日本音楽ヘルパー協会 館長のひとりごと

「音楽はすべての人を前向きにしてくれます」をモットーに、出逢い・ふれ愛・睦み合いを実践するボランティア・グループです。

平成28年津苑会関西支部総会に出席(10/15)

2016-10-15 | 音楽ヘルパー

私は今から約60年前”福岡県立小倉西高等学校”に通っていました。

今日はこの”西校”卒業生で関西在住者が集まっての総会が”阪急ターミナルスクエア17”で開催され、ミュージックセッションをしてほしい旨依頼されたのでキーボードを担いで参上、出席者29名の皆さんと”音楽”させていただきました。

”手話歌体操”として”故郷”と”見上げてごらん夜の星を”を伝授(?)おなじみの”四季の歌””リンゴの歌”を皆で唄って、クールダゥンに高橋輝久(萌山)会長さんと尺八とコラボで”アメイジンググレイス”を・・・

最後に昭和7年に制定された”小倉高等女学校校歌”と(出席者の中に高女卒の方有り)現在の校歌を歌ってお開きになりました。

       
特筆すべきは小倉から現在の馬場園茂生校長先生と田中副会長様がご来阪、”西高のイマ”を語って下さったこと、小倉高女の生みの親で初代校長の杉山 貞先生のお孫さんと同席だったこと、そこで東条英樹内閣の奥様と側近の奥様方が何人も先輩であられたことなど感動と感激の連続でした。

       

更に更に特筆は前年度まで関西支部長をされていた井村幸嗣さんと私は小学校3年(昭和24年)から6年生まで小倉市立米町小学校の同級生であったこと!私は、本日の同窓会で改めて”縁”の大切さをしみじみ感じたのでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サモックホールにドールハウ... | トップ | ”LIVEきらり”のこと(10/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む