあり、様々な料理に使われるている。そのため一般の薬味に使われるような長葱と比べ価格は高めである。(ウィキペディア出典)


昨年、秋に種を蒔いた下仁田ネギが大きくなったので、少し広い所に仮植えする。
太いネギだけを選別。


 

わらを敷く。7月に2回めの植え替えをする予定。晩秋になってから美味しく食べられる。
  

細いネギはネギ床に再度、植えなおす。ネギでもいろいろ種類がある。  
九条ネギ

よく似たワケギ。           

ラッキョは、葉はワケギと見分けにくい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙芋??

2013-03-27 | 野菜作り
昨年秋に、友人からもらった宇宙芋(エアポテト)を冬の間、保存するため、生姜と一緒に、60cmぐらいの深さに埋め、クン炭、籾殻、わらを敷いて保存していたので、芽が出ているか、掘ってみた。

宇宙芋については→http://www.yomiuri.co.jp/otona/news/20121109-OYT8T00909.htm



生姜は大丈夫そうだが、宇宙芋は腐っているようだ。ショック!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腐葉土か堆肥か?

2013-03-25 | 野菜作り
田んぼの端っこに、当初、腐葉土を作るつもりで庭の落ち葉などを入れた囲いを作っている。
最近は草も入れているので堆肥と言ったほうがいい。
溢れそうになっているので、堆肥を取り出すことにした。


板を外すと、底の方は良い状態の堆肥になっている。



堆肥を取り出して、畑へ蒔く。



何かの幼虫がいるが、そっとしておく。

くいが腐っているので、補強する。



底に、米ぬかを入れる。

上面にあった腐っていなかった草を再度入れ直し、米ぬかをかける。



最後に、もう一度、草を入れて。足で踏みしめておく。

板を自転車のチュウブで固定する。

横に植えているボケの花が綺麗に咲いてる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界遺産 東寺(藍友禅の特別展)

2013-03-24 | 日記
東寺の食堂(じきどう)にて、「藍友禅の世界」(橋詰清貫氏)無料が行われていたので鑑賞した。


吸い込まれそうな奥の深い色彩で描かれていて感動。

作品を右下のフォトチャンネルにアップしました。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

世界遺産 東寺(しだれ桜)

2013-03-24 | 日記
出勤まで時間があるので、職場の近くの東寺に立ち寄った。






南大門から入って右に五重塔、正面にどっしりと重厚な金堂、左側に弘法大師像がある。






観光地なので鳩や鴨も警戒心が無い






しだれ桜と東寺の五重の塔


講堂の裏に、食堂(じきどう)があり、中に入ってみた。






中には、火事で消失した四天王像が数体置かれていた。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やさい畑(夏野菜の準備)

2013-03-23 | 野菜作り
来月の夏野菜の植え付けの準備で、白菜、大根を片付ける。
白菜、大根を植えたところが雑草畑と化している。


白菜、大根を一箇所に集める。




次に、細切れにした、わら、もみがら、米ぬかをかける。




土壌改良のため、苦土石灰、腐葉土、化成肥料をかける。


耕運機で耕す。

わらが、刃車に絡まる。


耕していると、セキレイが、えさを探しに近づいてくる。



最後に、EM活性液を蒔く。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甘南備山の桜、開花(里山クリーンウォーキング)

2013-03-22 | ボランティア
今日は、環境ボランティア活動で「里山クリーンウォーキング」のごみ拾いの日。
朝から快晴で気持ちがいい。
本日のクリーンウォークは、京田辺の駅から甘南備山までの往復。約10km。
駅前には、可愛い一休さんの像がある。


駅から15分くらいで、一休さんが晩年過ごした酬恩庵(しゅうおんあん)の横を通過、山を目指す。


途中菜の花が綺麗に咲いている。


山が遠くに見えてきた。帰りも同じコースを通るので、山を降りる頃からごみ拾いを行う。


ウグイスが鳴いている。


甘南備山は、もう桜が咲きかけている。


階段を登り展望台まで。




遠くに、比叡山、愛宕山が見える。見晴らしのいいところで休憩。


神奈備神社へ。






下山しながらごみを拾う。さわやかな風が吹き抜ける。




途中、すこし休憩。

京田辺の駅に12時半頃到着し、ここで解散。一部の人と昼食を食べながら懇親会。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カブト虫の幼虫

2013-03-21 | 日記

近所からカブト虫の幼虫を貰ったので、虫かごで育てることとした。 孫が喜ぶのが楽しみ。
金魚と、めだかなどのペットの仲間入り。





数十年飼っている金魚と、めだか





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やさい畑(草引きの極意)

2013-03-21 | 野菜作り
畦に植えているボケの花が少し咲いてきた。

玉ねぎ畑の草が大きくなってきたので、今のうちに草引きをすることにした。

野菜作りを始めた人が、草引きが、いやで挫折する場合が多い。
完璧にする必要は無い。
キーワードは、"適当"。 
草引きに完璧は無い。草は1週間でまた伸びる。
肩が凝るほどする必要は無い。疲れたら止めること。
そして自然と向き合い楽しむ。これが長続きする。



草を引いていると、てんとう虫がいた。
玉ねぎにかけていた籾殻の中で越冬していたようだ。
触るとひっくり返り死んだまねをする。
赤いてんとう虫は、野菜に付くアブラムシやカイガラムシを食べてくれる益虫なので、そっとしておく。






雨が降ったので、草が引きやすい。草を引くことで地中に空気が入り野菜が元気になる。



綺麗になった。

引いた草は溝に落とし、次回に耕運機で耕せばいい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やさい畑(ヤーコンの掘り出し)

2013-03-20 | 野菜作り
今日は、ヤーコンを掘ることにした。
ヤーコンは、オリゴ糖が多く含まれるので腸にいいらしい。


ヤーコンについてはこちら → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%B3

我が家では3年前から作っており、薄く切って味噌汁に入れたり、キンピラやてんぷらにして食べる。
生でサラダと一緒に食べても、リンゴやナシのようにサクサクした食感がある。


一株で、沢山の大きい芋が取れた。



株元の小芋は、春に植える種芋として保存する。

水で洗って乾かす。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やさい畑(えんどう、そらまめの手入れ)

2013-03-19 | 野菜作り
先日、ネットを張ったえんどう豆をネットに紐で引っ張りあげる。紐は、冬の間、白菜を縛っていたものを再利用。
大雨での地面からの跳ね返りで痛むのを防ぐためや、つるがネットに絡むのを助けるため必要な作業。


昨日の雨で痛んでいるものもある。




次に、ソラマメの寒冷紗を外す。


5本位残し、他の芽を全部間引く。






切り取った部分を保護するため、クン炭をかける。




さらに、株を安定させるため、土をかける。


既に花がさいているものもある。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加