日本音楽ヘルパー協会 館長のひとりごと

「音楽はすべての人を前向きにしてくれます」をモットーに、出逢い・ふれ愛・睦み合いを実践するボランティア・グループです。

着物愛好会による”長月コンサート”(9/16)

2017-09-17 | 音楽ヘルパー

毎月第3土曜日の午後開催される”サモックコンサート”、奇しくも昨日が琵琶奏者中野頌水(しょうすい)さんと私織畠匡子の誕生日だったのでその祝いも兼ねて”和のテイストで・・・!”と着物愛好会(代表松浪事務局長)主催で開かれることに・・・

     

プログラム1部は錦心流薩摩琵琶奏者の荻山泊水さん作詞・作曲による”鉢かつぎ”、続いて中野淀水・頌水ご夫妻による”羽衣”の琵琶演奏

休憩時間には着物愛好会の面々による、日本茶と和菓子の”お・も・て・な・し”でお客様方に喜ばれ

     

プログラム第2部は音楽ヘルパーによる朗読アンサンブル竹取物語” 朗読(市山洋子)歌唱(大橋真弓)ピアノ(井谷美智子)オカリナ(角田いずみ)パーカッション&キーボード(松田千佳)で5人ともそれぞれに専門分野で学んでおり、私達(一社)日本音楽ヘルパー協会のアーティストとして活動、アンコールに米の作曲家ホーソンの”希望のささやき”を私も加わって二重唱

台風18号の接近中にもかかわらずホールには70名近い方がお運びくださり、皆さんと”故郷”を大合唱してコンサートを終えました。興奮冷めやらずの私たちはお客様の帰られた後、皆で記念撮影、和やかで素晴らしい演奏会になりました(^^♪

追記   織畠のポロシャツから着物へのビフォーアフターも・・・!!

   

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グランドキャニオンの思い出... | トップ | 我が愛しの”ドラ息子”のライ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽ヘルパー」カテゴリの最新記事