おんごろ日記

山歩き、趣味のクラシックギターと野菜作りを楽しんでいます。町のボランティアにも顔を出して忙しい毎日です。

健康を維持するには「1日8000歩、20分の速歩き」

2016-05-24 | 健康
先日、TBS「元気の時間」で「1日8000歩で健康維持」という放送がありました。

東京都健康長寿医療センター研究所の青柳先生は、群馬県の65歳以上の全住民のライフスタイルを15年にわたって収集、分析。どれだけ歩けばどんな病気が予防できるかを調査し、ウォーキングが持つ驚異の健康パワーを解明しました。



研究の結果、「早歩き1日8000歩、そのうち中強度の時間が20分」

これを続ければ糖尿病や高血圧、認知症、大腸がんや肺がんなど一部のがんまで予防できるという。

従来は1日10000歩と言われていましたが、少し目標が下がりました。
1日8000歩は距離にすると約5.5キロ、1時間15分ほど歩くことになりますので、毎日達成するのは大変ですね。

以前は歩数計を付けて歩いていましたが、最近は携帯電話でも歩数や距離がチェックできて、履歴も残っているので便利ですね。
毎日、歩数を意識するだけでも、健康維持にプラスになります。
最近、少しは運動したり、暴飲暴食も抑制しているので、来月の健康診断の結果が、以前より良くなるかも・・・と期待しています(^-^♪


「無理せず歩数を稼ぐには」
・無理のない程度で時々早歩きをすることで、中強度を増やせる。
・階段の昇り降りは中強度の動きなので、歩数も増やせて一石二鳥。
・食後1時間以内は血糖値があがるため、それを防ぐためにも歩く。
・足踏みでもOK。足を高くあげれば中強度の動きにもなる。
・ある程度重い物を持つと身体に負荷がかかり、中強度の動きになる。
・自転車ではなく歩いて移動。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加