おんごろ日記

山歩き、趣味のクラシックギターと野菜作りを楽しんでいます。町のボランティアにも顔を出して忙しい毎日です。

首こり・肩こりの原因

2017-06-14 | 健康
先日のTBS「元気の時間」のテーマは、首こり・肩こりでした。


下がり鎖骨
本来V字型の鎖骨が、両端が下がって平らになってしまった状態。
原因の1つが、パソコンやスマホで、猫背やうつむき姿勢の習慣化や脚を組む姿勢も骨盤が傾き、バランスを取ろうとして肩の筋肉が緊張しやすくなります。
背中を丸めた姿勢は肩が内側に入りやすいため、肩甲骨は外側に開きながら前方に倒れ、連動した鎖骨も下へ引っ張られ下がり鎖骨になってしまうとのこと。
 

鎖骨が下がると鎖骨と肋骨との間が狭くなり、神経や血管を圧迫して炎症を起こし、腕のしびれや頭痛、めまい、冷えやむくみ、さらには歩行障害やうつに進行することも。
 

肩甲骨ガチガチ度チェック
■壁に、かかと、お尻、肩、後頭部を壁にくっつける。
■壁に沿うようにして腕を横からゆっくり上げていく。
水平から60度以上上がれば合格。45度以上60度未満の人はややガチガチ。45度未満の人はガチガチに硬くなっている。

 

ボート漕ぎ体操
■椅子に座って、腕を下前方から後ろに、ボートを漕ぐような感じ、肩甲骨を意識しながらゆっくりと回す。
この時、肘を肩の上まで上げながら肩甲骨を寄せるのがポイント。
10回を1セットとして、1日2セットが目安。

 

即効コリ改善法
■腕の力を抜いて手のひらを正面に向ける。
■反対側の手で力こぶの延長線上を触り、コリコリとした所を探す。
■見つけたら親指の腹で優しくほぐす。
1回の効果は短いが、即効性あり。



他に、ハイドロリリースという痛みの原因となっている筋膜や、神経の周囲に生理食塩水などの薬液を注入し、結合組織を乖離することにより痛みをとる治療法も紹介されました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「出前歌声喫茶」の日♪ | トップ | 梅雨なのに雨が降らない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。