おんごろ日記

山歩き、趣味のクラシックギターと野菜作りを楽しんでいます。町のボランティアにも顔を出して忙しい毎日です。

ギター表面板の保護

2016-05-29 | クラシックギター・ 歌声・他
ギター弦は劣化すると、突然切れることがあります。
そして、切れた勢いで弦が跳ねて、ブリッジ近くの表面板に、ねこの引っかいたような傷跡が残ってしまいます。

ギターケースの中に入れていても、弦切れを起こした場合はケースの中で弦が暴れてしまいます。



また、ラスゲアード奏法をした場合も、ホール横に爪跡が残ったりします。

そこで・・・
百円ショップで、スマートフォン用の保護フィルムを貼ることにしました。
ネットで買うと、1000円位しますが、百円ショップは助かりますね。



赤枠の所へ貼りましたが、透明なので目立たないし音響にもさほど影響はしないと思います。


これで安心だ~!


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 玉ねぎのトウ立ち | トップ | 純真で天真爛漫の日々 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Tommy)
2016-05-29 21:08:17
私のギターは丁度一年近くなりましたが表面版は爪
後で傷だらけでしかもニスがあちこち汗で落ちてしま
いました。もう少し大切にしなければと反省しています。
Unknown (おんごろ)
2016-05-30 08:05:35
Tommy 様
おはようございます。
ギターの傷は練習熱心での名誉のキズですね。
ギターショップfanaで、綺麗に傷を修正してもらえます。
また、今からでも遅くないので、保護シールを貼られた方がいいかも知れませんね。
現在、Tommyさんの先生の長野講師の「クンパルシーター」の演奏が素晴らしいので、本を買って、練習し始めていますが、ラスゲアードは難しいですね。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クラシックギター・ 歌声・他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。