おんごろ日記

山歩き、趣味のクラシックギターと野菜作りを楽しんでいます。町のボランティアにも顔を出して忙しい毎日です。

「草ひき」は関西の方言だった?!

2017-07-06 | 野菜作り


台風が来る前に畑の草が伸びていたので・・・
 

畝と溝の「草ひき」をして綺麗にしました・・・といっても関西以外の方には通じないかも知れません。
今まで無意識に使っていた「草ひき」というのは、草むしりのことで、関西の方言なんですね。



台風の大雨で低い畑が冠水か・・・・と心配しましたが、無事でした。(^_^;)
 

水溜りができるほど降ったようです。


この雨で草もすぐ生き返るでしょうね。(^_^;)


草むしりは、雨上がりの水溜まりが乾いた頃が土が柔らかく、草を根っこから抜きやすいタイミング。


休みの日は、毎日ほど草むしりに徹していますが・・・
下の写真のように、次から次へと草が生えて、1年中草ひきをしている感じです。(^_^;)



1時間ほどで、綺麗になりました。(^o^)/


草むしりは大変ですが、雨のお蔭で野菜の水やりも必要ないし、成長も早く、手間暇いらずに育っています。(^_^)/











ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ぽっこりお腹」解消法 | トップ | 脂質、血糖値、尿酸値がイエ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Tommy)
2017-07-07 08:37:35
お早うございます。

今朝の関東は蒸し暑くウォーキングの後は汗びっしょり
でしたが、この時期草木の伸びが早く感じます。

草ひきは我がふるさとでも関東でも標準語と思って
いました。これだけ通信網が発達するといつの間にか
方言も誰もが話す標準語になってしまいますね。
Unknown (おんごろ)
2017-07-07 10:07:07
Tommy 様
最近は、関西の有名人がテレビなんかで、大阪弁で喋っているので、全国的に大阪弁も通じるようになったようですね。
母親は大正生まれで、普段から「京ことば」を使っていましたが、最近は京都の人でも「京ことば」を使わなくなってしまいました。
時代が変われば言葉も変化するんですね。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

野菜作り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。