詠楓のCOLOR DROP!

巾着やブックカバーを作りながら、ふんわりまろやかな生き方をしたいと願っています。

母校の文化祭、行って来ました。

2016-10-15 23:02:35 | 自分磨き(行動)


minneで販売中
メルカリで販売中
ハンドメイド紹介&参加LINEグループの紹介♪
新月!



今日は母校の文化祭だったんで行ってみたんですが。

まぁ~毎度のことながら、自己表現のレベル高めだなぁ。
今年のステージ発表は完全スルーしちゃったけど。

むちゃくちゃ、自分のハンドメイドに取り込みたいものばかりだったから、毎度の事ながら(笑)行く価値ありました。
何回行ってもおもしれぇ(笑)

私が出た高校は私立なだけあって、何かない限りは先生も辞めないしね。

私がいた頃から既にいた先生もまだ残ってるから、おー、いたいた。ってな感じで絡みに行き。

たぶん、うちの高校は世間体を気にしすぎる型枠ハマりの堅物はやってけないと思う。
生徒がかなり個性的だし、先生も普段は公私はしっかり分けるけど、ある程度おちゃらけてくれるし。

型枠大好きの堅物は暗黙のルールで、自然と蚊帳の外になるわけで。


社会に出てから私にとって目標となる先輩や上司は残念ながら出会ったことないけど、なんで私が毎年のように母校の文化祭に行くかっていうと、原点に戻りたいからなんだよね。

中学までの私って周囲をすごく拒否ってたし、専門時代は若干浮いてたけど、まぁまぁ……って感じで。

個性も個性だから、社会に出ても、私を扱える上司や先輩はいないんだよ、何処の職場でも。


でもね。
母校の先生達って、お互いの一線を超えない程度に話してくれる人達で、もし自分だったらどうだろう?って考える余裕があるんだよね、会話の中で。

たぶん他の高校行ってたら、最悪極まりない自分になってたんだろうなって思った。
他校の先生達も悪い人たちばかりじゃないだろうけどさ、公立の先生なんて数年立てば他の学校に行ったりもするわけでしょ?

そしたら数年後には、自分が知ってる先生が母校にはいないわけだ。
それって、自然と母校から足が遠のくと思う。

入学金にしろ在学中の色々にしろ、経済的なものを考えたら、私立より公立の方が助かるのは事実だけどさ。
でもって、経済的な部分では申し訳なかったけどさ。

卒業後のことを考えると、やっぱり私立で良かったと思う。
せっかくいろんな事をやってる高校なんだから、もう少し工芸に関する授業に触れておけば良かったっていう後悔は残ってるけど、それでも自分が何をしたいのかっていう意味で、原点に戻れてるんだよね。

やっぱり工芸は好きだ!!っていう気持ちがいっぱいになるんだ。

それはたぶん、自分の奥底にいる、もう1人の自分が、工芸が好きって言ってる事と共鳴してるんだと思う。
その気持ちは大事にしたいな。


🍃毎年母校に行くのは、工芸が好きなんだよね?と自分と対話しに行くから。
🍃母校の先生達が、人生の目標としての対象にする程の力を持っていたから。
🍃やっぱり母校は原点。
🍂今の職場のギスギス感は、もう1人の私が、今の職場を凄く嫌がってるって事を改めて実感させてる感覚。

まだまだ話し始めればキリないけど、現時点で言えることはそんな感じかな。











にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« "色"が見える | トップ | 牧物 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。